レポート

『【ヒカ☆ラボ】起業を目指す皆様へ!! 必見!! フリーランスが法人化をするメリット,デメリットお教えします!!』レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2014年4月14日(月)⁠レバレジーズ⁠株⁠主催のイベント【ヒカ☆ラボ】にて「起業を目指す皆様へ!! 必見!! フリーランスが法人化をするメリット,デメリットお教えします!!」が開催されました。当日は参加者のほとんどがエンジニアの方でしたので,SEの方が法人化する際の話をイメージして講演されました。今回はそのセミナーでの内容をピックアップしてレポートいたします。

フリーランスの方は法人化に関して興味を持たれている方が非常に多いそうです。講師の小池康晴氏は,このような法人化関連はどうしても書籍に載っているような内容になってしまうと語りつつも,会場では個別ケースに掘り下げてお話しくださいました。

本レポートの内容
  • 個人事業主と法人,何が違うのか
  • 法人化のメリット
  • 法人化のデメリット
  • 法人化の手順
  • まとめ

写真1 小池康晴氏

写真1 小池康晴氏

講師プロフィール

小池康晴(こいけやすはる)
あおば法律会計事務所 共同代表/レバレジーズ⁠株⁠ 顧問税理士

<略歴>
H9年 中央大学商学部会計学科卒
H12年 税理士試験合格
H17年 あおば法律会計事務所 共同代表
H25年 現在に至る

<現在の顧問先数>
法人80件,個人90件,セカンドオピニオン多数

個人事業主と法人,何が違うのか

図1 個人事業主と法人,何が違うのか?

図1 個人事業主と法人,何が違うのか?

個人事業主と法人での大きな違いは,

  • 税率
  • 経費算入のルール

とのことです。

税率

法人化すると割安な税率になります。ただし単純なパーセンテージでは判断できません。ネットでの情報では税率テーブルのトリックの話はあまり出てこないのですが,実はかなり重要だそうです。

経費算入のルール

経費参入のルールがどれだけ節税効果があるのかということについても,法人化のメリットとして話していただきました。

また,法人になると面倒になるのではないかと思われている方は多くいますが,基本的な利益なども個人事業主とあまり変わらないようでした。

法人化のメリット

図2 法人化のメリット①

図2 法人化のメリット①

法人化のメリット①として税収面の説明です。

このあたりはネットでもよく見る情報ですね。税率面での差を見ますと年収が900万円くらいのケースで法人化されると約100万円程の差が出そうです。

法人税は最近減税の方向に向かっており,これは政権が変わってもあまり変わらない流れがあるそうです。一方,所得税は増税の方向に進んでいるそうです。そのため,将来的に個人事業主と法人の税率面での恩恵はますます差が開いてくることが予想されます。

図3 参考① 所得税率表

図3 参考① 所得税率表

こちらは,先程お話に出てきました税率テーブルのトリックです。所得税には控除額と言うものがあり,見た目の「実効税率」は小さくなるそうです。

上記の表を参考にすると年収900万円の場合,

  • 900万円-900万円×33%+153.6万円=756.6万円

となります。

ただし,法人税の場合は実効税率などはないために税率がそのまま所得から引かれる形になってしまいます。これが税率テーブルのトリックであり,インターネットのサイトでは説明している所が少ない情報だそうです。

図4 法人化のメリット②

図4 法人化のメリット②

続いて法人化のメリット②も税金面のお話です。

法人化することで個人事業主では事業所得だったものを給与所得に切り替えることができるとのこと。給与所得に切り替えることにより給与所得控除の適用が受けられるようになります。

ここで説明された給与所得控除は見逃せない程度の額ですね。スライドのケースの場合,100万円以上経費が増えるので税金はかなり安く抑えられます。600万円くらいでも25万円/年くらいはお得になる計算ですね。

図5 法人化のメリット③

図5 法人化のメリット③

法人化のメリット③は経費算入の範囲が広がることです。

法人化することによって家族への給与支払や車両経費,社宅が主に経費として算入できるようになります。個人事業主は自宅を事務所として計上している方も多いそうですが,注意を要するところも。

実は,昨年の秋に保険会社で働いている個人事業主の方が自宅を事務所として計上していたところ,裁判で敗訴したという判例があったそうです。自宅を事務所として計上することは,以前と比べると徐々に厳しくなってきているということでしょうか。とくにデータの持ち出しができず,自宅であまり仕事ができていないような方は注意が必要です。

法人化して社宅とした場合,一定額を控除することはOKとのことでした。

法人化することでのメリットには他にも,生命保険料も経費算入が可能になるということが挙げられます。保険会社も節税対策になる商品を作ってきているので,最終的な利益調整がしやすくなるそうです。

著者プロフィール

林英司(はやしえいじ)

前職はまったく違う業界だったが,より挑戦できる環境があったレバレジーズ(株)に入社。経歴関係なく実績を出せば次々に新しい仕事ができる現状に強くやりがいを感じている。仕事上,常に意識していることは「相手の想像を上回る」。少しでもモテようと生活感を出さずにミステリアスぶっていたら「ノリが悪い」「性格が悪い」「キモい」という事実無根なレッテルを貼られてしまったことが最近の悩み。

コメント

コメントの記入