レポート

Infinity Ventures Summit 2013 Springレポートその2:スマートフォンからタブレットへ?社会を変えていくサービスと事業づくり

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

前回の2013年春のIVSのレポート,Infinity Ventures Summit 2013 Springレポートその1:パズドラの次のメガアプリは?IT業界と放送業界のキーマンがIVS初参加に続き,IVS2日目のレポートを紹介します。

恒例のスタートアップや新規サービスの晴れ舞台となるピッチの場「Launch Pad」から始まり,今年は話題のメイカームーブメントに関連した のセッションがあり,最後は社会起業家によるセッションで終了しました。

スマホでよりスマートに課題を解決。BtoC課金が今後の流れ?

今年のIVSのLaunch Padは各メディアでも取り上げられ,すでに目を通された人も多いのでないかと思います。筆者が感じたのは例年以上にレベルが高かったということ,具体的に言えば,よりシンプルでより具体的で現実的な問題解決に取り組み,面白さだけでなくその取り組みの中にマネタイズの仕組みも自然と組み込まれていたサービスが多かったという印象を受けました。

IVS 2013 SpringのLaunch Padで1位に輝いたfreee

IVS 2013 SpringのLaunch Padで1位に輝いたfreee

Launch Padで1位に輝いたのは,freeeというクラウドベースの会計サービス。月額980円で使えるサブスクリプションモデルとなっており,誰でも簡単に会計ソフトが使えるというニーズを手軽に満たしています。

freee
http://www.freee.co.jp/

2位に輝いたのは,次にLINEになるのでは?とも噂されているCocoPPaというiPhoneアプリ。iPhoneアプリのアイコン画面を含めて着せ替えできるようにしてしまったサービスで,750万ダウンロードを達成しておりその半分はアメリカのAppStoreで占められており,海外でも順調に着せ替えサービスが日本からの発信で広がっているようです。

CocoPPa
http://cocoppa.com/

この他にスマートフォンでコンサートのチケットを購入したり,そのまま入場できるようにしたtixee」⁠個人が500円から自分の得意なスキルやサービスを提供できるマーケットプレイス,ココナラ」⁠NPOが社会問題を体験するツアーを企画することで,ユーザの社会問題学習を深めNPOへの収益にもつなげるTRAPRO」⁠チケットを売る側だけではなく,入手困難チケットを買いたい側にも着目したチケット売買サービスチケットキャンプ」⁠限りある時間を意識することで有意義な人生を過ごせるように役立てるためのタイマーアプリライフタイマー」⁠スマートフォンのビデオ通話機能を使って,どこでも簡単に月額3000円で対面通訳を実現するタップリンガルといったサービスが注目を集めていました。

IVS Launch Pad 2013 Springの受賞者

IVS Launch Pad 2013 Springの受賞者

この他にも優秀なサービスが発表されましたが,どれも人に役立ち,社会に役立つサービスで,どのような課題を解決したいが非常に明確になっていました。スマートフォンが斬新で面白いものだったステージから,どのようにこれを役立て,社会を変えていくかという取り組みが模索されてきているようになっていると感じました。

日本の製造業と次世代のメイカームーブメントを繋ぐ融合型イノベーションが起きる?

IVS2日目の「デジタルファブリケーションの未来図」と題したセッションでは今話題のメイカーズムーブメントに関連した動きが紹介されました。PCがメインフレームからノートPCへとよりパーソナルなものになってきたように,製造も大型の工場からよりパーソナルな工作機械となって普及していくのではないか,そしてその一例としてインドの村でのFab Lab(ファブラボ)の一例が紹介されていました。

工作機械もコンピュータと同じように,よりパーソナルなものに?

工作機械もコンピュータと同じように,よりパーソナルなものに?

Fab Labとはほぼあらゆるものを創ることを目標とした3Dプリンタやカッティングマシンを備えた施設で,付近の住民が自由に利用できるよう世界中に存在しています。インドの村の事例では,超音波で犬を撃退する装置やWiFiルーターを自作している様子が紹介され,作る人と使う人が近接した今までの量産型製造とは違うスタイルが芽生えてきているといいます。

インドのFab Labで制作されている

インドのFab Labで制作されている

とくに東海岸からこうしたムーブメントが起きているようです。MITを代表とする大学に由来する機械工学の歴史が古くからあり,ハードとソフトの融合が起きやすかったという背景があります。またニューヨークのブルックリン地区では3Dプリンタ関連のプレイヤーが集まり,昔の工場を活用してアーティストとの協業が進んでいます。こうした動きがアメリカからインド,そして今はアフリカへと飛び火しているようです。

日本の製造業でも,こうした取り組みが活かせないかという動きが始まっています。日本の産業に製造業が占める割合はとても高いため,⁠破壊的なイノベーションだけでなく,今ある製造の流れに組み込め自分たちを変えていくことができる融合型イノベーションが産み出されるのではないか?」とセッション中に議論されました。

ITジャーナリストの林信行氏はその一例として,Trinity社のiPhoneケースを紹介しました。この会社はプラスチックでも木や皮のような触り心地を実現したiPhoneケースを販売しています。⁠3Dプリンタで直接こうした最終製品までは作れないが,金型を作るところまで3Dプリンタの技術を活用している」そうです。

木や皮のようは触感を実現したTrinity社のiPhoneケース

木や皮のようは触感を実現したTrinity社のiPhoneケース

日本にしかできないファブリケーション文化,そういった面白い事例が今後続々と出てくるのかもしれません。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入