レポート

mixi,Twitter,Ameba,LINE:各種ソーシャル/ネットサービスのWindows 8に向けた取り組み——タブレットネイティブへのアプローチ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2012年12月14日,日本マイクロソフト株式会社にて「Windows 8対応ソーシャルアプリに関する記者説明会」が行われました。

新しいユーザ体験を提供するWindows 8

説明会の冒頭には,日本マイクロソフト株式会社業務執行役員Windows本部本部長の藤本恭史氏が登場し,10月26日にリリースしたWindows 8の近況について報告しました。発売2ヵ月弱で,すでに4,000万ライセンスを超えているとのことで,⁠90%のユーザが購入しアクティベートをした後に,チャームやWindows ストアなど新しいユーザ体験を試しているという調査結果も出ている」と述べました。

Windows 8リリース後,世界中でユーザ数が伸び続けているとコメントする藤本氏

Windows 8リリース後,世界中でユーザ数が伸び続けているとコメントする藤本氏

学生に向けた取り組み—⁠—学生就活支援アプリ

Windows 8の戦略の1つとして「ターゲティングをした展開」を掲げた藤本氏。つまり,すでにPCや携帯電話(ガラケー)を体験している層よりも若手の,学生を始めとしたスマートデバイス世代との接触が重要とするものです。⁠マーケティングの観点では,TVCMをはじめとしたプロモーションではすでに若年層を意識したクリエイティブを作っており,これまでの取り組み方とは異なる」と言います。

加えて,日本市場のWindows 8ならではという点では,先日から学生就活支援アプリを用意し,特設コーナーを準備するなど,タブレットを活用して生活をする学生たちに向けた環境整備も行っているそうです。

今の就職課都度において,ネットおよびスマートフォンの活用は必須と言われている。今後,タブレット向けアプリの存在意義はますます高くなりそうだ

今の就職課都度において,ネットおよびスマートフォンの活用は必須と言われている。今後,タブレット向けアプリの存在意義はますます高くなりそうだ

こうしたWindows 8の近況を述べた後,

  • mixi
  • Twitter
  • Ameba
  • LINE

の4つのサービスによるWindows 8に向けた取り組み,Windows 8対応アプリの開発状況と展望について説明が行われました。

「友人とのコミュニケーションが楽しめるように」—⁠—Windows 8と同時に対応アプリをリリースしたmixi

トップバッターは,ソーシャルネットサービスの中ではいち早くWindows 8対応にと組んでいた株式会社ミクシィの「mixi」⁠

2012年6月に開発に着手し,2012年9月にWindows 8 RTM版をファーストリリース,2012年10月26日,Windows 8のリリースと同時に正式版リリースに至りました。⁠SDKにさまざまなテンプレートが用意されており,小規模開発がしやすかった」と述べたのは,株式会社ミクシィメディア統括部Windows 8ユニットプロダクトオーナーの戸高慎一郎氏。

「mixiは,エンジニア2,3名+デザイナー2名の少チームで,HTML5+JavaScriptを利用したスモールスタートで開発を行った」と述べた戸高氏

「mixiは,エンジニア2,3名+デザイナー2名の少チームで,HTML5+JavaScriptを利用したスモールスタートで開発を行った」と述べた戸高氏

10代後半〜20代前半の全人口の半分弱がアクティブに活用しているという調査結果もあり,⁠これからのスマートデバイス世代に向けて積極的に取り組んでいきたい」⁠戸高氏)と述べました。

現在の機能としては,友人の更新情報の閲覧の他,日記や写真の投稿,また,Windows 8ならではの特徴としてチャームを利用したmixiチェックの投稿が行えるといったものが実装されています。今後は「友人とのコミュニケーションをさらに楽しめるよう,機能拡充やプッシュ通知といったものを実装していく予定です」と締めくくりました。

チャームの利用というのはWindows 8対応を目指すこれからのサービス,とくにソーシャルネットにおいてはカギを握るポイント

チャームの利用というのはWindows 8対応を目指すこれからのサービス,とくにソーシャルネットにおいてはカギを握るポイント

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入