レポート

さあ,創ろう!「HTML5 Japan Cup 2014」ハッカソン#1 フォトレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

HTML5 Japan Cup 2014(5jCup)と連動したハッカソンが4月26日に行われ,ハッカソンでの成果をそのまま5jCupへ応募できるような作品が多数生まれました。どんなモノができ上がったのか,さっそくイベント風景をレポートします!!

参加者全員での記念撮影

参加者全員での記念撮影

会場はエンジニア・Webクリエイターのための無料イベントスペース「21cafe」で行われました。

テーマ・賞の説明/スポンサー企業からのアピールタイム

まずは「html5j」運営主催の白石氏より5jCupのテーマ・賞についての説明がありました。参加者はノーアイデアで来ても,さまざまなテーマの中から興味があるものを見つけることができます。

画像

そして,5jCup連動ハッカソンの特徴の1つに,スポンサー企業との交流があります。

今回はニューフォリア様,アシアル様から自社サービスを使った賞について,5分で説明していただきました。参加者の方々はここでのアピールを聞いて,アイデアを膨らませたり,狙う賞を具体的にイメージします。

ニューフォリア 近藤さん

ニューフォリア 近藤さん

アプリカンハイブリッドアプリ賞

アプリカンハイブリッドアプリ賞

アプリカンはマルチデバイスのアプリ開発を「より早く」⁠より安価に」実現するためのアプリ開発支援サービス,HTML5でiPhone,Androidに対応したアプリ開発が簡単にできます。

アシアル 塚田さん

アシアル 塚田さん

Monaca/Onsen UIでネイティブアプリ賞

Monaca/Onsen UIでネイティブアプリ賞

HTML5ベースのUIフレームワークOnsen UIの紹介。MonacaやOnsen UIを使って開発すれば,複数のプラットフォーム賞に同時に応募ができます,

アイデアソン/チームビルディング

今回すでにアイデアがある!という参加者は一人だったため,まずはアイデアソンを行いました。前回の公式アイデアソンに続いて,今回もスポンサーの方々に参加していただきました。

エンジニアとデザイナーさんの人数を調整し,4~5人からなる5チームでアイデアソン

エンジニアとデザイナーさんの人数を調整し,4~5人からなる5チームでアイデアソン エンジニアとデザイナーさんの人数を調整し,4~5人からなる5チームでアイデアソン エンジニアとデザイナーさんの人数を調整し,4~5人からなる5チームでアイデアソン

各チームアイデアを発表し,午後からのハッカソンに向けチームを構成します。花王さんの賞を狙う「チーム花王」やセサミのキャラクタ素材を活かしたチームなど,個人チームを含め,9チームとなりました。

本番!ハッカソン!

午後からはがっつり4時間ハッカソンです。

最初からパソコンを突き合わせるチーム,5jCupを見据え,仕様をしっかり固めるチーム,スポンサーさんから情報を聞き出す方も。

画像 画像 画像

3時半にはお菓子も追加投入され,もくもくハッカソンぶりで,あっという間に4時になりました。

画像 画像

プレゼンに向けてしっかり動くかどうか,ラストスパートです。

画像

著者プロフィール

宮本優貴(みやもとゆうき)

NTTコミュニケーションズ 研修の身

Twitter:@y__miyamoto
FaceBook:https://www.facebook.com/miyamotobf

コメント

コメントの記入