レポート

ひとりでは得られない,仲間と経験を共有して成長を体感しよう!─「WACATE2012 冬」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめまして,しんすくと申します。⁠WACATE2012 冬」にて,参加者が投票で選ぶ!ベストポジションペーパー賞という栄誉ある賞をいただき,この若手による若手のためのワークショップの魅力を余すこと無くお伝えできる機会までいただいてしまいました。

ベストポジションペーパー賞 受賞時の筆者

ベストポジションペーパー賞 受賞時の筆者

WACATEとは,Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers の頭文字をとった,その名の通り,内に秘めた可能性をもつテストエンジニアを加速させるワークショップという確固としたビジョンを持つ催しで,年に2回,夏はひとつのテーマを深く掘り下げ,冬はアラカルトでさまざまなテーマを扱う,といった形でそれぞれ異なる指向性をもって開催されています。

なんと,今回の2012冬で5周年を迎えられたとのことで,ひとりのWACATEファンとして心よりお祝い申し上げます。巷間にワークショップは数あれど,ここまで信念を持ってキチンと継続と達成を続けてきた催しは数少ないと思います。この実績と信頼感を土壌にして生まれる交流が新たな価値を生み,それがまたオリジンのワークショップに還元されるという,奇跡のようなポジティブループを今回のWACATEでは実例を持って目にすることができました。それでは,2012年12月15,16日の2日間,マホロバ・マインズ三浦にて開催された,⁠WACATE2012 冬」の模様を順番にレポートしていきたいと思います。

ボジションペーパーセッション/BPPセッション

WACATEのスタートはポジペセッションから。WACATEにおけるポジションペーパーとは,この2日間のワークショップに臨むにあたって自分がどんなことを普段考えているか,どんな議論をしたいかを自由なフォーマットで書き表したものです。まずはじめに参加者同士でこのポジションペーパーを使って自己紹介をしあい,相手の考えや課題を知ることで今後の議論やグループワークを円滑かつ有意義なものにすることができます。これも,他のワークショップではあまり見かけない手法ですが,⁠いま,なぜあなたはここにいるのか?⁠を知るという目的に対してとても効果的だと感じます。会社の重要な会議の場などでも活用できるのではないでしょうか。

ポジペセッション

ポジペセッション

このポジションペーパーを用いた参加者同士の自己紹介の次はいよいよ,前回WACATEでのベストポジションペーパー賞受賞者,畠山さつきさん による単独セッションこと「BPPセッション」です。

「かえる井の中ふりかえる」と題した講演では,これまでのキャリアのほとんどをテストの自動化に費やしてきたが,会社の中にいたときはそれが価値とは思っていなかった。WACATEやテスト自動化研究会等の社外のコミュニティに触れて,はじめてその経験に価値があると気付かされた。研究会で議論を重ねることで,自分の経験の整理と課題の発見ができた。などなど,WACATEの狙いに完璧にマッチした加速のありさまとその背景をきちんと整理して発表されている様子が印象的でした。自動化研究会では私もご一緒させていただいているのですが,この半年の彼女の成長ぶりと堂々たる講演に強く胸を打たれると同時に,自分も頑張らないとすぐに置いて行かれるな,という焦りも覚えました。

BPPセッション中の畠山さつきさん

BPPセッション中の畠山さつきさん

テストアプローチにデータ分析を使おう

続いてのセッションはWACATE実行委員,中野さやかさんによる,データ分析を用いてテストアプローチを考える,という普段わかってはいるもののなかなか手がでない分野を取り扱ったセッションです。製品に対する初回のテストならいざ知らず,二度三度とテストを繰り返すプロジェクトでは,前回のテストの活動におけるデータは次回の活動の方針を決定する重要な入力となるはずですが,実際どこから取り掛かれば良いのか,わからない方も多いと思います。

「テストアプローチにデータ分析を」セッションの模様

「テストアプローチにデータ分析を」セッションの模様

セッションでは,バグ曲線や修正速度,重要度などさまざまな要素がマップされた資料が配布され,まず個人でその分析を行い,その後グループワークにて次のテストフェーズへの改善提案を検討するという流れで進みました。さまざまなドメインの人が集まっているからこそ導かれる斬新な視点や分析に関する議論は,とても刺激的でした。

かいてみようCFD

お昼をはさんで,こちらもWACATE実行委員,近江久美子さんによる,テスト設計技法の実践セッションがはじまります。テストの技法はどれだけ関連書籍を読んでも効果を実感しづらく,自分で実際にやってみることによってのみ,日ごろの業務のツールとして使いこなせる道が拓けます。ただ,えてして初心者は題材を選ぶのに苦労するものです。WACATEの真価はこのよく検討された題材を用いたワークショップの質の高さにもあると感じます。

画像

CFD技法もそんな「理屈を知るだけではまったく使いこなせない」技法のひとつで,説明だけであれば「同値図を書き,原因と結果を線でつなぎその線に沿ってデシジョンテーブルを起こす」というものですが,セッションではよく目にする新規会員登録フォームを例に用いて実際にCFDを書き,デシジョンテーブルに起こすところまでを実際に体験,そして結果を皆で共有することで,CFDの活用における勘所をつかみやすくする工夫がなされていました。正直なところ,私も本セッションで数回書いてみてようやく「使いこなせる」実感が沸きました。

PFDの真価 ~あの遅れはどこに消えた?

初日の締めくくりは派生開発,XDDP等の開発で知られる システムクリエイツ 清水吉男氏によるイブニング・セッション。氏の40年にわたるシステム開発の経験によって磨かれた手法を,ご自身の口から惜しみなく伝承していただける機会を得られるだけでも十分にお釣りがくると思われます。

PFDはモノづくりの過程をいくつかのルールに則って⁠プロセス⁠と⁠成果物⁠の連鎖で表現する,という「プロセスを定義する」モデリングツールのひとつです。前々回のWACATEで参加者のひとりがグループワークにおいて使いこなしているのを見て自分も使いこなしたいと考え,ウェブの資料やPFD単独の勉強会に参加し,ほんの基礎の部分だけを習得してさっそく業務で利用してみたところ,なんと非IT業界のお客様にもばっちり通用して驚きました。

清水吉男氏によるセッション

清水吉男氏によるセッション

セッションではそんな表現技術としてのPFDの真価として,順番を敢えてプロットしないことで,モノづくりの過程において遅れや問題が発生した時に作り方自体の変更を検討することができる。さらに,プロセスを容易に固定できれば,逆に変化させることが可能になる。といった,普段「プロセスを定義する」ことに慣れていない人にとってはにわかに信じがたい効能が,清水氏ご本人の確固たる経験から力強く語られました。私個人としても「本当にできるのではないか」との実感を更に強固なものにし,普段のツールにさらに磨きが掛かったように感じられる,素晴らしいセッションでした。

著者プロフィール

しんすく

NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)正会員/JaSST Tokyo実行委員/STAR 自動テスト研究会 お世話係/Androidテスト部 副部長 など。組込みブラウザのテスト担当,マネジメントを経て本社研究開発部門の品質保証セクションの再構築及びそのフレームワーク開発を担当。現在,某社品質保証責任者。ソフトウェアを楽しく素早く創るための最重要技術としてソフトウェアテストを学ぶ。

Twitter:@snsk

バックナンバー

2013年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入