レポート

Google,Androidデバイス「Nexus 7」発売――電子出版サービス「Google Playブックス」も合わせてローンチ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Googleは2012年9月25日,Androidデバイスの新機種「Nexus 7」の日本国内での販売を開始した。

7インチディスプレイ,NVIDIA Tegra 3を搭載,OSはAndroid 4.1

Nexus 7は,ASUS製のハードウェアを採用し,7インチディスプレイ(解像度1280×800)⁠プロセッサはNVIDIA Tegra 3が搭載されている。また,傷に強いCorningガラスや重量340gなど,携帯性に優れているのが特徴である。

Nexus 7

Nexus 7

©Google

OSには,Android 4.1(Jelly Bean)を搭載しており,Google Playで提供されるさまざまなアプリケーションを中心に,実行できるようになっている。

その他,おもな特徴は以下のとおり。

  • カメラ:1.2メガピクセル前面カメラ
  • センサー:加速度センサー,ライトセンサー,ジャイロスコープ,e-コンパス,GPS,NFC
  • バッテリ:リチウム(動画再生8時間,読書10時間,Webブラウズ10時間,音声再生50時間,スタンバイ300時間)
  • サイズ:198.5mm×120mm×104.5mm,340g

価格は1万9,800円(税込)で,同日からGoogle Playで注文受付(3~5営業日で配送)⁠10月2日からは日本全国の,エディオン,ケーズデンキ,コジマ,上新電機,ビックカメラ,ベスト電器,ヨドバシカメラの店頭にて販売開始される。

Nexus 7の日本発売に合わせて来日したGoogle会長Eric Schmidt氏。
⁠今,日本ではすばらしい革命が起きています。前回来日した2年前にもあったモバイル革命が予測以上に速いスピードで進んでいるのです。これに合わせて,ユーザも開発者も自身のスタイルが変化しています。そう,デスクトップからモバイルへ。
私たちGoogleは,テクノロジーの妨げにならないよう,一意専心で新しいプロダクツやサービスの開発に取り組んでいきます。そして,ユーザの皆さんにはテクノロジーを意識せず,いつでもどこでも使える素晴らしいプロダクツやサービスを作っていきます」と,モバイル戦略,それを牽引するNexus 7に対する期待と意気込みを表明した

Nexus 7の日本発売に合わせて来日したGoogle会長Eric Schmidt氏。「今,日本ではすばらしい革命が起きています。前回来日した2年前にもあったモバイル革命が予測以上に速いスピードで進んでいるのです。これに合わせて,ユーザも開発者も自身のスタイルが変化しています。そう,デスクトップからモバイルへ。私たちGoogleは,テクノロジーの妨げにならないよう,一意専心で新しいプロダクツやサービスの開発に取り組んでいきます。そして,ユーザの皆さんにはテクノロジーを意識せず,いつでもどこでも使える素晴らしいプロダクツやサービスを作っていきます」と,モバイル戦略,それを牽引するNexus 7に対する期待と意気込みを表明した

Google Playでの電子出版サービスも国内で提供開始

Nexus 7の発売に合わせて,電子出版サービス「Google Playブックス」の日本国内での提供を開始した。

Google Playブックス
https://play.google.com/store/books

Google Playブックスは,Google Play上で購入した書籍を,いつでも,どこでも好きなデバイスで閲覧できるサービス。国内の出版社が刊行するさまざまな分野の書籍を読むことができるようになった。

本日からサービスがローンチした,Googleの電子出版サービス「Google Playブックス」⁠Google Playのサイトから,PCやAndroidデバイスからの購入・閲覧が行える

本日からサービスがローンチした,Googleの電子出版サービス「Google Playブックス」。Google Playのサイトから,PCやAndroidデバイスからの購入・閲覧が行える

この他,昨年12月に発表された「Google Playムービー」に関しても,9月25日から,レンタルに加えて購入することが可能になった。対象となる作品は,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとパラマウントの映画となる。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入