レポート

「Plone Conference 2012」参加レポート(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

前編に引き続き「Plone Conference 2012」参加レポートの後編をお届けします。

まずは筆者が参加した個別のセッションをピックアップして紹介します。

Deco, finally!!!

Deco, finally!!のスピーカーはRok Garbasさんです。DecoとはPlone上で動作するレイアウトエディタのことで,Decoの編集エリア内でドラッグアンドドロップなどの操作をすることでTileを配置,変換できます。Plone.4.4では標準機能として搭載される予定になっています。

Rok Garbasさん

Rok Garbasさん

セッションは,Toolbar, Tilesの説明も交えながらDecoのデモを見せていく形で進行しました。

まずPloneにDecoをインストールします。この時にDexterityやToolbar,Tilesなどの関連プロダクトは依存関係により自動的にインストールされます。Ploneのトップページを表示すると画面上部に黒いバーが表示されていました。よく見ると今までのPloneのメインコンテンツの上部にあった緑色の編集バーと機能が同じだったのでデザインが変わっただけのようです。

デザインが変わった編集バー

デザインが変わった編集バー

黒い編集バーの新規作成からDeco Pageを選択しDecoの機能を使用できるコンテンツを作成します。このコンテンツを編集すると次のような画面になります。カメラと文章のアイコンはそれぞれImage TileとText Tileを示しています。デモではText Tileを3つ配置しました。

Text Tileを3つ配置

Text Tileを3つ配置

左側にある2つのアイコンは,それぞれ縦横にTileを配置可能な領域を確保するためのもので,この領域にTileをドラッグアンドドロップすることでTileを埋め込みレイアウトします。また領域の幅指定は数値入力ではなく,ウィンドウの大きさ変更のようにカーソルで操作することができます。保存ボタンを押すとDecoで作成されたページが表示されます。

ドラッグアンドドロップでレイアウト

ドラッグアンドドロップでレイアウト

Decoを使って作成したページ

Decoを使って作成したページ

基本的なTileはconfigure.zcml,tile.py,registry.xmlの3ファイルから構成されています。この部分をカスタマイズすることで独自のTileを作成することができます。

プログラミングの知識を必要とせず,直感的な操作が可能でとても便利だと思いました。

著者プロフィール

間中宏修(まなかひろのぶ)

1985年生まれ。理系大学院を卒業後,Web業界に進みPloneを使ったWebサイトの構築にあたる。個人では,オフィシャルからプライベートまで音楽系のWebプロジェクトを企画している。趣味は音楽の鑑賞とピアノの演奏,またライブ遠征が転じて旅行にも興味を持つ。プロフィールの写真はお気に入りの場所サンフランシスコのハイドストリート。

コメント

コメントの記入