レポート

時代はオープンソースソフトウェアから“オープンソース”へ──The Linux Foundation「Enterprise User's Meeting 2013」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

The Linux Foundationは,国内外のユーザ企業向け技術カンファレンス「Enterprise User's Meeting 2013」を2013年12月11日(水)⁠横浜赤レンガ倉庫において開催しました。

トップバッターを務めたThe Linux FoundationのExecutive Director Jim Zemlin氏の挨拶から始まった今年のカンファレンスは,The Linux Foundation Japan Directorの福安 徳晃氏が軽妙なトークで司会を進めつつ,簡潔に各セッションが展開され,さまざまな事例からハッカー文化,今後のオープンソースの方向性など多彩なトピックが紹介されました。

Jim Zemlin氏

Jim Zemlin氏

福安 徳晃氏

福安 徳晃氏

午前中は,Black Duck Software社の金 承顕(キム ショウケン)氏が,⁠ソーシャル・クリエイティビティ(社会的創造性)⁠ - 社会的協業による経済価値の創出」⁠日本電気株式会社工藤 雅司氏が,⁠オープンソースで立ち上げるSDN市場 ~OpenDaylightの狙いとNECの取り組み」と題して講演しました。

金 承顕氏

金 承顕氏

東証システムの「現在」

午後のセッション第1弾は,国内で最も有名なLinux大規模ミッションクリティカル事例である東京証券取引所の株式売買システム"arrowhead"のセッションです。⁠株)東京証券取引所 IT開発部トレーディングシステム部長 川井 洋毅氏と富士通⁠株⁠プラットフォーム事業本部 Linux開発統括部 企画部部長 坂本 智氏のお二人が登壇されました。

川井 洋毅氏

川井 洋毅氏

川井氏が現在の"arrowhead"の稼働状況,グローバル市場の変化に従う対応などをふまえ,次期"arrowhead"の方向性などを含めて紹介,それを受ける形で,坂本氏が富士通の取り組みを紹介しました。

昨年来の株高,証券会社による高速取引システムへの取引強化により,"arrowhead"の稼働当初は秒間7000だったトランザクションが今は3倍以上に増え,取引が拡大しています。そのため,処理能力の安定化,レスポンスの向上,適切なキャパシティの確保を常に検討しながら運用されているそうです。当初はアプリケーションの不具合もありましたが品質改善を続け,現在は問題が大きく減ったとのこと。一方,障害はファームウェア,OS,ミドルウェアが絡み合ったものが増えているそうです。

坂本 智氏

坂本 智氏

川井氏は,先般米国へ出張したおりに,米国の金融関係者から,⁠日本は復活したね」という声を聞いたそうです。今後は,その復活した日本経済を支えるシステムのひとつとして"arrowhead"は次世代へと発展していくとのことでした。期待したいと思います。

OSSがつなげるコミュニティ,ハッカー,そして企業の現場

The Linux FoundationフェローGreg Kroah-Hartman(Greg K-H)氏は,Linuxカーネルを開発するコミュニティの仕組みを紹介しました。長くLinuxコミュニティに関わっている人であれば知っていることでも,新しく入ってきた人にとってわかりにくいのがコミュニティの仕組みです。どのような体制で,どのようなスケジュール感でLinuxカーネルがリリースされているかを,具体的な数字を使って紹介するセッションでした。

Greg Kroah-Hartman氏

Greg Kroah-Hartman氏

「インターネット企業におけるOSSの利用とハッカー文化」と題して,登壇したのが楽天⁠株⁠技術理事 吉岡 弘隆氏です。楽天の取り組みだけでなく,ハッカー文化の紹介,オープンソースの歴史を含めて,幅広い内容を簡潔に説明,とかく誤解されがちなハッカーについて,熱く語られました。

吉岡 弘隆氏

吉岡 弘隆氏

NTTデータ先端技術⁠株⁠NTT OSSセンタ テクニカルパートナ 菅原 亮氏は,NTT OSSセンタで取り組んでいる大規模システムに対する構築作業自動化について紹介しました。

サーバの台数が増えるつれ必要になることは,システムを効率的に構築すること, 運用がスムーズに実施されることです。そして,忘れられがちなテスト環境にも注意を図る必要があります。そこで,NTT OSSセンタではシステム構築自動化ツールPuppetを導入して,OS,ミドルウェア,アプリケーションのインストールと設定を実施できるようにしました。しかし,それを現場に紹介すると,ロールバックの仕組みを実装して欲しいなど,それだけでは「まだまだ」機能が足りないと指摘を受けたそうです。現場の声を聞き,さらにPuppetがカバーできない領域に対しては新たにツールを組み込むことで,構築から運用までの作業を大幅に削減する一連の仕組みを作り上げることに成功し,その概要をセッションで紹介されました。

菅原 亮氏

菅原 亮氏

著者プロフィール

赤井誠(あかいまこと)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)に入社後,ソフトウェアR&D,事業企画,マーケティング部門を歴任。2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり,日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。また,x86サーバーを活用したハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を立ち上げ,HPC No.1ベンダーに導く。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し,現職。
キャリアデベロップメントカウンセラー

著作・翻訳:
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降,ライター活動も実施中。『リーダーにカリスマ性はいらない』,『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリー・ジャパン)など多数。

コメント

コメントの記入