レポート

企業が“本当に求めているもの”を提供する ─「AWS Summit Tokyo 2014」2日目キーノートレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

7月17,18日に品川で開催された「AWS Summit Tokyo 2014」⁠2日目のキーノートはアマゾン データ サービス ジャパン⁠株⁠代表取締役社長の長崎 忠雄氏が登壇しました。前日のAmazon.com CTO,Werner Vogels氏の話を引き継ぎ,おもにエンタープライズコンピューティングにおけるクラウド,そしてAWSの圧倒的なメリットをさまざまな例をあげて紹介していきます。

イノベーションを起こすには「どれだけたくさん失敗できるか」

長崎氏はこの1年で企業の規模を問わないAWSの利用がさらに進んだことを紹介し,今回のAWS Summit TokyoのセッションもほとんどがAWSの顧客によるセッションであると続けます。⁠世界を見ても,これだけお客様のセッションが多いイベントはない」⁠長崎氏)⁠この流れから,今,コンピューティングはテクノロジの転換期を迎えていると言う長崎氏が引用したガートナーによるIaaSの調査報告では,⁠何がクラウドに移行できるか,ではなく,クラウドに移行できないものは何かを考える顧客が日々増えている」とその変化を表現しています。

長崎 忠雄氏

長崎 忠雄氏

クラウドが求められている一番の理由として,長崎氏は「アジリティ」⁠機敏性)を挙げました。Dropboxや前日のキーノートでVogels氏が例に挙げたAirbnbなど,わずか数人で始めたサービスが短期間のうちに世界規模になるという「凄まじい勢いの成長」⁠長崎氏)を達成できたのは,クラウドあってのものというのもうなずけます。

こうしたイノベーションを起こすには,できるだけ多くの実験を行い何回も失敗すること,そしてこのようなトライアル&エラーにかかる時間を短縮することが鍵となります。これをスピードアップすることで,イノベーションを起こす可能性は大きく高まります。⁠決められたレールを走るやり方より,これからはトライアル&エラーをできるだけ短期間に数多くこなすやり方が増えていく」⁠長崎氏)⁠

スピードこそが重要に

スピードこそが重要に

また顧客企業を支援するため,AWSは新機能の追加を次々と行っていますが,機能だけはなく,それぞれの性能をグレードアップさせる動きも怠りません。たとえばEC2インスタンスタイプで言えばM1,T1からM3,T2へ,CPUタイプもC1等からC3へ…といったように個々の性能も世のハードウェアの動きに合わせて上がっています。さらにこれらはすべて自動的にグレードアップさせることも可能です。

ここで最初のゲストとして⁠株⁠ガリバーインターナショナル 行役員の許 哲氏が登壇しました。同社は中古車販売の大手ですが,LINEのAPIを使った自動車の情報通知システム「Drive+」を発表し,話題を呼んでいます。

Drive+はLINEのスタンプを送信するだけで情報を取得し,広い駐車場でのクルマの位置情報や駐車時間,あるいは走行距離に応じた燃料の残量を計算して給油のタイミングを通知するといったさまざまな情報機能をもつサービスです。自動車メーカが取り組んでいる今話題の「コネクティッドカー」に,今乗っているクルマを近づけるという発想だそうです。⁠こうした機能は未来のこと,これから販売される新車にしか語られていない。今日本だけでも7000万台以上走っている,その車に何ができるかを考えたい」⁠許氏)⁠

このサービスの基盤として使われるのがAWSです。7月17日に東京リージョンでのサービス開始が発表されたKinesis,そしてモバイル同期,認証サービスのCognitoといった新しい機能が使われているのも特徴的です。

Drive+で使われているAWSコンポーネントを紹介する許 哲氏

Drive+で使われているAWSコンポーネントを紹介する許 哲氏

こうしたユーザの求める新しい機能をお客に代わって追加していくのもAWSの仕事だと言います。

2014年になってすでに160以上の機能を追加しているというAWSとオンプレミスを比較して,かたや1ヵ月で新しいサービスが次々追加され自動的にアップグレード,すぐに利用できる環境,もう一方は一度導入したら4,5年は同じものをメンテナンスするだけ,⁠どちらを選ぶかは明白でしょう」⁠長崎氏)⁠

そして今,日本のユーザが最も望んでいるのが,UI,つまりマネジメントコンソールの日本語化です。そこで現在開発中の日本語マネジメントコンソールのプレビューが行われました。デモを行うのはアマゾン データ サービス ジャパン⁠株⁠のテクニカルエバンジェリスト,堀内康弘氏です。

日本語マネジメントコンソールをデモする堀内氏

日本語マネジメントコンソールをデモする堀内氏

こうした改良の他,AWSが特徴的なのは低価格路線です。前日のキーノートでも触れられた,2006年以降行われた44回の値下げの他,オンデマンドや予測してリソースを確保する「リザーブド」といった細かい特別料金の設定,そしてボリュームディスカウントや大口ユーザ向けのカスタム価格の設定など,さまざまな割引き設定がありますが,さらにこれらをどう組み合わせると安くなるかをアドバイスする仕組みもあります。⁠競合がない中でなぜ安くするのか? ─それがフィロソフィだから」⁠長崎氏)⁠

著者プロフィール

小坂浩史

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

コメント

コメントの記入