レポート

プログラミング生放送勉強会 第16回@名古屋 レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

プログラミング生放送勉強会 第16回@名古屋

先月,2012年5月19日(土)に株式会社エイチームのセミナールームで,コミュニティ「プログラミング生放送」によるIT・開発系イベント,プログラミング生放送勉強会を開催しました。その模様をお届けします。名古屋での開催は3年目で3回目でした。

プログラミング生放送勉強会は,IT・開発系であればノンジャンルのIT勉強会です。今回も,Qt.NET Micro FrameworkNetduinoSilverlightTitanium Mobileなど,いろいろな内容のセッションとなりました。また,デジタル一眼レフ入門というセッションも撮影スタッフにしてもらいました。

図1 会場の模様

図1 会場の模様

当日は,30名の参加がありました。ライブストリーミングも行い,録画したセッションは,プログラミング生放送勉強会 2012年で一覧を参照・視聴できます(niconicoのユーザーである必要があります)。こちらもご利用ください。

Silverlight Go!

それでは,各セッション内容を簡単に紹介します。Silverlightを囲む会in名古屋代表の加藤哲司@iwiz_sophyさんからは,Silverlight 5の話です。

図2 Silverlight Go!

図2 Silverlight Go!

加藤さんには,Silverlight自身についてと,最新版のSilverlight 5の情報を紹介していただきました。Silverlight 5は,4からの変更点は少な目です。動作環境は,Internet Explorer 6のサポートが終了しました。サポート期間が10年近くありエンタープライズに向いているとのことです。

また,Silverlight 5の登場で懸念されていた,台湾のマイクロソフトで展開されているキャラクター「藍澤光」の4姉妹の家族構成は,無かったことになっている衝撃の事実の報告がありました。

Silverlight 5では,メディア関連の機能がいくつか追加されています。そのうちのひとつ,Trick Playというビデオの再生速度の変更できる機能について,デモとコードの解説をしています。複雑なコードを書く必要はなく数行で実現できます。デモでは,3DCGの表示も披露しています。

Silverlight 5に限らずC#・XAMLの組み合わせでは,データバインディングを活用し,最初は難しいかもしれないがMVVMというデザインパターンに果敢にチャレンジしてほしいとのこと。このほか,セッションでは,Silverlightの開発をはじめるにあたり,開発環境について詳しく説明しています。

Silverlight Go! プロ生勉強会 第16回@名古屋 #pronama

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm17970505

It’s Qt!

プログラミング生放送 名古屋支部長のYou&I@you_and_iさんのセッションは,アプリケーション・UI開発フレームワークのQt(キュート)の入門向けセッションです。

図3 Its Qt

図3 It’s Qt

Qtについて,歴史から,主な機能,対応しているプラットフォーム,開発環境,ライセンスについて順に紹介しています。Qtは,C++クラスライブラリ―で,WindowsやMac OS X,Symbianなど複数のプラットフォームに対応しています。ライセンスは,商用ライセンスとOSSライセンス(GPL 3とLGPL 2.1)で構成されています。

Qtの環境を構築するには,Qt SDKの利用が便利とのこと。ライブラリーやツールの更新のアプリケーションもあり,メンテナンスも容易です。

セッションでは,Qt/C++と,Qt/QML(Qt Meta-Object Language)のデモを行っています。Qt/C++のほうは,簡単なブラウザアプリの作成を紹介しています。Qt/QMLでは,JavaScriptベースのスクリプトで記述できます。デモでは,Google Mapを表示するアプリを紹介しています。

Qtは,活発に開発が行われていて,OSS化され仕事の利用も容易になってきているとのことです。夏頃にはQt 5.0のリリースも予定されているようですので,今のうちにはじめてみてはどうでしょうか。

It's Qt! プロ生勉強会 第16回@名古屋 #pronama

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm17980374

コメント

コメントの記入