レポート

Make the Future Java ─JavaOne 2012基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Make the Future Java(未来のJavaを作り上げよう)⁠このキーワードとともに幕を開けたJavaOne 2012。本稿では初日の9月30日,サンフランシスコのメゾニックオーディトリアムで行われたストラテジーキーノートの模様をお伝えしながら,オラクルがJavaテクノロジをどうドライブしようとしているのか,その方向性を探ってみたいと思います。

JavaがJavaであるために

最初に登場したのは米オラクルでOracle Fusion MiddlewareおよびJava部門のエグゼクティブバイスプレジデントを務めるハッサン・リズビ(Hassan Rizvi)氏です。

ハッサン・リズビ氏

ハッサン・リズビ氏

同氏はまず,現在においても未来においてもJavaのあるべき姿として

  • プラットフォームとしての完全性
  • モダナイゼーションとイノベーションの両立
  • 開発者にとっての生産性向上
  • オープンで透明性を保った進化
  • アクティブなコミュニティを巻き込んだ活動
  • クォリティとセキュリティの担保

という5つのポイントを挙げました。JavaがJavaであるためには,今後どんな機能が追加されようとも,この5つは一貫しているべきという主張です。

次にリズビ氏は,Java SE,JavaFX,Java ME/Embedded,Java EEという主要な4つのJavaテクノロジについて,2012年度においてそれぞれどんな成果を上げたかをスコアカードとして示しました。

Java SE
OS XおよびARM版のサポート,300以上のエンハンスメントを含む7度のアップデートリリース
JavaFX
Windows/OS X/Linux版のJavaFX 2.2,WindowsおよびOS X版のJavaFX 1.0 SceneBuilder,JavaFXのオープンソース化
Java ME/Embedded
組込み用ミドルウェアスタックのJava Embedded Suite,マイクロコントローラデバイスで動作するJava ME Embedded for Java,Java SE 8とJava ME 8のアラインメント計画(2013年度目標)⁠Java ME 8 JSRのJCPへの提出準備
Java EE
2度のGlassFishリリース,2013年度リリース予定のJava EE 7の仕様見直し,Java EE 7と簡素化したHTML5との統合

組込み技術であるJava ME/Embeddedに関しては,9月に入ってからオラクルから新しいリリースが相次ぎ,組込み市場でのJavaの優位性を高めるスイートとして注目が集まっています。一方で,2013年度リリース予定のJava EE 7においては,クラウド機能の実装が先送りになるなど,やや残念なニュースもありました。もっともリズビ氏は,コミュニティの活発な活動や,オラクルのリーダーシップなどを含めて2012年度のJavaを振り返ると,総じて高い評価が得られているとしています。

NashornがOpenJDKにも

リズビ氏につづいて登壇したのは,オラクルでJavaプラットフォームグループを担当するソフトウェア開発部門のバイスプレジデントであるジョージ・サーブ(Georges Saab)氏です。同氏はJava SE開発におけるリーダーとして知られており,OpenJDKのチェアマンも努めています。

ジョージ・サーブ氏

ジョージ・サーブ氏

サーブ氏は,Javaの開発の主体がオラクルに移ったここ1,2年はサンが行ってきた開発よりもずっと多くの機能強化が図られてきたと語り,とくに2011年7月末にリリースされたJava SE 7は,これまでにない革新的な進化を遂げたバージョンであることを強調しています。そして次のメジャーリリースとなるJava SE 8でもその流れを受け継ぎ,いくつもの新機能を実装するとしています。

JavaSEのロードマップ

JavaSEのロードマップ

その中でもサーブ氏が注目すべき機能として挙げているのが,新しいJavaScriptインプリメンテーションとなるNashorn(開発コード)です。JavaVMとの高い互換性を実現するバイトコードinvokedynamicにより,これまでにない高速性が実現するというNashornですが,サーブ氏はここでNashornが近い将来,OpenJDKにも提供されることを発表しました。また同時に,IBM,Red Hat,Twitterの各社が協力してこのプロジェクトに参加することもあわせて発表しています。

NashornはOpenJDKにも提供され,IBMやRed Hatも協力を表明している

NashornはOpenJDKにも提供され,IBMやRed Hatも協力を表明している

オラクルは今年8月,Linuxディストリビュータなどに対するJavaライセンスを撤回しており,ディストリビュータがJava開発環境を同梱するにはオープンソースのOpenJDKしか選択肢がありませんが,Nashornが提供されればOpenJDKのパフォーマンスも大きく向上すると見られており,期待がかかりそうです。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入