レポート

Qtのフラッグシップイベント「Qt Developer Day Tokyo 2014」開催レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

5/20(火)に秋葉原コンベンションホールで開催したQt Developer Day Tokyo 2014は,約300名の参加者を集め,大盛況のうちに終了しました。

参考
Qtのフラッグシップイベント「Qt Developer Day Tokyo 2014」5月20日に秋葉原で開催

「Qt Developer Day」はマルチプラットフォームGUI開発フレームワーク"Qt"の最新情報に関するセッションやトレーニング,Qtを使用する上でのアドバイス等,初心者から熟練者までの幅広い層を対象としたイベントです。例年アメリカとドイツで開催され,多くの参加者を集めるフラッグシップイベントで,日本では初の開催となりました。

会場内の大パネル

会場内の大パネル

このほどセッション資料,基調講演の動画等が公開されましたので,これに合わせて開催レポートをお送りします。

基調講演「現代のアプリケーション開発の最前線にあるQt」

午前中は,会場2階ホールで基調講演が行われました。

会場前の通路には,主催のDigia,スポンサーであるSRA,Wind River,QNXソフトウェアシステムズと,日本Qtユーザー会が展示するデモが並んでいます。朝の9時から会場に集まり始めたたくさんの参加者は,デモを眺めながら開始を待っていました。

受付を待つ来場者。会場外まで伸びる長蛇の列

受付を待つ来場者。会場外まで伸びる長蛇の列

開始時間には300以上ある席がほぼ満席となりました。Digiaの副社長であるJuhapekka Niemiによる挨拶の後,基調講演が始まりました。

最初の基調講演はDigiaの上級副社長であるTommi Laitinenによる「技術の壁を打ち破る:現代のアプリケーション開発の最前線にあるQt」です。このセッションでは,Digiaのフォーカスポイントに触れつつ,1年間のQtの動きを振り返ります。

振り返りでは,2013年10月にリリースされたQt Enterprise Embeddedについての紹介の他,昨年12月リリースされた5.2のダウンロード数が100万を超えたことに触れ,さらにイベント当日となる5月20日に5.3がリリースされたことが発表されました。

また,増加傾向にあるQtアプリケーションのマルチスクリーン化と,それを実現するために有効な手段として,アプリケーション管理,DB管理,ストレージサーバ管理といったバックエンドに必要な機能をクラウド提供する新サービスであるQt Cloud Services等の紹介がありました。

そして,研究開発への投資を強化してQtユーザへ貢献し,50万人を超えるQtユーザの95%以上が満足もしくは非常に満足と感じている状況を更に好転させたいと宣言し,スピーチを締めました。

満員となった基調講演会場

満員となった基調講演会場

基調講演2「Qtのあゆみ」

続いて壇上に立ったのは,DigiaのCTOかつQt ProjectのChief MaintainerであるLars Knollです。⁠Qtのあゆみ:我々の今とテクノロジーの向かう先」というタイトルで講演が行われました。

Qtが20年前に2人の開発者が立ち上げたプロジェクトから始まり開発が進んでいった経緯の話から入り,恐らく会場のほとんどの参加者が最も興味を持っていた直近のQtの動向や今後のプランを語ります。

この1年で,Qtのバージョンは5.2,そして5.3へとバージョンアップされました。大きな変化として,Android,iOS,WinRT等の新たなプラットフォームでのサポート開始に加え,Positioning,Bluetooth,NFCといった新たなモジュールや,Qt QuickコンテンツをWidgetベースのアプリケーションに統合する新たなクラス QQuickWidget,QMLを事前にコンパイルすることでロード時間とパフォーマンスの高速化が可能なQt Quick Compiler等の追加,QtCreatorの3.0/3.1 リリース,他いくつかの機能追加や強化点が挙げられました。

また,事前に構築されたQtベースのソフトウェアスタックを提供することでデプロイ等組込み開発の準備手順をなくし,開発期間短縮に寄与するソリューションであるQt Enterprise Embeddedや,Qt WebKitからの移行が予定されているChromiumベースのHTMLレンダリングエンジンQt WebEngine,前述のQt Cloud Services 等がフィーチャーされていました。

今後の見通しとしては,Qt5.4が今年の10~11月ごろ,5.5は来年の4~5月のリリースが予定されているそうです。また,組込み機器向けにに特化した付加価値やパフォーマンス向上といった今年の研究開発における注力分野について発表し,最後に,Qt 5.3でのデスクトップ側での強化によりQt4から5への移行が容易になっているためぜひ移行して欲しいとメッセージを残し,セッションは終了しました。

コメント

コメントの記入