レポート

クラウドの,良いことも,悪いことも。――クラウドの裏側をあばく!「クラウド座談会 Vol.01」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2012年6月6日,株式会社技術評論社,株式会社ゼロスタート共催のイベント「クラウド座談会 Vol.01」が開催されました。ここではその模様をお届けします。

クラウドの,良いことも,悪いことも。

今回のパネリストは以下の6名。

Amazon Web Services
Google App Engine
Windows Azure

写真1 奥から得上氏,上田氏,本間氏,小川氏,冨田氏,小林氏,山崎氏

写真1 奥から得上氏,上田氏,本間氏,小川氏,冨田氏,小林氏,山崎氏

モデレータは共催社のゼロスタート代表取締役 山崎徳之氏@zakiが努めました。

山崎氏はオープニング時に「これまでクラウドの話題というとベンダサイドからのウリ(良い部分)の紹介が多く見られました。今回の座談会では,一般には知られていない,ユーザサイドから見たクラウドの良い話,悪い話を展開したいです」と,この座談会の主旨と狙いについて説明し,ディスカッションがスタートしました。

写真2 モデレーターを務めた山崎氏

写真2 モデレーターを務めた山崎氏

クラウドで苦労したこと

最初のテーマとして挙がったのが「クラウドを使っていて苦労したこと」⁠

この点について,得上氏は「AWSのサービスで最近DynamoDBを使うときに思うことがあります。DynamoDBはスループットを上げていくのは無制限なのですが,下げるのは1日に1回だけになります。なのでトライアルなどをする際には大変ですね。他にも,以前のAWSでは,仮想OSを作るときにランレベルが4でしか作れないといった窮屈さがありました」と述べました。

また,GAEを使う上田氏は「以前はサービスのアベイラビリティが悪かった点」を挙げ,⁠それでも,昨年末の値上げとともに品質は上がりました。このとき,社内稟議を通すのが大変でしたね」と,金額的な部分で苦労した点が挙がりました。

その他,⁠BtoCのサービスをしている私たちとしては,クラウドサービスの拡張(増やし方)の手軽さに慣れてしまい,パフォーマンス改善について問題追求や切り分けをせず,単純にサーバをスケールさせるようになってしまいました。というのも,⁠過去に)サーバが落ちる怖さを経験しているからです。でも,裏を返すとこれはお金で解決しちゃっているとも言えますね」⁠本間氏)という,同じく金銭的な面に関する意見も出ました。

もう1名のGAE使いである小川氏は「これはPaaSのメリットでもありデメリットでもあるのですが,GAEはAWSほど下のレイヤをいじれないので,管理しづらい面があります。とくに障害発生時には管理面で苦労しますね」と,PaaSがゆえの悩ましい点を紹介しました。

唯一のWindows Azureユーザ代表の冨田氏は「Windows Azureは,Windowsでできることであればすべてできます。ただ,今までマウスで操作していたことをコマンド(コンソール)で操作しようとすると一気に難易度が高くなります。⁠操作の)方法は知っていても,コマンドレベルに落とせない,これが苦労する点です」と,Windowsが持つ操作性の良さのウラ返し部分を指摘しました。

最後に,もう1名のAWSユーザである小林氏は自身がHadoopをはじめとしたビッグデータを扱う業務をしていることもあり,データ転送の難しさ,とくに時間が掛かる点を指摘しました。以前はアメリカにデータセンターがあったため,たとえば2Tレベルのサイズを扱うと,約2週間ほどかかったそうです。また,それに付随してElastic MapReduceを使うと使用料金がどんどん増えていってしまうとのこと。

この点についてモデレータの山崎氏が「データのインポート(の重要性と課題)はクラウド全体でいることです。いかに早く,大きなデータを取り込めるかが大事です」とし,最初のテーマをまとめた。

ストレージ周りの良い点,悪い点

次に,それぞれのクラウドでのストレージについて,良い点や悪い点についてディスカッションが進みました。

まず,GAEユーザからは「GAEは,SQL DBではなくGoogle独自のデータストアにデータを保存しますが,単純なKVSではなくカラムにインデックスを貼れ,スケーラビリティが高いのがメリット。これにより,カラムにインデックスを張れる他,性能の劣化がありません。一方,データ全体のスナップショットをそのままでは取れないため,自分でコードを書くかあきらめなければいけないというデメリットがあります」⁠上田氏)「高いアクセス頻度のデータを扱うときの分散方法に関して,特定のデータだけをアップデートするのは得意ではありません。そこでシャーディングをすることが大切になります」⁠小川氏)という声が挙がりました。

AWSに関しては,⁠複数のサーバ間(EC2間)のデータ共有が難しい,S3では複数のサーバから同時にファイルシステムのように扱えるようにはできてはいないが,組込みRDBMSのデータファイルをS3に保存することである程度効率的に使えるという長所もあります」⁠得上氏)⁠⁠クラウドサービスを利用するということで,DBのディスクIOがボトルネックになっているとき,Fusion-ioやSSDを使うといったハードウェアレベルの改善手法が取れないというデメリットが生じる」⁠本間氏)という特徴が紹介されました。さらに「クラウドを利用したときに,ブロックレベルの更新ができるようになればとても便利になるのでは」⁠得上氏)など,これからの技術進化に対する期待のコメントを聞くことができました。

もう1つのクラウド,Windows Azureについては,⁠そもそもとしてクラウドを利用しているとファイル共有ができない欠点がありますね。マウントして読み込みことはどのユーザでもできますが,書き込みは一人のユーザに限定されてしまいます。ですから,Windows Azureでのデータ共有については,書き込み権限があるユーザがマウントして,それを立ち上げて書き込むといった運用面での対応をすることがあります」⁠冨田氏)と,デメリット部分を運用で対応するノウハウが紹介されました。また,Windows Azureは)ブロブストレージで,ブロック単位での管理ができ,また,ブロックサイズを決められます。ただ,その部分はNoSQLを利用して運用管理を行っても良いのではとも思っています」⁠同)⁠⁠GAEのストレージにも癖があり解決策・デザインパターンのようなものがまとまっていると助かります。AWSにはあるので羨ましいですね」⁠上田氏)など,現状のクラウドストレージの課題と,その解決策についても触れられました。具体的な仕組みとして,AWSはクラウドデザインパターンを公開するなど,開発者への情報開示を進めているとのことです。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入