レポート

デンソーSmartTech Award 2013 授賞式開催レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

自動車部品メーカーのデンソーでは,クルマや家とスマートフォン/クラウドを連携するアプリケーションやサービスを表彰する「SmartTechAward 2013」を開催。先般行われた授賞式の模様をお届けします。

技術を追求するものづくり企業デンソーがアプリ開発者に用意した課題は2つ

画像

デンソーが主催するアプリコンテストSmartTech Award 2013」⁠2回目となる今回は,カーナビの連携機能を活用した「NaviCon」連携アプリを作成する「Down Side」と,自動車のさまざまなセンサーやコンピュータがCAN(車載LAN)上でやりとりしている車両情報や,HEMS注1が持つ家に関する情報を活用するアプリを作成する「Up Side」の2部門が用意されました。位置情報を扱うアプリから,⁠CAN」「HEMS」といった最新のテクノロジーに触れる場として,商用アプリを開発する企業から,個人のエンジニアまで多数の応募がありました。難しいテーマであるにもかかわらず,応募総数93件(Up Sideが33件,Down Sideが60件)にもなりました。

デンソー 情報通信事業部
理事 浅井敏保氏

デンソー 情報通信事業部 理事 浅井敏保氏

開会に際し,デンソーの情報通信事業部理事である浅井敏保氏は,あいさつの中で「自動車業界とIT,情報通信機器とサービスをうまく結合していくためには,それぞれの業界の専門家による意見交換や交流が必要と考えており,今回のアワードを通じて交流を加速させたい」とアワードの意義を述べました。

注1)
Home Energy Management Systemの略で,家庭のエネルギーを効率よくコントロール するシステム。

ロボット開発の視点から見た,テクノロジーがつながる未来

冒頭の特別講演では,ヴイストン株式会社の代表取締役 大和信夫氏から,⁠いまどきのロボット開発(スマホとの連携)⁠をテーマに講演がありました。ヴイストンが企画・開発に携わるロボットを実際にデモンストレーションしながら,その開発秘話や,根底に流れる思想,ロボットの企画・開発のプロセスや,トレードオフの考え方,これからのものづくりのあり方などが語られました。集まったITやクルマ,スマホアプリに関わる技術者も,その話に真剣に聞き入っていました。

ヴイストンが企画・開発に関わったロボットをいくつか紹介します。

  • 変形して3分間しゃべり続けるカップヌードル型ロボット「カップヌードルロボタイマー」
  • 同じく日清食品のチキンラーメンのキャラクターをロボット化した「HIYOBO」注2
  • デアゴスティーニの定期刊行誌として初号の販売数の記録を更新したという,組み立て家庭用ロボット「Robi」
  • ニトリのランドセルのテレビコマーシャルに出てくるロボット
  • 国際宇宙ステーション「きぼう」で,宇宙飛行士との会話実験に挑む宇宙飛行士ロボット「KIBO ROBOT PROJECT」

「心を持ったロボット」を家庭のリビングに送り込むべく,ロボットを軸にさまざまな活動に関わる大和氏は,ロボットの開発プロセスや販売プロセスについても言及しました。

「新製品の市場化プロセスは,⁠ばく大な広告費』から『ネット配信』⁠⁠流通網』から『Webショップ』⁠⁠大量生産』から『小ロット生産』⁠⁠大規模設備』から『ファブレス』へと変化しています。これは,大企業だけでなくベンチャーがものづくりに参加できる変化であり,新しいチャレンジを貫くことでマーケットを創ることができます。知恵を絞れば,企業の規模は関係ありません」(大和氏)

ロボットの分野では試作品が提案に有効で,ヴイストンでも3Dプリンタを活用して試作品を短時間で製作し,動くものを見せて提案を行うことで商談にも活かされているとのこと。さらにスマホの登場で,ロボットの操作部分の電源およびソフトウェア開発をロボットと切り離せるため,開発が進めやすくなるだろうと大和氏は言います。

インターネットは,1990年代は「情報」⁠2000年代は「人」のものでしたが,2010年代はあらゆるものがインターネットにつながる時代,⁠もののインターネット(Internet of Things)⁠と言われています。大和氏は,これらを通じてロボットやクルマ,スマホなど,技術がつながる未来を提示し,講演を締めくくりました。

注2)
「カップヌードルロボタイマー」のプレゼントキャンペーンはすでに終了していますが,⁠HIYOBO」は2013年5月末までプレゼントキャンペーン中です。

「オープンなテクノロジーとデータ」が促進するモビリティの未来

続いて,⁠ロボットとスマホとクルマの未来の接点」をテーマにトークセッションが行われました。デンソーの情報通信サービス開発室次長 安保正敏氏がモデレーターとなり,パネラーにはロボット業界からヴイストンの大和氏,組込みソフトウェア業界から一般社団法人 Open Embedded Software Foundation(OESF)の代表理事 三浦雅孝氏,スマホアプリ業界からFandroid EAST JAPAN 理事長 原亮氏,位置情報アプリサイト「位置GOGO!」を運営するアイラボの代表取締役 伊藤剛氏の4名が登壇しました。

「自動車とロボット,コンピュータの関わりと進化」⁠自動車とFabトレンド,3Dプリンタ」⁠スマホOSとオープン化の流れ」などの話題について,事例紹介や活発な意見交換がされたあと,安保氏は,開発に携わる企業や個人に対し,デンソーのカーナビ「Navicon」がNaviCon-API(URLスキーマ)によりNaviCon連携機能を提供していることを1つの事例として挙げました注3)⁠現在,240近いアプリが連携し,40機種を超えるカーナビが対応しているとのことです。

また安保氏は,技術をオープン化することで,企業内だけではなく世界中で良い仲間を作り,ソーシャルに開発することが可能になってきていると,業界のトレンドも説明しました。⁠便利で豊かなクルマ社会と暮らしの実現」のためには,テクノロジーとデータがオープンで,ソーシャルに共有できることが重要であり,企業どうし,エンジニアどうしのコラボレーションにより新しいモビリティの世界を開いていくと語り,トークセッションを終えました。

注3)
Navicon連携アプリ開発者様向けサイト

コメント

コメントの記入