レポート

“つながりによる消費”から生まれる新しいECを目指して~LINE Showcase 2014 Aug.開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

“Pull Commerce”を目指して

LINE株式会社は2014年8月27日,LINE Showcase 2014 Aug.を開催し,同社のECサービス「LINEモール」の新機軸について,新サービスとともに発表を行った。コンセプトは⁠つながりによる消費⁠だ。

今年2回目となるLINE Showcase 2014 Aug.のメイントピックは同社のECサービス「LINE MALL」⁠⁠2014年3月にリリースして以降着実にユーザ数を伸ばしている」と述べたのは,同社上級執行役員 島村武志氏。

LINE株式会社上級執行役員 島村武志氏。「ECはまだまだこれからの分野」と力強く述べた

LINE株式会社上級執行役員 島村武志氏。⁠ECはまだまだこれからの分野」と力強く述べた

この5ヵ月間の取り組みや実績をもとにしたEC全般に対する考察を述べ,⁠これまでのECは検索ショッピング,すなわち⁠Pull Commerce”」であり,⁠ECという市場を考えたときの)余白はまだまだ余っているとしたうえで,⁠LINEが目指すのは,新しいEC,⁠Push Commerce”」と,次に向けた戦略を述べた。

LINEが目指す新しいEC,“Push Commerce”

LINEが目指す新しいEC,⁠Push Commerce”

LINEが考える“Push Commerce”のカギを握るのが,この方程式。右端の“商品との出会い”を最大化していくことがLINEが目指すもの

LINEが考える⁠Push Commerce⁠のカギを握るのが,この方程式。右端の⁠商品との出会い⁠を最大化していくことがLINEが目指すもの

そして,このあと一気に5つの新サービス・新展開の発表を行っていった。

LINE グループ購入

まず最初に発表されたのは,明日8月28日サービスインとなる「LINE グループ購入」⁠その名のとおり,LINE上でのグループを通じて,複数名による商品購入が可能となるもの。これにより,1ユーザが特定の商品を買うよりも低価格で購入できる。

LINE グループ購入のイメージ

LINE グループ購入のイメージ

さらに,複数の購入者はそれぞれが個別に決済でき,さらに,受取先も個別に指定できるのが特徴だ。

使用するには,誰か1名を通じたLINEのつながりが必要で,仮に同時購入者内にLINEフレンドになっていないユーザ同士が含まれていても利用できる。この点について,島村氏は「もしそこで新しいLINEのつながりが生まれれば,まさに私たちが目指す,つながりによる消費の波及効果だと考えています」と述べた。

LINE ギフト

続いて発表されたのが,⁠LINE ギフト」⁠

これは,LINEでつながっている友人にギフトが贈れるというもの。最大の特徴は,贈る相手の住所がわからなくとも,LINE経由で相手を指定でき,受け取る側も住所非公開の状態でも受け取れる点。

LINE ギフトのイメージ

LINE ギフトのイメージ

また,LINE グループ購入と同じく,複数名で購入し,特定のユーザにギフトを贈る機能が用意されているため,たとえば,会社内,学内などの友人・知人に向けた複数名によるプレゼントも可能となる。

リリースは2014年秋以降の予定。

LINE マルシェ

次は,すでにテストが実施された「LINE マルシェ」が発表された。

これは,LINE MALLと産地直送を掛け合わせたサービスで,生産者と購入者を,LINE MALLを通じてつなげるというもの。たとえば,収穫したての農作物や水揚げされたばかりの水産物を,産地からのベストタイミングで発送し,消費者は購入できるようになる。

リリースは2014年内の予定とのことだ。

LINE セレクト

4番目に発表されたのはリアル店舗とLINE MALLのコラボレーションとなる「LINE セレクト」⁠この名前は,セレクトショップとのパートナーシップから付けられたもの。現存するセレクトショップの商品を,LINEモール上で購入できるようになる。

今回のShowcaseでは具体的なセレクトショップ名は発表されなかったが,すでに数店舗との交渉が進んでいるそうで,2014年内にはスタートされる予定。

LINE クリエイターズモール

今回最後に発表されたのは,クリエイターたちを支援するためのプラットフォーム「LINE クリエイターズモール」だ。

これは,クリエイターと工場をつなぐもので,クリエイターがてがけたハンドメイド商品を,LINE クリエイターズモールが大量製造できるようサポートするもの。

公開時期は未定となっているが,発表の際に島村氏が述べた「LINE発のブランド」が誕生すれば,新しいEC,製造業の姿が見えてくるのではないだろうか。

改めて“つながり”にフォーカスを当て,新しいECの世界へ

最後に,質疑応答が行われ,同社上級執行役員/CSMOの舛田淳氏も登壇も登壇した。

最後の質疑応答には,島村氏に加えて,同社上級執行役員/CSMOの舛田淳氏も登壇。舛田氏は「LINEはつねにタイミングを見ながら発表を行っていす。そして,いずれのサービスも“LINE”を通じて生まれていることが最大の強みになるのです」と,類似サービスとの差別ポイントが“LINE”をプラットフォームとしたサービスであることを強調。まさに,LINEというつながりを最大限活かした次世代のECの世界が見えてきた

最後の質疑応答には,島村氏に加えて,同社上級執行役員/CSMOの舛田淳氏も登壇。舛田氏は「LINEはつねにタイミングを見ながら発表を行っていす。そして,いずれのサービスも⁠LINE⁠を通じて生まれていることが最大の強みになるのです」と,類似サービスとの差別ポイントが⁠LINE⁠をプラットフォームとしたサービスであることを強調。まさに,LINEというつながりを最大限活かした次世代のECの世界が見えてきた

舛田氏は,これまで開催された「LINEカンファレンス Hello, Friends in Tokyo 2013」「LINE Showcase 2014 Feb.」で,LINEユーザの拡大を伝える際に必ず⁠LINEを介したつながり⁠を何度も強調してきた。

奇しくも今年2014年は日本でソーシャルネットワークが登場してからちょうど10年目の節目の年。mixiやFacebook,Twitterなどのさまざまなサービスが登場し,ユーザを増やしてきた中で,今,後発のLINEはそれらを凌駕する勢いで大きな成長を遂げている。とくに注目したいのは,10年前はまだ子どもでソーシャルネットワークの存在を知らなかったユーザたちが,今はLINEを通じてソーシャルネットワークや,インターネット上のつながりを,自身の成長と合わせて自然に体験していること。まさに,今回の発表のコンセプトとなっている⁠つながりによる消費⁠の基礎が整備されてきていると言える。

今回発表された,LINE MALL上のさまざまなサービスや機能は,すでにECを活用している世代はもちろんのこと,これから成長し,ECを一層活用していくであろう若い世代のユーザに響く,大きな可能性を秘めているのではないだろうか。

質疑応答では「今はさまざまな類似サービスがある中,後発として発表したことでどのように差別していくのか」という質問が挙がった際,舛田氏は力強く「LINEであることが最大の差別化要因であり,強み」とコメントした。これからの展開に期待したい。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/