レポート

Jenkinsユーザカンファレンス2012 東京 レポート(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

7月29日,Jenkinsユーザカンファレンス東京を開催いたしました。今回は規模が大きいためレポートを前後編に分け,前編となる本稿では基調講演を含むメイン会場のさったホールで行われた発表のレポートをお届けします。

カンファレンスの概要

Jenkins勉強会はおかげさまで毎回募集数時間で定員が一杯になる程の好評を博していますが,そのせいで興味のある方すべてに参加していただけない状況を心苦しく思っていました。そこで,今度は大きな会場で定員無制限で皆さんに来てもらいたい!ということで,Jenkins User Conferenceの東京版という位置付けで,会場提供の法政大学様多数のスポンサー様のご協力のもとにより規模の大きなカンファレンスを開催しました。当日は,3トラック14セッション20名弱の発表者と600名程度の参加者とともに,Jenkinsについての様々な事例発表や先進的な活用例を共有しました。

なお,各発表者の発表資料はセッション一覧ページにまとめられています。本レポートの補足として参照ください。

画像

Jenkinsプロジェクト現状報告とこれから

カンファレンス冒頭の基調講演では,川口氏がJenkinsプロジェクトの現情報告とこれからの展望を発表しました。

画像

Jenkinsでは一週間に一度のペースでリリースされていますが,その中で最近活発に改善されているUIのナビゲーション改善をはじめとした,新機能の紹介がありました。また,機能面の改善だけでなく,プロジェクトとして成長していくために必要な運営態勢の整備や,長期サポート(LTS)リリースの導入なども取り入れてきました。発表の最後には,より大規模な環境に適用できるように改善していくと同時に,初心者にとっても容易に導入できるようにしていきたいという展望を話していただきました。

川口氏の個人プロジェクトから始まったJenkinsですが,今では世界各国のユーザやエンジニアを巻き込みながら日々成長しています。ここまでの成長の軌跡を確認できたと同時に,今後の動向も楽しみにさせられる発表でした。

Jenkinsによる自動受け入れテストから継続的デリバリーまで

基調講演後のさったホールでは,Jenkins: The Definitive Guideの作者であるJohn氏による発表が行われました。

画像

~

まず最初に,なぜ継続的デリバリーが必要かを説明し,その上で受入テストを自動化することの意義について,リリースサイクルの高速化やリスク・コストの軽減という点を踏まえて説明しました。続いて,継続的デリバリーを実現するに当たって,コンパイルやテスト~コード品質の検証~リリース候補の作成~自動デプロイといった,ビルドプロセスを構築するビルドパイプラインについて説明がありました。あわせて,ビルドパイプラインを実現する際に有用なJenkinsの機能やプラグインについて紹介しました。

継続的デリバリーについては,ビルドパイプラインの話も含めて,書籍”継続的デリバリー“に詳しく説明されています。John氏の発表で興味を持たれた方は上記の書籍も合わせて目を通すと,継続的デリバリーについてより理解が深まることと思います。

飛行機を飛ばしながら直す方法教えます:JenkinsとGerritによる継続的デプロイメントの実践

続いては,@jenkinsciの中の人でもあるTyler氏の発表です。

画像

はじめに,継続的デプロイメントについて”QAチームが不要ということではない”, “ユーザをテスターと考えてはいけない”といった注意点を交えて解説がありました。その上で,Subversionをベースとした運用を行っていたチームを,JenkinsやGit,コードレビューツールであるGerritを導入して継続的デプロイメントを推し進めてきたという事例を紹介しました。現状では,自動でロールバックをする仕組みやプロダクション環境でのテストはまだ取り入れていないので,今後はそういった点の改善も進めていきたいとのことでした。

継続的なデプロイメントが可能な環境を整えても,レビューという作業は必ず発生します。Gerritのようなツールを有効活用して,レビューが継続的デプロイメント/デリバリーのボトルネックとならないよう整備していく必要があるでしょう。

コメント

コメントの記入