レポート

AWS Summit 2013,大盛況のうちに閉幕――技術・ビジネス・ユーザさまざまな視点から

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2013年6月5,6日の2日間,グランドプリンスホテル新高輪(東京・品川)にて,AWS Summit 2013が開催されました。その模様をお届けします。

申し込み総数9,400名以上,大盛況だった2日間

AWS Summitは世界各地で開催される,最大級のAWS(Amazon Web Services)に関するカンファレンスです。ここ東京では2回目の開催となり,世界で唯一2日間の開催となっています。

AWS Summit 2013
http://www.awssummittokyo.com/

申し込み時点で9,400名(ユニーク)と,注目を集めるイベントとなり,初日のキーノートには,AmazonのCTO,Werner Vogels氏が登壇し,1,500名入る会場が超満員となりました。そして,初日の熱気を引き継ぐ形で2日目のプログラムが進みました。

今回は,個別セッションや展示ブースの様子を中心にお届けします。

Amazon Redshiftが切り開くクラウド・データウェアハウス

2日目の午後,満席となったセッションの1つが「Amazon Redshift」に関するものです。Amazon Redshiftは,昨年11月に発表され,会期中の6月5日,東京リージョンでのリリースが発表されたペタバイト規模のクラウド上で利用できるデータウェアハウスサービスです。データの肥大化に伴い,データ管理・分析の位置付けが高まる中,AWSのサービスとして,ここ東京リージョンでRedshiftが使えるようになったのです。

発表者のアマゾン データ サービス ジャパン株式会社ソリューションアーキテクト,八木橋徹平氏は「バックアップ・リストアに関しては同じくAWSの1つであるS3と連携しやすくなること」「リサイズに関して,新しいクラスタをバックグラウンドでプロビジョニングしたり,ノード間でデータを並列にコピーできる」といった,実運用上でのメリットなどを中心に説明しました。

Amazon Redsfhitの料金体系

Amazon Redsfhitの料金体系

さらに,このセッションでは先行評価に着手していた株式会社野村総合研究所(NRI)による,Amazon Redshiftに関する調査と講評が行われました。同社によれば,

  • 性能は線形にスケール
  • バッチ処理にも向いている(得意)
  • チューニングは既存の概念と異なる
  • 利用料課金のメリットが大きい

などといったことが説明された他,操作しやすく)簡単に作れてしまうため,統制の効いていないシステムが増えてしまう」といった注意点にも触れられました。

NRIの調査結果の1つ(巨大テーブルからの検索処理)⁠ご覧いただくとわかるように,ノード数が増えれば増えるほど,数値が良くなっている

NRIの調査結果の1つ(巨大テーブルからの検索処理)。ご覧いただくとわかるように,ノード数が増えれば増えるほど,数値が良くなっている

なお,NRIは日本初のAPNプレミアムコンサルティングパートナーの一社として認定され,今後も,Amazon Redsfhitを加えたAWS関連のSIやコンサルティングに積極的に取り組んでいくとのことです。

大規模案件の裏側~巨大AWSインフラ事例のご紹介~

次に紹介するのは,Amazon EC2の導入設計から運用・保守までをサポートするサービス「cloudpack」を運営するアイレット株式会社エバンジェリスト後藤和貴氏による「大規模案件の裏側~巨大AWSインフラ事例のご紹介~」です。

「こんなに大勢の前で話すのは初めてで緊張しています」と緊張はしながらも,同社の実績とともにAWSの強みをしっかりと発表したアイレット株式会社エバンジェリスト後藤和貴氏

「こんなに大勢の前で話すのは初めてで緊張しています」と緊張はしながらも,同社の実績とともにAWSの強みをしっかりと発表したアイレット株式会社エバンジェリスト後藤和貴氏

同社は,先ほどのNRTと同じく,日本初のAPNプレミアムコンサルティングパートナーの一社として認定されています。

cloudpackは,AWS運用をアウトソースしたい企業向けのサービスで,24時間365日サーバ運用・捕手の他,初期費用無し月額5万円からスタートできるサービスで,多くの導入実績を誇ります。今回はその中から,同社が関わった大規模案件がいくつか発表されました。

たとえば,日本テレビの企画「ソーシャルTVサービスJoinTV」がその1つです。これは,テレビとソーシャルメディアを融合したO2O戦略を実現するもので,視聴時における大規模なトラフィック対応が求められるものでした。同社は,インフラ部分を担当し,

  • Webサーバのスケールアウト
  • リクエスト処理キューイング
  • バッチサーバスケールアウト
  • インメモリDBスケールアウト

といった点に対応したとのこと。その中で,⁠事前プロビジョニングによる対APIアクセスバーストに対応したり,TV視聴からスマホの膨大なアクセスに関する負荷シミュレーションの実践,また,本番時の現場対応といった,技術に加えていくつかのポイントを押さえて運用しました」と後藤氏は語ります。このあたりは,AWSの特性を知り,かつ,豊富な経験を持っているからこそ生まれたノウハウと言えるでしょう。

その他,ローランドやケンコーコム,トヨタの事例が紹介されました。ケンコーコムに関しては,同社として初のSAP導入事例となったそうです。,さまざまな業界におけるAWS導入の普及とともに,メンテナンスのポイント,アウトソーシングのメリットなどについて紹介されました。

後藤氏は,⁠業務のプロであるクライアント(発注者)と,AWS構築・運用のプロであるcloudpack。両者の共同作業で効果を最大にできるはずです。それぞれの課題に合わせて対応しながら,ビジネスの成功を目指すのが私たちの役目だと思っています」と述べ,セッションを締め括りました。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入