レポート

地元中国企業の台頭と市場の広がりが感じられたGMIC

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

昨年に続いて,中国北京で5月10日と11日に開催されたモバイルインターネットのイベント,GMICに参加してきました。

昨年のレポート:
アジア最大のモバイルインターネットのイベントGMICレポート

GMIC会場内の様子

GMIC会場内の様子

昨年から様変わりしたGMIC。地元中国企業の台頭

昨年のGMICでは,日本からはDeNAとグリーがメインステージでキーノートを行い,海外からの登壇者も多く見られました。今年のGMICではノキアがブースを出展していたものの登壇者やノキア主催のセッションはなくなり,昨年登壇していた米モトローラや,ソニーエリクソンは不在,地元中国の低価格スマートフォン端末メーカーとして知られるXiaomi社のCEO雷軍(Lei Jun)氏がキーノートを行っていました。

Xiaomi社CEO雷軍氏のキーノート

Xiaomi社CEO雷軍氏のキーノート

DeNAとグリーは今年もブースを出展し,イベントの後援もしていましたが,登壇者はいませんでした。もっともDeNAは当初,代表取締役の守安氏が登壇予定となっていましたがコンプガチャ問題への対応のため直前でのキャンセルとなったようです。

DeNA:中国での提携先の91.comとの共同ブース

DeNA:中国での提携先の91.comとの共同ブース

グリーのブース

グリーのブース

こうした海外企業に変わって会場で存在感を示していたのが,携帯用ブラウザアプリを手がけているUC Webやアプリストア事業を手がけるSkymobi,そして前述したXiaomiなどの地元の中国企業。

変わったのは登壇者の顔ぶれだけではなく,昨年であればパネルディスカッションで中国人と海外の人が一緒に登壇していた場面で英語で話していた中国人エグゼクティブも今年は中国語で話すようになり(昨年,今年とどちらも同時通訳が用意されていましたが)⁠イベントにブースを出展している企業で配布されるパンフレットも昨年は英語でも用意しているところがかなり多かったものの,今年はほとんど中国語のみとなり,参加しているスタッフも英語が話せる人が少なくなり中国語しか話せない人が多くなっているという印象を受けました。

これはイベントの運営が中国企業よりになったということかもしれませんが,そうした影響を省いて考えてみても地元中国企業の勢いが感じられました。またモバイルインターネット市場が中国市場全体で成長し,国内市場での動きやビジネスが活発していることで相対的に海外プレイヤーの存在感が減少しているのでしょう。

爆発的に増加を始めた中国のスマホ市場

実際,中国でのモバイルインターネット市場の成長が,イベント登壇者が発表していた数値の中でも顕著に現れていました。

とくに加熱しているのが日本同様,スマートフォン市場の急拡大です。日本でもPocket Wi-fiのメーカとして知られるHuaweiは昨年2千万台のスマートフォンを出荷。今年は6千万台のスマートフォンが出荷されると考えており,来年には1億台に達すると見込んでいるとの発表が行われていました。

Huawei社の発表資料

Huawei社の発表資料

またモバイルブラウザを手がけるUC Webによると,2011年に中国のAndroidユーザ数が前年の10倍に増加。そして今年は2億人を超すとみているとのことです。

また同じく地元企業であるXiaomiは低価格なAndroid端末を販売することで,この中国でのスマートフォン普及を後押ししています。中国で販売されているスマートフォン端末は一般的に4,000元以上,日本円で50,000円以上するのですが,Xiaomiが今年5月に販売した端末はその半額の1,999元。それでいて4インチの液晶と800万画素のカメラがついており,機能的には申し分なくバッテリの色まで拘っているお洒落な端末です。

この端末は5月に限定15万台が先行販売されたのですが,販売開始から13分で売り切れ。次の出荷が3週間待ちという状態となっています。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入