レポート

憧れがチカラになった2日間!─「SQUARE ENIX GAME CAMP」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2014年6月7~8日,14~15日の各2日間,スクウェア・エニックス本社において,Life is Tech !とスクウェア・エニックスの共催により「SQUARE ENIX GAME CAMP」が開催されました。第1回は約80名,第2回は約120名の中高生がゲームの聖地とも呼べるこの場所で,⁠さあ,冒険をつくろう。」をテーマに個性あふれるゲーム作りに挑戦しました。

画像

2日間にわたるこのキャンプを企画したLife is Tech !は,2010年の設立以来中高生向けのIT教育プログラムを展開している企業で,個性や創造力を引き出すカリキュラム,厳しい研修を積んだ大学生メンターによるフォローなど,独特のスタイルが評価され話題を呼んでいます。今回,14日から始まった第2回のキャンプを取材させていただくことができましたので,その様子をお伝えします。

開始直後の自己紹介の様子。手前に見える「脳内シート」に興味のあることを書いて紹介に使っています

開始直後の自己紹介の様子。手前に見える「脳内シート」に興味のあることを書いて紹介に使っています

独習スタイルのカリキュラムとそれを支える「?」

教育プログラムといっても講師の話をみんなで聞いて学習する時間はありません。5~6人ごとのグループになって各自テキストを見ながら開発を進めていくのがこのイベントのスタイルとなっています。わからないことがあっても心配ありません。次の写真にあるような札を立てておくと,グループに1人ついているメンターが教えに来てくれるという仕組みがあります。この札は,疑問があっても聞きづらい子供を助けるために発案されたそうです。

「?」札。このようにPCに付けて使います。

「?」札。このようにPCに付けて使います。

タブレットでテキストを確認し,マルチスクリーンで開発を進めます。メンターに教えてもらうほか,参加者同士で教え合う姿も見られました

タブレットでテキストを確認し,マルチスクリーンで開発を進めます。メンターに教えてもらうほか,参加者同士で教え合う姿も見られました

参加できるコースは,レベルや興味に合わせて,GameSaladを使った2Dゲームコース,enchant.jsを使った2Dゲームコース(応用プログラミング)⁠Unityを使った3Dゲームコースの3つに分かれています。⁠GameSalad」「enchant.js」は日本ではそれほどメジャーなものではありませんが,⁠GameSalad」は直感的に操作でき,入門に適しているため,⁠enchant.js」は導入が容易であることと,短時間でそれなりの形に仕上げられることから選ばれたとのことです。

開発の合間には「謎解き」も,同じ興味を持った仲間との出会い

お昼休みなどのタイミングでは謎解きのアクティビティが織り込まれています。メンターを含めグループで知恵を絞っていました。

画像

こうした活動で参加者同士の交流が深まるのも魅力のひとつです。参加者からは「学校ではゲーム開発の話題を話せる人がいないけれど,ここでは同じ趣味をもっと人と出会える」との声も聞かれました。

コメント

コメントの記入