レポート

テスティングにまつわる過去,現在,未来をDorothy Graham氏が語る─ソフトウェアテストシンポジウム 2013基調講演

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

今年も1月30,31日の2日間,⁠ソフトウェアテストシンポジウム 2013 東京」⁠JaSST '13 Tokyo/主催:NPO法人ASTER)が開催されました。今や全国7地区で開催されるようになった同シンポジウムですが,毎年この時期に東京で開催されるJaSST Tokyoはオリジナルイベントと呼べるもので,今年で通算11回目を数えます。今年も2日間で延べ1,800人が参加し,初日の登録受付の場では久しぶりに会ったエンジニア同士が旧交を暖めあう光景があちこちで見られました。

場所は昨年までと同じく東京,目黒雅叙園

場所は昨年までと同じく東京,目黒雅叙園

初日の基調講演には,毎年海外から業界の著名なテストエンジニアやコンサルタントが招かれます。今年はソフトウェア・テスティングコンサルタントのDorothy Graham(ドロシー・グラハム)さんが登壇しました。Dorothy Grahamさんは「Software Inspection」「Foundations of Software Testing」などの著作(共著)で知られ,ヨーロッパ最大のテストカンファレンスEuroSTARの初代プログラム委員長やISEB Software Testing Boardの設立メンバーなどを歴任された方です。

「Challenges in Software Testing─ソフトウェアテストのチャレンジ」と題された講演は,Dorothyさんの40年におよぶソフトウェアテストとの関わりの中で,ソフトウェアテスト,テストエンジニアの地位がどのように変わってきたか(過去)⁠ソフトウェアテストについての実践的なアドバイス(現在)⁠そして自動化するテストをどのように位置づけるか(未来)という3部構成で進められました。

テストの歴史は“テストエンジニアが認められる”歴史

最初のパートは,ソフトウェアテストの歴史についてのおさらいです。Dorothyさんがベル研究所でキャリアをスタートさせた1970年代=メインフレーム全盛のころから10年刻みで,世のコンピューティングの流れと対比させながらソフトウェアテストやテストエンジニアの状況について振り返りました。

Dorothy Grahamさん

Dorothy Grahamさん

まだソフトウェアテストが独立した仕事ではないころ,Dorothyさんは「思いがけず」テストに関わり,テストを取り巻く状況も眺めることになります。'80年代に入り,ソフトウェアテストの標準化が進みます。米国では初めてのソフトウェアテスト・カンファレンス(USPDI)が開催されました。初の商用テスティングツールも登場しています。とはいえまだテスト技術者は⁠二流⁠扱いで,開発者の方が高給でした。

世はパソコン時代,構造化プログラミング,GUI,クライアント/サーバ,オブジェクト指向などのトピックが登場します。⁠これらは物事を簡単にしてくれるはずでした。でもそうはならなかった」⁠Dorothy氏)⁠この頃あるCASEツールベンダと会ったDorothyさんがそのツールのテスト環境について尋ねると「このツールを使えばテストは必要ない」と言われ,⁠それは違う」と議論になったそうです。⁠このころテストは⁠必要悪⁠とはまだ見なされていませんでした」⁠Dorothy氏)⁠

90年代に入り,インターネットの登場直前の1993年に,最初のEuroSTAR テストカンファレンスが開催されました。主催者側だったDorothyさんは,全然人が集まらないのではないかと気が気でなかったそうですが,蓋を開けてみればヨーロッパ中から300人が集まり大成功となりました。

そして2000年代~現在,テストを取り巻く状況は大きく変化しました。テストツールスイートやオープンソースのテストツールが登場し,TDDや探索型のテスト(Exploratory testing)が登場します。テスティングの標準資格としてISTQB(International Software Testing Qualifications Board)が生まれます。その前身の資格認定から携わってきたDorothyさんにとっても非常に誇らしいものとなったと振り返ります。

このISQQBの資格について「実用的ではない,レベルが低い」と批判する人がいますが,Dorothyさんは「それは不当な評価だ」と反論します。⁠ISTQBがあることによってテスターという仕事が認知され,テストという工程を認識させることができたのです。テストが⁠誰もができる⁠から⁠専門的スキルが必要⁠な認識に変わった。これは大きなベネフィットです」⁠Dorothy氏)⁠

画像

まとめとして,この40年で何が変わったのかについて「テストエンジニアがきちんとしたキャリアとして認識されていなかったのが,ボス,雇用主,同僚から尊敬を集めるようになった」とあらためて繰り返しました。⁠70年代には1冊しかなかったテストに関する本が今では数百冊になっています」⁠Dorothy氏)⁠

逆に変わらないものとして「管理職の不理解(テストによって何ができ,何ができないのか理解できない)⁠大学でのテスティング教育の不備」などを挙げました。さらに「過去に学ばない」のも問題だと言います。⁠過去をふりかえるのは苦痛を伴うものですが,間違いから学ぶことが必要です。同じ過ちを繰り返してはいけません」⁠Dorothy氏)⁠また,新しい技術が次々と出てくる点にも触れ,⁠テストは技術と独立したものではありません。人はいつも間違いを起こすもの。継続して改善を求め行動することが重要です」と結びました。

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

バックナンバー

2013年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入