レポート

「WACATE2013 冬」参加レポート ─それにしても,WACATEは広大だわ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

みなさん,はじめまして。フクダリナと言います。今回WACATE2013冬のBPP(Best Position Paper)賞をいただき,その副賞として寄稿の機会をいただきました。少しでもこのワークショップの楽しい気分をお伝えできれば幸いです。よろしくお付き合いください。

賞をいただいた私

賞をいただいた私

WACATE(Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)「内に秘めた可能性を持つテストエンジニアたちを加速させるためのワークショップ」で,夏と冬の年2回,神奈川県の三浦半島で開催しています。私はWACATE2013夏に続き,2回目の参加となりました。これから2日間,約30時間どっぷりとテストが好きな方たちのためのワークショップが始まります。

オープニング

私のように遠方から来る人は半年ぶりに再会する方も多く,この時点でテンションがあがります。恒例の実行委員の仮装? から始まるオープニングは,私の緊張をほぐして,一気にヤル気に変えてくれます。回数を重ねるごとに私の楽しみのひとつとなっています。

3分勝負!~ポジションペーパーセッション~

WACATEでは,参加登録の時にポジションペーパー(参加表明書)を提出します。ワークショップの2日間持ち歩き,コミュニケーションツールとしても活用します。ポジションペーパーには以下のようなことを書きます。

  • 仕事について
  • 今の問題
  • ワークショップで期待していること
  • 特に議論したいこと

名刺よりも本人の想いなどが詰まっているので,ワークショップ閉会後にも読み返します(人物を思い出すのにも役に立ちます)。さらにこのポジションペーパーの中で,一番加速していると思うポジションペーパーに参加者全員が2日目のお昼までに投票します。一番票を獲得したポジションペーパーに贈られる賞がBPP賞となります。

本セッションでは,ポジションペーパーを使ってグループ内で自己紹介をします。一人あたり3分×席替えをして2回行います。2回目の自己紹介を行ったグループが2日間一緒にワークをするチームとなります。

炎上(Enjo)+愛(i)=Enjoy! BPPセッション~炎上駆動改善~

WACATE2013夏でBPP賞を受賞された根本紀之さんによるBPPセッションです。根本紀之さんは,日本でよく遭遇する「改善意識が高い人とそうでない人が混合するチーム」の中で,どのようにチーム全体の意識を高めていくかというテーマについて語ってくださいました。ご自身の上司が「炎上中の業務に次々と改善を施す」という実体験を基にこの方法を取り入れているそうです。

根本さんのセッション

根本さんのセッション

ここでのポイントは,顧客を改善に巻き込むことでチームの危機感を煽り,改善に積極的な人も消極的な人もチーム一体となって改善を進めることです。その時に消極的な人を上手に褒めることで改善が回っていくということでした。意識改善は私自身よく考えていることでしたので,違った視点の話はとても参考になりました。

片時も休む暇はない!グループランチ

WACATEには楽しいルールがたくさんあります。各セッションの時間だけでなく,ランチも各チームで摂ります。一日目のランチメニューは「海鮮丼」。さすが三浦半島。まぐろがメインのランチです。ランチをしながら,チーム名を考えたり,自己紹介の続きを話したりします。同じ悩みをもった仲間たちなので,初対面でも話題が尽きることがないのが,このワークショップの魅力です。人見知りで引っ込み思案な方でも初参加の方でも,数回参加されている方たちが優しくフォローしてくださるので打ち解けられると思います。

プレゼンのレベルの高さもお楽しみ!~状態遷移テスト~

いよいよセッションの始まりです。今回から実行委員になった朱峰錦司さんのセッションです。朱峰錦司さんはテスト設計コンテストの予選でもプレゼンのレベルの高さが話題となっており,個人的に楽しみにしていました。WACATEでは講義はもちろんのこと,レベルの高いプレゼンを拝見するのも非常に勉強になります。

朱峰錦司さんのセッションの模様

朱峰錦司さんのセッションの模様

今回のセッションは,状態遷移テストの説明がありました。この後,例題として「簡単な音楽プレーヤー」を状態遷移図と状態遷移表に書きました。問題には2つ,状態に漏れがあると提示されており,実際に漏れを見つけることを体感できました。個人ワークを行ったあと,チームでの議論を通じてさらに知識を深めることができました。

テストだけではない!伝えるためのセッション~伝えるために出来るコト~

冬のWACATEでは,いろいろなテーマのセッションが立て続けに行われていきます(夏開催のWACATEは時間をかけて問題に取り組み,各チームで発表するようなセッション形式であり,冬はさまざまな内容のセッションが行われるのです)。

上條飛鳥さんのセッションでは,ソフトウェアテストという要素の枠を飛び出して,技術者として『伝えること』を考えるためのセッションでした。グループの中でペアになって,「自分は知っているが,相手が知らないことを伝える」ワークを行いました。

グループワーク中

グループワーク中

私の回答

CMSについて以下のように説明しました。

会社などのホームページのサイトを簡単に作成できるためのシステム。WordPressなどはCMSとしても有名なシステムであることを紹介。あわせて図図1参照)を描き,HTMLコードを書かなくてもサイトを構築できることを説明しました。

図1 サイトの画面例

図1 サイトの画面例

著者プロフィール

フクダリナ

JaSST九州実行委員/九州ソフトウェアテスト勉強会(仮)運営

WACATEはWACATE2013夏に続き2回目の参加。ITベンチャー企業で主にWebシステムのソフトウェアテストを行う。契約社員,一児の母,地方在住などの事情のため,ソフトウェアテストの勉強をする仲間に出会う機会がなかったが,TEFの勉強会をキッカケにJaSST,WACATEの存在を知る。初めてのWACATE参加後,Facebookで『九州ソフトウェアテスト勉強会(仮)』というグループを運営,現在の登録者は100名を超える。同グループより『SoftwareTesting "ManiaX" vol.8』へ寄稿。

コメント

コメントの記入