レポート

ソフトウェアテストに魅せられたエンジニアが集まる熱いワークショップ!! 「WACATE2013夏」 参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

WACATE(ワカテ)という勉強会を聞いたことがありますか? WACATEとはWorkshop for Accelerating CApable Testing Engineersの略で,若手テストエンジニアによる若手テストエンジニアのためのワークショップです。

実はこれ,若手を中心にソフトウェアテストに関心があるさまざまな年代の人が全国から集まる1泊2日の合宿形式の勉強会なのです。価格は2日で2万2千円(35歳以下)⁠高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが,夏と冬の年に2回ずつ,この勉強会が5年間も継続していることを考えると,価値>価格と思っている人が多い証拠ではないでしょうか? WACATEの本当の価値を知るには実際に参加してもらうしかないのですが,参加するかどうか迷っている人のために,WACATEの熱気と面白さを少しでもお伝えできればと思います。

こんにちは,nemorine(ねもりん)といいます。仙台にある某半導体装置メーカに勤務しながら,ソフトウェア開発に関わっています。開発の方法や品質,テストに悩みながらも楽しく仕事をしています。今回は地元の仙台のソフトウェアテスト勉強会がきっかけで知り合った3人の仲間と一緒にWACATEへ参加しました。自分も含め全員が開発者です。今回のWACATEでは参加者の投票により選ばれるBest Position Paper賞(BPP賞)をいただくことができました。この場をお借りしまして2013年6月22日,23日にマホロバ・マインズ三浦において実施されたWACATE2013夏のレポートをお送りします。

BPP賞受賞の模様

BPP賞受賞の模様

熱い夏の始まり ─オープニングセッション

オープニングセッション担当はWACATE実行委員の中野さやかさん。夏らしく和装で登場し,参加者の目を惹き付けました。中野さんからは『WACATEとは何か?』⁠⁠この2日間で持ちかえるものは何か?』⁠積極性が重要』など,WACATEを参加者自身にとってより有意義なものにしていくためのコツをお話してもらいました。

初めての人はWACATEのスタイルにちょっと驚くかもしれませんが,やはり貴重な土日を使い,2万円超という壁を乗り越えてきたエンジニアは違いますね。参加者の皆さんの目はキラキラしていました。

中野さやかさんによるオープニングセッション

中野さやかさんによるオープニングセッション

初対面でも大丈夫!─ポジションペーパーセッション

オープニングの後は,WACATE実行委員の藤原洋平さんがモデレータでWACATE名物のポジションペーパーセッションがスタート。WACATEでは参加申し込み時に自分が考えていることや今困っていることなどをフリーフォーマットで記述するポジションペーパー(通称ポジペ)を提出します。ポジションペーパーセッションではそのポジペを使い,参加者がグループ内で自己紹介を行うわけです。この仕組みのおかげで初めて会った人でもこの人はどういう問題意識を持って参加しているかを知ることができるのです。しかもこの自己紹介はグループのメンバーを入れ替えて2回実施しますので,合計10人のお話を聞くことができます。

自分の最初のグループに印象的なポジションペーパーを書いた女性エンジニアが居ました。彼女のポジペには「誰にでもできる簡単なお仕事」と言われて,バイトから入ったソフトウェアテストの世界が「誰にでもできる簡単なお仕事ではない!」ということに気づき,そしてその現状を打破するためにWACATEに参加した,という彼女の考えの変化と行動がしっかりと書かれていました。そうなんです!ソフトウェアテストは簡単なお仕事ではないのです!!

そして実はこのポジペ,2日間を通してWACATEを楽しむ超重要なアイテムになります。初参加の人はなくさないように名前を書いておきましょう!

ポジションペーパーセッション

ポジションペーパーセッション

効果的な学習方法を実践しよう!─BPPセッション

「フィードバックループを作ろう」というタイトルで前回のWACATEでBPP賞を取ったしんすく氏がお話してくれました。フィードバックループとは何だろう?と初めから興味津々で聞き入ってしまいました。

一般的な(ソフトウェアの)学習としては,認知する→学ぶ→手を動かす→何かを作ってみる→さらに高度に知る→⁠認知する)ようなループで実施しています。これをしんすく氏は自身の内なるループという意味で,⁠インナーループ』と名付けています。

しかし,しんすく氏はこれらに加えて『話してみる』⁠⁠発表してみる』など他人へのアウトプットである『アウターループ』が重要であると説きます。さらに『インナーループ』『アウターループ』の二つのループを回し続けていくことで,学習が加速していくことを自らの経験を元に説明してくれました。

最後にしんすく氏は,⁠このWACATEの2日間でぜひアウターループを実践してください』と参加者に呼びかけ,セッションを締めくくりました。自らの経験に基づいた素晴らしいセッションでした。

著者プロフィール

nemorine(ねもりん)

JaSST東北実行委員長/仙台ソフトウェアテスト勉強会運営/JaSST北海道実行委員/TEF道 にぎやかし担当/AgileJapan仙台サテライト実行委員。仙台の某半導体メーカに勤める開発エンジニア。北海道と仙台をこよなく愛す。開発も大好きだが,いいものを作るためには品質も大事だと気付き,ソフトウェアテストのイベントに参加するようになる。2012年から仙台ソフトウェアテスト勉強会を企画運営し,2013年5月に東北初となるJaSST東北を立ち上げた。

Twitter:@nemorine

コメント

コメントの記入