レポート

世界からアプリをPublish!~Microsoft主催のグローバル開発イベント「//Publish/」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2014年5月17,18日の2日間(※一部の国・会場では16,17日)⁠Microsoft主催のグローバルイベント「//Publish/」が開催されました。

このイベントは,世界に散らばった60会場で同時開催となった,イベントとコンテストを組み合わせたもので,名前のとおり,ストアアプリを「Publish(申請)⁠することを目的に,実際に企画を考え,アプリを実装するために用意されました。

日本では,日本マイクロソフトが中心となって,天王洲にあるサムライスタートアップアイランドにて,総勢34名が集まって行われました。ここでは,その模様をお届けします。

とにかくPublishをすること

日本の開催時間は,5月17日朝10:00から,翌5月18日夕方16:00まで。この間に,個人で,あるいはチームに分かれて,各々が真剣に開発に取り組みました。

今回のイベント全体の進行を務めた日本マイクロソフト株式会社テクニカルエバンジェリストある武田正樹氏

今回のイベント全体の進行を務めた日本マイクロソフト株式会社テクニカルエバンジェリストある武田正樹氏

//Publish/イベントのサポート役の1人,MVP(エキスパート)の初音玲氏より開催にあたっての挨拶が述べられた

//Publish/イベントのサポート役の1人,MVP(エキスパート)の初音玲氏より開催にあたっての挨拶が述べられた

この「//Publish/」は,Windows関連のソフトウェア(Windows 8.1向け/Windows Phone向け/クロスプラットフォーム向け)の質と量の向上を目的に,世界で同時開催されるもので,とくにこの週末に関しては集中して開催することを目的として,ハッカソンをふくめたプログラムが用意され,オンラインでのセミナーに加えて,各地域ごとでのプレゼンテーションやコンテスト,また,地域をまたいだ共同開発などが行われました。

会場となったSamurai Startup Islandでは,参加者が各々のスタイルで開発を進めた

会場となったSamurai Startup Islandでは,参加者が各々のスタイルで開発を進めた 会場となったSamurai Startup Islandでは,参加者が各々のスタイルで開発を進めた

集中して開発,初心者でも参加できるようなさまざまなプログラムも用意

ここ日本では,日本マイクロソフトの社員に加えて,各テクノロジーのExpertやMSP(Microsoft Student Partners)など,多彩な顔ぶれが参加し,みんなで開発をする他,初心者向けにはExpertによる集中セッションが行われたり,その場でのアドバイスなど,リアルイベントならではのプログラムが用意されていました。

定期的にMVPによるショートプレゼンやワークショップが行われ,初心者にとっても参加しやすい内容となっていた

定期的にMVPによるショートプレゼンやワークショップが行われ,初心者にとっても参加しやすい内容となっていた

開催中は,昼食や夕食も同じ会場内にて。多数の弁当や飲料,菓子などが用意され,自分たちのタイミングで食事をし,開発をし,議論をし……と,まさにアプリ開発に集中できる空間となっていたのが印象的です。

昼や夜には食事の用意がされ,飲料はつねに飲みたいときに飲めるようになっていた

昼や夜には食事の用意がされ,飲料はつねに飲みたいときに飲めるようになっていた 昼や夜には食事の用意がされ,飲料はつねに飲みたいときに飲めるようになっていた

ケニアとコラボレーション

今回,日本マイクロソフトとMicrosoft ケニヤチームとのコラボレーションも実現しました。グローバルイベントならではということで,⁠時差を意識したタスク管理ツール」の開発を共同で行ったとのこと。ただ,残念ながら現地のインフラの問題から(インターネット回線の不通により)⁠コミュニケーションがうまくとれず,完成には至らず。

本プロジェクトに参加していたMSP松原氏は次のようにコメントしており,//Publish/を機に,今後も現地とのコミュニケーションや共同開発に取り組みたい意向を示しました。

⁠もともとのきっかけは,ケニアのMSPと会ったことでした。そこで,共同で何か制作しよう,というところから始まったのです。このとき,自分たちが何かを作るときに課題と感じていた,

  • 複数メンバーの参加
  • タイムゾーンの差異
  • 上記を前提としたときのタスク管理
をそのまま解決できるものを作ったら良いのではということで,アイデアが決まりました。ただ,今回残念ながらケニア側の気候の問題で,電力関係のインフラが不安定となり,通信がとれなくなってしまったのです。また,時差が会ったことで,//Publish/内で十分に時間が取れなかったのも残念でした。

とは言え,何度かはやりとりできましたし,これをきっかけに定期的にMTGをセットするなどが決まり,モチベーションが高まったのは事実です。これからが楽しみですね。

少ない中でのやりとりで気づいたポイントとしては,サーバのデータセンターのリージョンをどこに置くかなど,そういった離れた地域で意識するポイントを体感できたことは大きかったと思います」⁠

ケニアとのやりとりをしている様子

ケニアとのやりとりをしている様子

公式ページを通じ,全60地域の様子がストリーミングされていた。真ん中の数字(344)が世界各地でPublishされたアプリケーションの数を示している

公式ページを通じ,全60地域の様子がストリーミングされていた。真ん中の数字(344)が世界各地でPublishされたアプリケーションの数を示している

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入