レポート

10年経っても変わらないもの,それがビジネスを支える戦略となる─「AWS re:Invent」で魅せた! ジェフ・ベゾス名言集

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

パーソナルコンピュータの概念を初めて提唱したかのアラン・ケイの有名な言葉に「未来を予測する最良の方法はそれを創り出すことだ(The best way to predict the future is to invent it.)⁠というものがあります。そして現在,まさしく自らの手の中で自らが描く未来を創り出している人物がAmazon.comのCEOであるジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)だといえます。ここ最近,公の場に登場する機会が少なくなったベゾスCEOですが,11月末に米ラスベガスで開催された初のAmazon Web Servicesのユーザカンファレンス「re:Invent」のキーノートに登場,会場に詰めかけた6,000人の聴衆は大喜びで彼を迎えました。

AWSのCTOを務めるヴァーナー・ヴォーゲルズ(Werner Vogels)博士が質問した内容に,ベゾスCEOが答えていくという形式で進められたキーノートでは,AWSの成功の要因,Amazonの理念,イノベーションへの思い,未来への取り組みなど,その発せられた言葉を拾うだけで名言集ができそうなくらい示唆に富んだフレーズであふれていました。本稿では,AmazonとベゾスCEOのビジネススタイルが凝縮されたキーノートの概要を,同CEOのいくつかの発言をもとに紹介していきたいと思います。

ジェフ・ベゾスCEO(右)とヴァーナー・ヴォーゲルズ博士

ジェフ・ベゾスCEO(右)とヴァーナー・ヴォーゲルズ博士

使った分だけ払えばいいAWSはKindleと同じだね

ついに日本市場にも上陸したKindle,売れ行きも絶好調で現在も品薄状態が続いています。もっともベゾスCEOはつねに「Kindleはハードウェアで儲けるつもりはない。ハードの原価はほとんどゼロに近い」と公言しており,コンテンツビジネスに注力する姿勢を明らかにしています。これは従量課金制を掲げるクラウドビジネスのAWSでもまったく同じポリシーであり,"pay-as-you-go"というスタイルはAmazon全体のDNAとして浸透していることが伝わってきます。ベゾスCEOはキーノートで我々が儲けるときは顧客がデバイスを使い始めたときである。買ったときではないとも発言,薄利多売を貫くビジネススタイルがあらためて浮き彫りになっています。

10年後に何が変わっているかだって? 10年経っても変わらないもののほうが重要だよ

IT業界のキーパーソンとしてつねにその発言が注目されるベゾスCEOですが,インタビューなどでよく聞かれる質問のひとつが「10年後には何がどう変わっているか」というものだそうです。ベゾスCEOはこの質問に多少うんざりしているのか,10年経っても変わらないもののほうに僕は興味がある。質問としてはそっちのほうがすぐれているとしています。

この「10年経っても変わらないもののほうが重要」という発言にはもう少し深い意味が込められています。Amazonのビジネスを例にすれば「価格,スピード,品揃えの3つは小売にとって非常に重要な要素。10年後,我々の顧客は"もっと値段を高くして"とか"もっと配送スピードを遅くしてもいいよ","品揃えは少なくていい"なんて言うと思う? 言うわけがない」と断言,だからこそAmazonにとっては「価格,スピード,品揃えは最も重要なストラテジ」となるわけです。

AWSについても同様だとベゾスCEOは続けています。⁠AWSの顧客が"もっと信頼性は低くていいよ","従量課金の価格ももっと高くていい","APIはしょぼくていいよ"なんて10年後に要求してくるわけない。だからこそ,AWSは価格や信頼性,イノベーションや技術の先進性といった部分を譲ってはいけない」⁠10年経っても変わらないもの,それがビジネスを支える根幹になるという言葉に,Amazonの成功の一端を見る気がします。

支配者のメンタリティと開拓者のメンタリティがあるとするなら,我々には開拓者以外の選択肢はない

ECでもクラウドでも業界トップを行くAmazonですが,そのメンタリティはつねに開拓者精神にもとづいており,ベゾスCEOは「自分は決して市場を支配したいと思わない」と発言しています。⁠市場を獲りたいという企業が多いのは理解できる。だがそれは我々のビジネスではない。我々はそういうやり方をしない,というよりできない」と断言,つねに"地球上で最も顧客志向の企業"であることを標榜するAmazonのトップらしい発言です。⁠競合相手に興味はない,我々が注力すべきは顧客のみ」と語るベゾスCEOですが,これはAWSのエグゼクティブもよく口にする言葉です。トップから一従業員まで同じ理念を共有することで,他社にはない強さを生んでいる好例といえます。

余談ですが,このキーノートの前日(11月29日)⁠AWSのシニアバイスプレジデントであるアンディ・ジャシー氏が初日キーノートにおいて,オラクル,IBM,HPなどプライベートクラウドを展開する競合他社を高マージンビジネスで儲けるクラウドウォッシャーズ(Cloud Washers)とめずらしく強い言葉で批判しています。クラウドウォッシャーズとはおそらく,本来のクラウドの価値をプライベート・クラウドという別のものに塗り替えてしまう連中,という意味でしょう。

クラウドウォッシャーズはクラウドの価値を別モノに塗り替える連中

クラウドウォッシャーズはクラウドの価値を別モノに塗り替える連中

AWSはふだんからプライベートクラウドという言葉はもちろん,パブリッククラウドという表現も使いません。AWSが提供するものこそがクラウドであるという強い自信がそこに見えてきます。その自信の根拠となっているのが徹底した顧客志向であり,顧客のニーズに沿ったサービスだけを開拓し提供していくというベゾスCEOの発言と重なってきます。高マージンビジネスでは顧客志向は貫くのは無理。なぜならスケールしないから。顧客に寄り添うならマージンは低く。僕はときどき,自分がマージンビジネスに手を染めようとしている夢を見る。そしてギリギリのところで目覚めて,"ああ,よかった"と思う(笑)⁠

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入