レポート

Infinity Ventures Summit 2012 Springレポートその2:ソーシャルゲーム業界はグローバル市場で今年末が勝負の時+「人事っているの?」成長企業各社それぞれの体制

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

NHN JapanのLINEに関するキーノートで幕を開けた2012年春のIVS。その他にも興味深いセッションが数多く設けられていましたが,今後のソーシャルゲーム業界の動向,IT企業の制度や社風についてのセッションを中心に振り返ってみたいと思います。

今年末がグローバルでのモバイルソーシャルゲームサービス勝負の最後のとき

昨年から引き続き,ソーシャルゲーム関連企業の登壇が多かったIVS。⁠グローバル・スマートフォンビジネスの「金脈」を探る(ゲーム編)⁠と題したセッションではグリー取締役で国際事業本部長の青柳氏がGREE InternationalのSVP,Shanti Bergel氏と今年5月にグリーが買収したFunzio社の社長Anil Dharni氏と共に登壇し,海外のソーシャルゲーム市場について語りました。

グリー取締役国際事業本部長青柳氏

グリー取締役国際事業本部長青柳氏

左側:Gree InternationalのSVP Shanti Bergel氏。右側:Funzio社 社長Anil Dharni氏

左側:Gree InternationalのSVP Shanti Bergel氏。右側:Funzio社 社長Anil Dharni氏

サンフランシスコに拠点があるグリーのアメリカオフィスの従業員はすでに400名に達しており,Zombie Jombieなど海外向けのタイトルが開発されてリリースされています。青柳氏によるとアメリカではiPhone/iPod touchでアイテム課金市場の50%を占めており,iPadもAndroidマーケットの2倍程の市場があるといいます。iPhone/iPodが54%,iPadが30%,Androidが16%という内訳です。iPad市場が米国では非常に大きく,iPhone/iPodとiPadを加えたiOS全体では84%にも達しています。

iPadの市場がAndroidの二倍もある米国のアイテム課金市場

iPadの市場がAndroidの二倍もある米国のアイテム課金市場

青柳氏は「グローバル市場においても日本で起こったようなカードバトル型の高ARPU(Average Revenue Per User)の市場へと米国でも移行している段階である」と見ており,⁠日本では2010年から2012年にかけてサンシャイン牧場から,ドラコレを代表するカードバトル系のゲームへと移行してきた。米国でもFarmvilleやカジュアル系ゲームからRPGやカードバトル系の高ARPUゲームに市場が移行してくるのではないか」と語りました。こうした高ARPUゲームは有力プレイヤーによる寡占化が進むと青柳氏は考えており,上位プレイヤーによる中位プレイヤーのM&Aが今後活発してくるといいます。グリーがFunzio社を買収したのもまさにその一例といえるでしょう。

牧場系ソーシャルゲームからRPB,カードバトル系ソーシャルゲームに移行が進むと思われる米国市場

牧場系ソーシャルゲームからRPB,カードバトル系ソーシャルゲームに移行が進むと思われる米国市場

寡占化が進む米国のゲーム市場

寡占化が進む米国のゲーム市場

青柳氏はこうしたソーシャルゲーム市場におけるトレンドの移行,そして寡占化が進む中,次の6ヵ月が大きな変化の節目となるといいます。⁠今年のグローバルソーシャルゲーム市場は日本勢のソーシャルゲーム海外展開とFacebookのソーシャルゲームがスマホ向けに年末商戦でぶつかる。ここがソーシャルゲームでグローバル市場を攻める最後の時期になる」と述べ,ソーシャルゲーム業界の人は今すぐ動くべきと会場の参加者に呼びかけました。

また別の「ソーシャルゲーム業界 本音トーク」と題したセッションにおいてはgumi代表取締役の国光氏が「ニッポンは全体的に暗い。だから日本のベンチャーは足の引っ張りあいをしないで皆で協力して外に出て大きくなって日本を明るくしないと。僕の会社もそのためにもう一回赤字にするかも(笑)⁠と語り,今後のグローバル展開に向けて強い意欲を見せていました。

仕事へのモチベーションを妨げないためのフリーランチ

「成長企業の組織・チームマネジメント」と題したセッションでは,ヤフー,サイバーエージェント,グーグル,リクルート,チームラボ各社の制度や社風についてマネジメント層によるパネル・ディスッカッションが行われました。

左側からモデレーターのKLab社長真田氏,グーグル製品開発本部長徳生氏,リクルート執行役員出木場氏,サイバーエージェント取締役人事本部長曽山氏,ヤフーCEO川邊氏,チームラボ社長猪子氏

左側からモデレーターのKLab社長真田氏,グーグル製品開発本部長徳生氏,リクルート執行役員出木場氏,サイバーエージェント取締役人事本部長曽山氏,ヤフーCEO川邊氏,チームラボ社長猪子氏

グーグルは社員数が全世界で32,000人,日本では1,000人ほど。エンジニア職では男性が圧倒的に多いもののそのほかの職種では女性が4割ほど。リクルートは社員数が6,000人で男女比は4対6と女性のほうが多いのが特徴となっています。サイバーエージェントは社員数2,400人,男女比が6対4,ヤフーは社員数が5,000人で男女比が7対3。チームラボは社員数が300人弱で「男女比についてはよくわからない」と個性豊かな社長として知られる猪子さんらしい回答。

グーグルは自己主張が強い人が多く,昇進するのは「どういった難しいことを可能にしたか」が指標になるそうです。また上司が部下の商品を決めることができず,上司だけでなく周りや同僚など総合的なレビューによって昇進が決められるという仕組みになっています。ページランクのアルゴリズムを思わせるようなグーグルらしい評価制度です。

グーグルの製品開発本部長の徳生氏によれば,⁠やりたいことがあってグーグルにきている人がきている。モチベーションはもともとあり,給料を下げてでもくる人も多い。だから一回グーグルに入ったらそのモチベーションを妨げない工夫をしている」ということで,フリーランチや無料のお菓子も仕事に集中してもらうための工夫といえるそうです。グーグル社内にはロッククライミングの壁やカラオケルームが用意されており,昼間に歌っていても怒られないそうですが,実際にはあまり利用する人はいないということ。

オンライン上の社内名簿で社員一人一人がどんなミッションを持っているか,どんなゴールを持っているかが社内に公開されており,⁠横の透明度が高いから仕事をしていないとすぐわかる」ため,仕事への意識が高く正の循環が生まれているようです。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入