レポート

デバイス&サービス,そしてクラウドOS――Microsoftの次の戦略~The Microsoft Conference 2013レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2013年11月21,22日の2日間,グランドプリンスホテル新高輪(東京・品川)にて,日本マイクロソフト株式会社主催の総合カンファレンス「The Microsoft Conference(以降MSC)2013」が開催された。ここでは初日のVision KeynoteおよびGeneral Sessionの模様をお届けすします。

デバイス&サービスカンパニーとして

Microsoft InternationalでPresidentを務めるJean-Philippe Courtois氏が登場。

過去最大規模(申し込みで9,400名,初日の参加者数で4,000名超)となったMSC,これを受け,Courtois氏は「Microsoftとして日本は大きな市場として期待しています」と述べ,さらに今同社がグローバルで掲げているデバイス&サービスカンパニー」であることを強調し,これからの日本市場での同社のデバイス&サービスのさらなる普及への期待とともに,オープニングの挨拶を締めくくりました。

Microsoft International,Presidentを務めるJean-Philippe Courtois氏

Microsoft International,Presidentを務めるJean-Philippe Courtois氏

日本経済の盛り返しとこれからの多様性に向けて

Courtois氏に続き,午前のホストを務めた日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏が登場。

日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

日本マイクロソフト代表執行役社長 樋口泰行氏

Courtois氏のコメントを引き継ぐ形で,⁠2013年,日本はアベノミクスの効果もあり,景気が上向いてきました。また,2020年のオリンピック・パラリンピックの招致を実現し,良い方向に回り始めてきたと思います。この流れを活かして来年度に向けて期待を寄せたい」と,状況の変化に対するポジティブなコメントをする一方で,⁠ただし,これらはすべて環境要因であり,自助努力で変えていくべきことはたくさんあります。1つは世の中の多様化に向けた,モダナイズ,生産性向上およびそのための戦略の立て方が必要です」と,環境要因だけではなく,当事者となる企業が意識的に(自身の)変化をし,⁠外部の)変化に対応していくことがさらなる進化,イノベーションにつながると述べました。

ここで樋口氏が注目したのが,技術の多様化。この10年を見ても,クライアントサーバモデルがインターネット化し,そして,今はクラウド化していること,さらにモバイルデバイスの進化によってフロントサイドへの意識,とくにセキュリティの確保が求められていくこと,また,モバイル&クラウドにより,ソーシャルネットの価値が高まり活用されたことによるデータの肥大化,いわゆるビッグデータの扱いと言った点について,トータルの整合性を考えることが求められていくとしました。

この一連の流れについて,冒頭で述べられた「デバイス&サービスカンパニー」のコンセプトに加えて,樋口氏からはクラウドOSというキーワードが紹介されました。これは,WindowsやAndroidといった固有のOSを指す用語ではなく,クラウド時代に適したOS(オペレーションシステム)という概念で,この先,全体最適のできるIT基盤として求められるプラットフォームの総称として説明されました。

そして,⁠Microsoftはデバイスからクラウドまでを一貫して提供していきます」と改めて,次の戦略を説明し,本日最初の大きな発表が行われました。

Windows Azureデータセンター,2014年に日本国内で稼働スタート

Microsoftが提供するIaaS・PaaSのクラウドサービス「Windows Azure」のデータセンターがいよいよ日本国内でも稼働することが正式発表されました。現在準備しているのは,関東と関西の2拠点で,2014年前半に稼働開始予定とのことです。

「2拠点のデータセンターを同時に開設することで,国内でのディザスタリカバリを実現します」⁠樋口氏)と,国内におけるレイテンシー問題やメンテナンス対応問題がクリアできることに加えて,非常時における安心の担保ができることが,今回の特徴として説明されました。

デバイスとサービスとクラウドOSをが広げる未来

Windows Azureの発表に続き,日本マイクロソフトエバンジェリスト西脇資哲氏が登場し,今のMicrosoftが提供するデバイスとサービスが生み出す価値について,実際のデモンストレーションと合わせて紹介しました。

医療分野におけるテクノロジーの最適化

まず最初に紹介されたのは,同社のゲーム端末の最新版Xbox OneとKinectを利用したデモンストレーション。Kinectのセンサーを利用して手話による会話をデータ化し,銀行窓口の対応業務をサポートするというものです。

写真のように,手話を話す人の手の動きを認識・解読することでそれを言語化します。

左の女性の腕の動きを認識し,それを文字情報へ変換

左の女性の腕の動きを認識し,それを文字情報へ変換

また,肌につなげたセンサーから心拍数を図るなど,バイタルデータの取得,その後のデータベース構築,CRMとの連携など,今後の医療分野における実用性の向上がかいま見えたデモンストレーションとなりました。

左下の74というのが心拍数。他にもバイタルデータを取得

左下の74というのが心拍数。他にもバイタルデータを取得

ビデオ会議ツールを経由して,各種データを活かした遠隔治療につなげることもできる

ビデオ会議ツールを経由して,各種データを活かした遠隔治療につなげることもできる

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入