レポート

PyCon KR 2014 レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

8月30日,韓国・ソウル市内で開催された,PyCon KR 2014に参加しました。本稿ではイベントの模様をレポートします。

PyCon KRの開催について

「PyCon」というPythonプログラミング言語の開発者・利用者・関係者向けの技術カンファレンスは2003年にアメリカのWashington D.Cからはじまり,世界各地に展開されています。日本でも2011年に「PyCon mini JP」からはじめ,2013年にアジア・パシフィック地区のPyCon APACを開催するなど,毎年PyConのカンファレンスを開催しています。

今回のPyCon KR 2014の開催について,座長であるKwon-Han Baeに伺ったところ,「韓国では今までPythonユーザというコミュニティーはJavaやその他のエンタープライズ系のユーザと比べるとやはりまだマイノリティという印象だ。アジア・パシフィック地区で開催されている他のPyConと同じように,韓国でも現地のユーザ向けにPyConを開催するべきと考えていたので開催の計画に踏み切った」と述べていました。

このような背景のもと,今回のPyCon KRの開催は主にローカル向けのイベントにするべく,かつ余分な複雑さを取り除いたイベントにする方針になりました。これにより,ほとんどのセッションを韓国語で行うことに,また,できるだけ多くの人を来てもらうために参加料金を10,000KRW(およそ1,000円)という格安に設定しています。

PyCon KR 2014のサイト

画像

事前登録は座長経由

今回私は,記念すべき韓国のPythonユーザ会による第1回のPyCon KRに参加しました。

他のPyConと同様,事前にWeb上で登録する手段があったのですが,開催側が利用した外部チケットシステムは国内参加のみという前提でしたので韓国語のみの対応,その上韓国の電話番号が必要になっていました。そのため,日本在住・韓国語がわからない私は登録できませんでした。

幸い座長のKwon-Hanの連絡先を知っていたため直接連絡したところ,彼が手動で私の名前を登録しくれました。

会場へ向かう

日本からの参加者は私以外,PyCon JPのイアンが夏休みを兼ねて参加していましたが,宿も別々ということもあり会場に集合することにしました。

韓国によく訪れる方はご存知だと思いますが,金浦空港の3階のコンビニに売ってる現地SIMカードはとても便利です。SIM解除済みの携帯電話であれば利用可能ですが,日本円3,000円程度で1GBのデータプランのSIMカードを購入できます。

韓国現地SIMカード

画像

ちなみに私が宿泊したホテルは1泊1万円程度のところで,梨花女子大学の近くで学生町のエリアでした。また,このエリアは江南と違って物価も安く,ランチはスンドゥブセット6千KRWぐらいで済ませることができます。大学の近くにある下町という感じでちょっと汚いかもしれませんが,安い食堂や飲み屋,焼肉のお店がたくさんあるので食べ物には困りませんでした。

今年のPyCon KRの会場はソウル市内に複数存在する女子大学その1つであるSookmyung女子大学です。今回の会場は,PyCon KRの運営チームのキーメンバーの1人,Ye Jiがこの大学の卒業生ということもあり,ここに決めたそうです(Ye Jiは今年の6月から発足したPyLadies Seoulのファウンダーでもあります)。

ソウル市内の地下鉄は東京と同様に多くの路線があって複雑ですが,地下鉄会社は1つしかなくて乗り換えはそんなに難しくはありません。私のホテルから会場までタクシーでも行けますが,冒険も兼ねてホテル近くの韓国鉄道の新村駅からソウル駅まで乗り,そこから地下鉄4号線に乗り換え,最寄り駅のSookmyungに向かいました(地図上ではこのルート一番近いのですが,韓国鉄道の新村駅からソウル駅までひと駅だけなのに電車が1時間に1本しかないことに注意する必要があります。それを見逃してしまうと,1時間を待つよりもタクシーでいくか,地下鉄で行ったほうが早いです)。

最寄り駅から大学正門までは徒歩10分程度の緩い登る坂道になっており,女子大学の近くにあることからなのか,道沿いにはカフェやスイーツのお店が目立ちました。

最寄り駅降りて会場へ向かった通る道

画像

PyCon KR 2014 の会場

会場では電源を取ることは割と簡単でしたが,無線LANがないことが不便でした。私は空港で調達した現地SIMカードでテザリングしていましたが。

Sookmyung女子大学正門にあった,PyCon KR 2014の看板

画像

PyCon KR 2014のポスター

画像

正門の階段上がったら会場の外の光景

画像

参加登録はストレスフリー

会場到着後まずは参加者登録を行いましたが,はじめてPyConを運営している割にとてもスムーズに登録できました。

他の参加者は,事前にWebで登録や支払いを行っており,Webイベント管理システムが発行する参加用のQRコードを受付で掲示します。そのQRコードを受付スタッフにスキャンしてもらい,その場でプリントアウトされた自分の名札を受け取ります。トータルで2分程度で登録を完了していました。そして別のカウンターで,Tシャツやイベントグッズが入った手提げ袋を受け取っていました。

PyCon KR 2014の会場にて登録

画像

他のPyConでは手持ちのリストを参照しながらアナログで受付を行っていることが多いため,そのやり方と比べると,受付カウンターが5台あって次々と受付を済ませていたのが印象的でした。

参加者数について

Kwan-Hanは1年前ほどから参加規模について調べており,PyCon KRを開催したら100人ぐらいは参加者したい人がいるという感触を得ていました。しかし実際には,今回参加者だけで400人,スポンサーやスタッフを合わせて430人の参加者になりました。

PyCon KR 2014の座長Kwan Hanと

画像

著者プロフィール

イクバル・アバドゥラ

マレーシア出身東京在住。クラウド・コミュニケーションサービス提供する株式会社MARIMOREの代表取締役。一般社団法人PyCon JPの理事で,アジア・パシフィック地域の連携強化担当。その他,PyCon MY(マレーシア)の発起人で,2015年のPyCon MYの座長を務める。

Website:http://www.marimore.co.jp/ja/
Twitter:@iqbalabd

コメント

コメントの記入