レポート

「第1回 Liferayオープンソース ユーザコミュニティ」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

11月14日,東京六本木において日本ライフレイの主催によるセミナーイベント「第1回 Liferayオープンソース ユーザコミュニティ」が開催されました。

Liferay社のコミュニティ・マネージャであるジェームズ・ファルクナー氏による「Liferay」の概要,プラットフォームの責任者であるグレッグ・アマーソン氏による技術解説,そしてユーザ事例としてSesame WorkshopのCTOであるノア・ブロードウォーター氏が「セサミストリート」サイトの構築や運用について紹介しました。さらに「Liferay Community Contributor of the Year 2012」の表彰も行われました。その模様をご紹介します。

7万人を超えるユーザが利用している「Liferay」活発なユーザコミュニティが高品質の製品を生み出す

最初に登壇したのは,Liferay社のコミュニティ・マネージャであるジェームズ・ファルクナー氏。⁠ユーザ中心で製品の質を高めるLiferayのオープンソースコミュニティ」として,Liferayの概要を紹介しました。ファルクナー氏は,⁠今回のイベントはLiferayやスタッフのご紹介も目的のひとつですが,もうひとつの大事な目的は,皆さまにコミュニティに参加していただきたいというご案内です」と述べ,Liferayの現在を紹介しました。

Liferayのコミュニティ・マネージャであるジェームズ・ファルクナー氏

Liferayのコミュニティ・マネージャであるジェームズ・ファルクナー氏

Liferayは,Webシステムを短時間で構築できるオープンソースのプラットフォーム。特に世界的にコミュニティが活発です。オープンソースコミュニティの目的は,⁠製品に対するイノベーションを社外の方々からもたらしていただくこと」⁠大勢の外部の人たちの時間とエネルギーを持ってコントリビューションに寄与していただくこと」であるといいます。

現在のLiferayの登録ユーザは世界で7万人以上おり,日々ログインしてコントリビュートしているユーザは約5千人,一日あたり150にのぼるコントリビューションがあります。ライセンスはLGPLを採用しており,無償で提供されるLiferayをダウンロードしたユーザは,自身で変更した個別の製品をLGPLの規則に則って再販できるようになっています。ここ2~3年は特に人気が高まっており,ダウンロード数が増加しているとグラフを示しました。

Liferayのユーザは7万人を超え,さらに増加傾向が続いている

Liferayのユーザは7万人を超え,さらに増加傾向が続いている

さらに具体的な数字として,フォーラムのポストは前年比で25%の増加,複数のポストは同15%増加しており,特にフォーラムポストで重要な回答の件数は前年比で125%と大きく増加しています。同様に,コミュニティで新しいユーザが放って置かれるのは問題ですが,ポストに対する回答までの平均日数,つまりエンゲージメントタイムは2010年で平均15日でした。それが2011年には4日になり,2012年は1.1日になりました。この数字はコミュニティにおいて,有用性と解答を出す機能の改善のひとつの指針となるでしょう。

ファルクナー氏はLiferayのWebサイトを示し,共有できるダッシュボードや。いくつものコミュニティで,リアルタイムにどこでどんなアクティビティがあるかチェックできることを紹介しました。アナウンスの内容や,ブログの最新情報を表示することもできます。また,コミュニティのメンバーと社員の努力によって多言語の翻訳版も作成しており,日本語のバージョンも用意されています。まだ日本語の表記などの課題もありますが,引き続き改善していくとしました。

Liferayによって,スケーラブルなコラボレーション,コミュニティメンバー間が協業できるような場が提供されます。コミュニティサイトはポータルだけでなく,アカウントの管理やユーザグループの管理も可能です。コミュニティで共有管理するオブジェクトが,メンバーにより修正された場合には,クラスタ内のすべてのサーバへブロードキャストメッセージが送出されます。そのために,コミュニティ内での情報や経験を共有し,継続的な改善につなげられるわけです。

