レポート

LPI-Japan,『エグゼクティブセミナー「HTML5/OSS ビジネスサミット 2014」~新たなビジネスを切り開くHTML5とオープンソース~』レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

閉幕講演:『エンタープライズ分野におけるHTML5の重要性』

閉幕講演として,(株)オープンウェブ・テクノロジー 白石俊平氏が登壇した。

(株)オープンウェブ・テクノロジー 白石俊平氏

(株)オープンウェブ・テクノロジー 白石俊平氏

はじめに

私は普段はWeb系の勉強会などで活動している。そこで感じるのは,最近はエンタープライズ分野の方々もHTML5に関心を寄せていることである。

私は以前はエンタープライズ系で仕事をしていて,今はWeb系で仕事をしていて,どちらの立場もわかるという立ち位置で語る。

今,エンタープライズとHTML5が熱い。

エンタープライズ系からHTML5が注目されている

私はこれまでHTML5に関するイベントを行ってきた。参加者の割合を見ると,Web系45%,エンタープライズ系35%くらいである。年々エンタープライズ系の人の割合が上がってきている。

なぜエンタープライズ系に注目が集まっているのか。大きく分けて2つ理由があるのではないかと私は考える。1つは外部要因,もう1つはHTML5そのものの優位性であると思う。

外部要因

外部要因としては,2014年4月9日(水),Windows XPのサポートが終わる。IE 6のサポートも終わる。WebエンジニアはIE 6をサポートしなくても良くなる。IE 8以上がWebエンジニアがサポートする対象となる。IE 8であればある程度は標準に対応している。

もう1つは業務アプリケーションである。モバイル端末は決して無視できない。それにHTML5は良く合う。一般的にモバイル機器は全社で統一するということは難しいと聞いている。HTML5であれば,そこで同じ業務アプリケーションを配布する際,アプリケーションストアを経由しなくともURLを叩けば良い,と言う状況になる。また開発環境は1種類で済む。

HTML5そのものの優位性

HTML5はかなりパワフルなアプリケーションプラットフォームである。そしてマルチデバイス・マルチプラットフォームやUXの向上がある。こう言った優位性がエンタープライズにとっても強みとなる。

パワフルなアプリケーションと言えるのは,HTML5はオフラインでも動作するからである。たとえばGoogleのオンラインのオフィスツールがある。これまではネットワークにつながっていないと使用できなかった。しかし今はオフラインでも使用できる。オフライン時,変更箇所はローカルに保存される。オンラインになるとそれが同期される。

これのなにがすばらしいと言うと,オフラインですべて動作するので,サーバに保存したりリソースを取りに行ったりしなくとも良いので早い。こればWeb系ではあまり重要視されていないが,エンタープライズ系では注目されている。たとえば,営業職の方がタブレット端末を持って客先でプレゼンをしようとするとき,ネットワークの調子が悪いとプレゼンができなくなるが,HTML5ならオフラインでもプレゼンができる。

HTML5は今でも充分使える

現状では,HTML5はあらゆるブラウザで,モバイルでも充分使える。マルチデバイス・マルチプラットフォームは強みである。多くの環境で動く可能性がある。

HTML5は,ハイブリッドキャスト,EPUB,レスポンシブWebデザイン,UXの向上などが特徴的である。UXとしては,HTML5だけでズームなどもできる。業務アプリケーションでドリルダウンメニューなどで結構使えるのではないかと思う。

昔のWebページは静的なものだった。JavaScriptが使われてきたら,だんだんとリッチになってきた。そしてUXの研究が始まった。

標準化が重要

エンタープライズ系ではIE 6が問題であった。IE 6が標準に準拠していなかったためである。業務アプリケーションを使うときだけIEを使用しないといけないことが多かった。標準ということは非常に重要である。IEは今後,標準に完全対応するとしている。

さいごに

このようにHTML5がエンタープライズで使用されるのには合理的な理由がある。

私はこれまでエンタープライズ系とWeb系の両方で仕事をしてきた。エンタープライズ系にいたときはデザインなどはまったくわからず,知り合いもいなかった。HTML5を中心にしてきたらWebデザイナーと知り合いができ,UX系の知り合いもできた。

エンタープライズ系は,アクセシビリティやUXが良くなく,また迅速さがない。Web系は非常に迅速さがある。しかしWeb系の方々は大規模開発などを知らなかった。

私はHTML5がエンタープライズ系とWeb系の両者をつなぐのではないかと思う。両者の強みが融合してより新しい業務アプリケーション,より新しいWeb開発が出てくるのではないかと考える。

閉会挨拶

最後にLPI-Japan理事長の成井弦氏より閉会の挨拶があった。各講演の要旨をまとめ,本セミナーは終了した。その後,交流会が開催された。

セミナーの様子

セミナーの様子

『エグゼクティブセミナー「HTML5/OSS ビジネスサミット 2014」~新たなビジネスを切り開くHTML5とオープンソース~』
URL:http://www.lpi.or.jp/news/event/page/seminar20140312/
特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
URL:http://www.lpi.or.jp/

著者プロフィール

林也寸夫(はやしやすお)

gihyo.jp編集部の中の人。

URL:https://www.facebook.com/clagas2003

コメント

コメントの記入