レポート

Software on Chipに水冷システム! 富士通のエンジニアリング技術を集約した新プロジェクト"Athena"とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

9月30日,米サンフランシスコで開催されたオラクルの年次イベント「Oracle OpenWorld 2012」の基調講演において,富士通の常務執行役 豊木則行氏は同社の新アーキテクチャ「Athena(開発コード)⁠を発表しました。Athenaとは,富士通の次世代プロセッサであるSPARC64 Xをベースにしたプロジェクトの総称です。富士通とオラクルの密なコラボレーションの下で進められているこのプロジェクトの概要について,現地の取材をもとにレポートをお届けします。

豊木則行氏

豊木則行氏

あのSPARCが超絶進化

Athenaのベースとなっている次世代プロセッサSPARC64 Xは,SPARCエンタープライズサーバファミリのランナップ「M-Series」⁠T-Series」のうち,ハイパフォーマンス/ハイリライアビリティを謳うM-Seriesに搭載されているSPARC VII/VII+の進化系といえるプロセッサです。富士通が誇るスーパーコンピュータ「京」に搭載されているSPARC64 VIIIfxも同系列ですが,SPARC64 XはVIIIfxをさらに進化させたものです。

SPARC64 Xのウエハを切り出したもの

SPARC64 Xのウエハを切り出したもの

基本的なスペックは以下のようになっています。

  • 16コア/1CPU,2スレッド/1コア
  • 3GHzのクロック周波数
  • 最大で64CPU/1024コア/2048スレッドまで拡張可能
  • 24MBの2次キャッシュメモリ
  • 30億トランザクションを処理可能
  • 28nmのCMOSテクノロジ
  • 288GIPS,102Gb/sのメモリスループット

8コア/1スレッド,2GHzのVIIIfxから大きく進化していることが数字からも窺えます。

16コアプロセッサのSPARC64 X

16コアプロセッサのSPARC64 X

SPARC64 Xの性能向上に関するハイライト。NUMBERとはOracle DBの十進数のフォーマット

SPARC64 Xの性能向上に関するハイライト。NUMBERとはOracle DBの十進数のフォーマット

SPARC64 Xはソフトウェアの処理をハードウェア上で行う"Software on Chip"を重要な特徴のひとつに掲げているプロセッサでもあります。そしてAthenaではさらに,このSPARC64 Xをもとに,データベース処理を最適化させようとしているのです。誤解をおそれずにいえば,AthenaはOracle Databaseを可能な超高速で稼働させるシステムとして開発されています。データベース処理の高速化というとOLTP(Online Transaction Processing)をイメージする方も多いでしょうが,AthenaではOLTPにかぎらずデータウェアハウスなどOLAP(Online Analytical Processing)の処理も高速化させることを目指しています。なお,OLTPとOLAPの共存は,オラクルが同社のデータベースマシン「Exadata」で強調している特徴と重なります。

SPARC64 Xは信頼性を徹底的に追及,全回路にエラー検出機構とリカバリ機構を装備している

SPARC64 Xは信頼性を徹底的に追及,全回路にエラー検出機構とリカバリ機構を装備している

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入