さらにLiferayは単なる利益追求主義ではなく人のために役に立つ事業を追及する企業であり,毎年利益の10パーセントを慈善事業に寄付し,災害復旧などに役立てていることも大きな特徴。日本のユーザ比率は現在1%ですが,どんどんメンバーにも加わっていただき,もっと大きくしていきたいと力を込めました。

フォーラムやコミュニティにはさまざまな側面があり,欧米を中心に活発に活動しています。特に国単位,地域単位でユーザグループが存在することも特徴で,それぞれ重要な機能を担当しています。たとえば「BugSquad」は人気のあるグループの一つで,これにより多くのバグが修正されました。日本にはまだ日本語による独自のユーザグループが存在していませんが,ぜひとも日本独自のユーザグループがさらに広がってLiferayの重要な一端を担って欲しいとフォルクナー氏はいいます。今回の来日もそのための取り組みの一環であるといいます。

Liferayには,⁠Portal」⁠Social Office」⁠Sync」といった製品があり,エンタープライズ向けにサブスクリプション製品も用意されています。これらの製品には,マーケットプレイスからアプリをアップデートや追加することができます。またマーケットプレイスにはUIのフレームワーク「AlloyUI」⁠開発ツール「Developer Studio」⁠⁠Liferay Faces」などから機能が追加されます。

2011年から2012年は,⁠Liferay Portal 6.1 CE」「Liferay Social Office 2.0 CE」などといったリリースを中心に,アクティビティとプロジェクトが密接に関連して活動しており,2013年のコミュニティは「Liferay.com」の最新版「6.1 EE」のアップデートをはじめ,リリースの頻度を高めていくとともに,Liferayやコミュニティを強化していくとしました。

Liferayのプロダクトファミリー

Liferayのプロダクトファミリー

豊富に用意されるカスタマイズツール

続いて,Liferay社のシニア・ソフトウェア・エンジニアであり,Liferayプラットフォームの責任者であるグレッグ・アマーソン氏が登壇し,セッション「顧客サービスの価値を高める企業ポータル最新版の紹介」を行いました。Liferayのデベロップメントには,ポータル機能のビルトイン,新しいアプリケーションの開発,アプリケーションの統合,⁠Liferay Portal」のカスタマイズといったタイプが用意されており,また6.0以降はプラグイン機能も提供,シンプルで移植性の高いプラグインが用意されています。

Liferayプラットフォームの責任者であるグレッグ・アマーソン氏

Liferayプラットフォームの責任者であるグレッグ・アマーソン氏

Liferayはすべてをカスタマイズすることが可能なので,開発者は必要な機能のみに絞って開発することができます。プラグインのデベロップメントは図のようになっており,色の付いた部分がプラグインとなっています。プラグインには新しい機能やサードパーティアプリのために使用する「Portlets」⁠実装されている機能を置き換える場合などに使用する「Hooks」⁠UIレイアウトのテンプレート「Layout Templates」⁠ルック&フィールを変更,カスタマイズする「Themes」⁠過去の開発方法の履歴をたどって旧バージョンに戻せる,あるいは不要な機能を格納できるエクステンション「Ext」⁠そして「Web」の6種類が用意され,要件を満たせない部分をカバーできるようになっています。

Liferayプラグインのデベロップメント

Liferayプラグインのデベロップメント

また,開発のためのツールとして「Liferay Developer Tools」を提供しています。これには,プラグイン専用開発ツールやプラグインSDK,UI用のフレームワーク,EclipseとNetbeansへのIDEサポートが含まれます。⁠Liferay IDE」はアマーソン氏が担当しているツールでもあり,Eclipse用のエクステンションを搭載し,シンプルで容易にオプションへ加えられます。ウィザードやエディタ,テンプレートも用意されており,ホットスワップによるデバッグも可能です。さらに,IDEコネクタを介したリモートデプロイにも対応しています。アマーソン氏はこのほか「Liferay Developer Studio」⁠Development Env」の紹介を行い,実際にLiferayに機能を追加するデモも行いました。

実際にLiferayのデモも行われた

実際にLiferayのデモも行われた

コメント

コメントの記入