レポート

LPI-Japan,『エグゼクティブセミナー「HTML5/OSS ビジネスサミット 2014」~新たなビジネスを切り開くHTML5とオープンソース~』レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

講演1:『ゲームにおけるHTML5の活用およびその課題』

講演1として,⁠株)ディー・エヌ・エー 坊野博典氏が登壇した。

⁠株⁠ディー・エヌ・エー 坊野博典氏

(株)ディー・エヌ・エー 坊野博典氏

はじめに

ゲームとHTML5ついて⁠株⁠ディー・エヌ・エー(以下,DeNA)がHTML5に対して何をしているのか,その取り組みについて説明する。

DeNAがなにを目的になぜHTML5を促進しているのか。DeNAと言えばモバゲー,ブラウザゲームである。ユーザにより良い体験,より楽しんで欲しい,というのが目的である。

HTML5でゲームを開発することについて

HTML5は本当に売り物になるのか使い物になるのか,我々自身として調べないといけないと思った。社内のゲーム開発者から見てHTML5は使い物になる,と説明しないといけないと考えた。これからその過程の一部を,技術者としてどれだけ苦労したかという苦労話をしたい。

ゲームの開発の目的

ゲームの開発の目的は,社内のゲーム開発者にHTML5は使い物になると言うことを説明するためである。ゲーム開発者は試作品では納得しない。スマートフォンで動かしてみてネイティブアプリケーションと同じくらい動くと言うことを見せなければいけない。結果,開発当時に主流だったiPhone 4Sで同じくらいのパフォーマンスが出るものを作った。

3回目にしてやっとゲーム開発者から認められた

まずはiPhone 4Sで動くところまで動くもの,次にiPhone 4SだけでなくIE,Chrome,Firefoxで動くものを開発したが,社内のゲーム開発者からはそれぞれボツにされた。3回目にしてやっと認められた。

個々について簡単に説明する。我々は1回目はとりあえず動くものを目的として開発した。Canvas2Dを使うことにして,HTML5とJavaScriptでコードを書いた。だがiPhone 4Sでは1fpsしか出ず,IEやFirefoxではクラッシュするなどで,社内のゲーム開発者からダメ出しが出てボツにされた。しかし社内のゲーム開発者はHTML5に期待していたので,次の機会をいただいた。

2回目は,描画の高速化,画像をキャッシュしてネットワークの帯域削減,音を鳴らすことを目指した。

描画の高速化は,もともと私はブラウザを作っていたのでそれを手本にすることにした。ブラウザは高速化するためにいろいろなことをやっている。そのためコードは汚い。しかしそういった高速化は残念ながらCanvas2DやHTML5では効かなかった。そこで,我々は同じことをJavaScriptでやれば良いと思い,実行に移した。

開発したゲームでは1画面に250個の画像がある。しかし動いているところは2枚だけである。そのため動いているところだけ再描画することにした。ブラウザでは自動的に行ってくれないので,我々が行った。

これで15fpsまで動いた。しかし,これではまだユーザは納得しないだろうと言うことで,また社内のゲーム開発者からボツにされた。

我々は3回目に,描画を高速化してスマートフォンのネイティブアプリケーションと同等にすることを目標にした。画面の再構成をしてゲーム向けの最適化を行った。これでiPhone 4Sで30fps出るようになった。iPhone 5Sなら60fpsも出る。やっと実用化のめどがつき,社内のゲーム開発者から認められた。

その後,DeNAでHTML5のでゲームを作る許可を得た。我々はゲームに関するSDK,ログイン機構なども含めて開発することになった。

正直,HTML5では不利な点も多い

ゲームはユーザが行うものである。我々はユーザが楽しむことができるように,HTML5では不利な点も多いがそれを隠せるように,社内のゲーム開発者の協力を得て開発した。

我々は2つの目的で2つのゲームを開発した。1つは普通のRPGである。もう1つはパズルゲームのような少々複雑なものもHTML5で開発できるということを見せるためのものである。

社内のゲーム開発者には迷惑をかけた。ブラウザによってはできないことがあり仕様を変更していただいたりした。これでようやくユーザに出せる品質の,HTML5のゲームを世に出せた。社内のゲーム開発者には感謝の意を述べたい。

これからDeNAはなにをするのか

HTML5はアプリケーションのようなことができる。DeNAとしては比較対象はスマートフォンゲームである。HTML5は良い面もあれば,良くない面もある。ゲームのプラットフォームとしては正直,不利である。我々技術者はそれを認めてから始めなければいけない。我々は,不利ではあるが,社内でゲーム開発を行うときに包括してHTML5に特化した。これでやっとユーザに届けられるものを開発することができた。今の技術でも何とかなることがわかった。

DeNAはこれからもHTML5でゲームを開発し,ユーザに届けるためにいろいろなことをやって行こうとしている。音が鳴らないゲームについては,技術的に解決しているので音を鳴らすようにしたい。

HTML5でゲームを開発するにはツールやライブラリが未整備なので,まとめたり,OSSとして公開することを考えている。個人的にはGitHubにいろいろとアップしている。

さいごに

DeNAはユーザに楽しんでもらうためにHTML5のゲームを作る。技術者からは,HTML5のゲームというと技術的にすごいと思われるが,ユーザからはスマートフォンゲームと比べられるので,HTML5のゲームはこの程度か,と思われてしまう。今後はそのようなことがないようにして行く。

HTML5をゲームを通して皆さんを喜ばせたい,と言うことを目標に,いろいろとやって行く。自分もHTML5でなにかやりたいと言うことがあれば,ぜひDeNAへのJOINを考えて欲しい。

著者プロフィール

林也寸夫(はやしやすお)

gihyo.jp編集部の中の人。

URL:https://www.facebook.com/clagas2003

コメント

コメントの記入