レポート

大賞は「北欧,暮らしの道具店」~第1回目となるカラーミーショップ大賞2014開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

GMOペパボ株式会社は,同社が2005年2月から提供しているネットショップ構築サービスカラーミーショップを利用している6万店舗超の中からNo.1の店舗を選出するコンテスト「カラーミーショップ大賞2014」を開催した。

カラーミーショップ大賞2014
http://shop-pro.jp/award2014

栄えある第1回目の大賞は「北欧,暮らしの道具店」

大賞:「北欧,暮らしの道具店」

2014年4月15日,渋谷区文化総合センター大和田伝承ホールにて結果発表および授賞式が執り行われた。

授賞式冒頭にて「これまで10年ネットショップ構築を支援してきた中で,たくさんの素晴らしいネットショップが登場してきました。これからも来店した人がワクワクしてくれるショップが増え続けること,そして,それを支援していくことが自分たちの使命だと感じています。今回,そのモチベーションにもつながって欲しい,そして,何より素晴らしいネットショップがあることをたくさんの方たちに知ってもらいたいという思いから今回のコンテストを開催いたしました」とコメントしたGMOペパボ株式会社代表取締役社長 佐藤健太郎氏

授賞式冒頭にて「これまで10年ネットショップ構築を支援してきた中で,たくさんの素晴らしいネットショップが登場してきました。これからも来店した人がワクワクしてくれるショップが増え続けること,そして,それを支援していくことが自分たちの使命だと感じています。今回,そのモチベーションにもつながって欲しい,そして,何より素晴らしいネットショップがあることをたくさんの方たちに知ってもらいたいという思いから今回のコンテストを開催いたしました」とコメントしたGMOペパボ株式会社代表取締役社長 佐藤健太郎氏

今回,1次審査によって48店舗が選出され,その中から,同日に大賞を始めとした8つの賞の受賞店舗が決定した。

大賞を受賞したのは,株式会社クラシコムが運営する「北欧,暮らしの道具店」⁠

同社は「フィットする暮し,探そう。- Let⁠s search a fitting life.」というビジョンのもと,北欧のライフスタイルを提供することを目的に,北欧のアイテムを中心とした商品を販売している。中でも,日々更新されるミニコラムにより,商品の価値を高め,ファンをつくりあげていくなど,独創的な世界観をつくっているのが特徴のネットショップである。今回の審査に関しては,審査員一同満場一致での大賞選出となった。

青木氏は受賞にあたり次のようにコメントした。

「栄えある賞に選んで頂き,スタッフ一同大変光栄に感じるとともに,大いに喜んでいます。これまでも日々お客様に必要とされるメディアでありたい,またお取引先さまや従業員にとって関わる甲斐のある事業でありたいと願ってきました。

今回弊社サイトを支えるシステムベンダであるGMOペパボさまより⁠カラーミーショップ大賞⁠を頂けたことは,目指してきたことの一端を審査員の方々含めて認めていただけたのかなとしみじみ嬉しく思っています。

今後も賞に恥じぬよう,より皆さんに価値を感じて頂ける事業運営に努めて行きたいと思います」⁠

大賞を受賞した株式会社クラシコム代表取締役 青木耕平氏。GMOペパボ代表佐藤氏より,副賞100万円の目録を受け取る

大賞を受賞した株式会社クラシコム代表取締役 青木耕平氏。GMOペパボ代表佐藤氏より,副賞100万円の目録を受け取る

その他,各賞は以下のとおり。

デザイン賞
(株式会社マイナビ選出)
ブエノチキン浦添
運営賞
(株式会社技術評論社選出)
SOU・SOU(ソウ・ソウ)
PR賞
「FLCパートナーズストア」
(株式会社翔泳社選出)
FLCパートナーズストア
新人賞
(ランサーズ株式会社選出)
D⁠COLLE(ディーコレ)
特別賞 邪悪なハンコ屋 しにものぐるい
HATCH
ANNOKI Pattern

ここ数年のネットショップ界隈は,ショップそのものの知名度はもちろんのこと,それを支える支援技術・支援サービスが盛り上がり,非常に注目が集まっている。今回のようなコンテストは,ネットショップ・EC業界をさらに盛り上げていくきっかけになるのではないだろうか。

受賞者,主催者,審査員による記念写真

受賞者,主催者,審査員による記念写真

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入