レポート

OpenPrinting Summit/PWG Meeting Cupertino 2012 参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

イベント滞在時の生活とAppleさんありがとうの話

今回のイベントのために筆者が宿泊したホテルは,会場があるDe Anza Blvdという道路脇にあって会場から徒歩10分ほどのCupertino Innというホテルでした。一泊210ドルとやや高いですが,一般のホテルでも宿泊費がやや高めのこの地においてはレンタカーを借りるよりは安いですし,朝食と夕刻のビールサービス,無償無線LANつき,さらに日本では考えられない部屋の広さなので非常に快適でした。

Cupertino Inn

Cupertino Inn

AppleのあるCupertinoという市はシリコンバレーの一角ですが,約10年ぶりに訪れたところ,Appleの社屋だらけになっていました。いたるところにリンゴマークがありますね※16⁠。今回の会場は本社(Infinite Loop 1)の道一本挟んで隣,De Anza Threeキャンパスの"Beatles"会議室です。さすがに看板もおしゃれ。

De Anza Threeキャンパスの洒落た看板

De Anza Threeキャンパスの洒落た看板

今回はAppleから毎日,朝食と昼食,それからドリンクとお茶菓子の提供がありました。よくあるパンとフルーツの朝ごはんだったりしますが,参加費無料なイベントなのに,実に気前がよいですね。ありがとうAppleさん!

初日の朝食はパンとフルーツ。コーヒーやお茶も提供された

初日の朝食はパンとフルーツ。コーヒーやお茶も提供された

二日目の昼食が並んでいる様子

二日目の昼食が並んでいる様子

いただきます

いただきます

ディナーについては特にイベントはありませんでしたが,参加者同士で誘いあわせてご飯を食べに行ったりする雰囲気もまた楽しいものです。筆者は初日はKamppeter氏らとシーフードを食べに,3日目は中国系のみなさんに混ぜてもらって美味しい中華料理をいただきました。

また3日目の昼はMichael Sweet氏が先導してみんなでApple本社にあるCompany Storeに行きました。ソフトや周辺機器も社員がいればディスカウント価格で買えますが,なんといっても店内にあまたあるAppleグッズはここ限定だそうです。皆さん,思い思いにおみやげにTシャツやマグカップなどを買っていました。ベビー服などデザインが可愛く,もしお近くに小さなお子さんがいる方ならぜひおすすめしたいところです。店内の写真はあえて公開しませんので,ぜひ皆さんの目でご確認を。

Apple Company Storeの看板

Apple Company Storeの看板

人数もさほど多いイベントではないので,全体的に和やかな雰囲気ですね。

会場の雰囲気

会場の雰囲気

※16
誰かが「そろそろCupertinoはiCityと名前を変えた方がいい」って冗談を言ってました。

参加してみて

正直,万人向けのイベントかというと,うーんと首を捻りたくなりますし,退屈なセッションがあったことも否定しません。なんといっても資料はWebで公開されていますし,議事録もMLにポストされるので,あとから追いかけることは可能です。また筆者はOpenPrinting側の人間ですが,今回はOpenPrinting側の参加者が少なく,全体的にPWG寄りだったことも残念ではあります。

では後悔しているかというと,来てよかったと心から思っています。

というのは,⁠どんな話題のときにみんながいきいきとするのか」といったライヴ感は参加してみないとわかりませんので,⁠今みんなが本当に関心を持っていることは何か」というのが感じられます。また,休憩時間や終わった後のディナーなどで,所属組織を離れた自由な議論ができることも楽しいです。メールでしか見たことがない人と実際に話して意見を交換することの楽しさは,このイベントに限らず,どのイベントでも共通ではないでしょうか。

さすがに皆さんに「参加しよう」と薦めることは難しいですが,もし本レポートが「印刷っていう世界にもなにやら楽しそうなことがあるかも?」という興味を引き起こして,PWGやOpenPrintingの活動に目を向けていただくきっかけになれば幸いです。

最後に,本ミーティングの開催で中心的に活動したPWG ChairのMicheal Sweet氏,OpenPrinting ChairのIra McDonald氏,OpenPrinting ManagerのTill Kamppeter氏,プレゼンターの各氏,議論に付き合っていただいた皆さん,そしてミーティングをホストいただいたApple Inc.に感謝して本稿を終わらせていただきます。

著者プロフィール

おがさわらなるひこ

流離のプリンター愛好家。(株)ミライト情報システム所属。印刷技術を中心に,フリーでオープンなデスクトップ環境の向上のためにあちこちに顔を出しています。

Twitter@naru0ga