レポート

世界コスプレサミット公認アプリが決定! ~急きょ2本が最優秀賞に~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

ラブ☆パカのステージでコンテスト開始!

画像

6月21日,パソナグループ本社において「アプリコンテスト2014『最終選考審査会』⁠が開催されました。司会は,おなじみの地球連邦軍(機動戦士ガンダム)の制服に身を包んだハブロ=レイさん,アシスタントは,⁠ブレイドアンドソウル」のジン・ハズキのコスプレをした"みゃこ"さんが勤めました。

司会のハブロ=レイさんと,アシスタントの"みゃこ"さん

司会のハブロ=レイさんと,アシスタントの

開会に先立ち,世界コスプレサミット実行委員会の代表である小栗徳丸さんは,⁠8月2日に名古屋市の栄で開催されるWCS 2014は,今年で第12回という歴史があります。でも,コスプレイヤーさんや来場者さんの声を聞けていたかというと疑問でした。今回,パソナテックさんがアプリコンテストの機会を作っていただいたことで,コスプレイヤーさんや来場者さんの声を聞くことができました。さらに,そこにITの力が加わって,本当に皆さんのためになるアプリが生まれる瞬間に巡り会えたと思っています」と述べました。なお,小栗さんは脳波に反応して動く猫耳を装着して審査に臨みます。

世界コスプレサミット実行委員会の代表である小栗徳丸氏

世界コスプレサミット実行委員会の代表である小栗徳丸氏

続いてハブロ・レイさんが,今回のアプリコンテストについて説明しました。WCSに向けたアプリコンテストは4月26日からスタートしましたが,コスプレイベントと連動するアプリを制作するのに,⁠コスプレイヤーさんのことがわからない」という声があったといいます。そこで,コスプレイヤーさんと一緒にアプリを開発する「コスプレソン」というイベントを開催しました。実際にコスプレイヤーの方々にヒアリングを行い,それを元にアプリを企画するというものです。コスプレソンは東京,大阪,名古屋,そして福岡の4都市で開催されました。

福岡は当初,開催予定はなかったのですが,⁠ぜひやって欲しい」というコスプレイヤーさんの意見を受けて,急きょ開催されました。合計120名くらいの方々にお越しいただき,100件くらいの応募がありました。名古屋では初めてコスプレイヤーさんが審査も行い,満点が出ました。福岡では参加者の半数が熊本から来るなど,それぞれ個性的なコスプレソンとなりました。でも中には,すべてのコスプレソンをコンプリートした強者のエンジニアさんもいたといいます。そして,いよいよ今回,公認アプリが決定します。

続いて,⁠ラブ☆パカ」がミニステージを行いました。⁠ラブライブ」のコピーユニットである彼女たちは,東京で開催されたコスプレソンにも参加して,アイデアを提供してくれました。⁠輝夜の城で踊りたい」「Music S.T.A.R.T!!」の2曲を熱演し,コンテストに花を添えました。

「ラブ☆パカ」さんのミニステージ

「ラブ☆パカ」さんのミニステージ

途中,みゃこさんを交えて「撮影タイム」

途中,みゃこさんを交えて「撮影タイム」も

そして,みゃこさんが本コンテストについて説明を行いました。本コンテストでは,コスプレイヤーの方々,世界コスプレサミットにご来場の方々,そして地域活性にちなんだアイデア,またはWebアプリケーションを開発していただきました。その上位9組のファイナリストの方々に最終プレゼンテーションを行っていただきます。

プレゼンテーションは1チーム6分間,その後,審査員による質疑応答という流れになります。審査の結果,パソナテック賞と最優秀賞が決定され,最優秀賞はWCS 2014の公認アプリとして認定され,各メディアにPRされます。

審査員は,世界コスプレサミット実行委員会の代表である小栗徳丸氏,株式会社パソナテック代表取締役社長の吉永隆一氏,WCS2013の日本代表であった万鯉子さん,FRANさんの4名が勤めます。そして,今回プレゼンを行う9組のファイナリストは次の通りです(発表順)⁠

  1. ウィンクル
  2. COSPITALITY
  3. Nanto Apps
  4. TEAM jig.jp
  5. Nakayoshix's Knight
  6. となりのジョー
  7. コスバトル
  8. TEAM GINZA
  9. コスレイダー

審査員の皆さん

審査員の皆さん

コメント

コメントの記入