レポート

あらゆる領域で活用されるオープンソースソフトウェア─The Linux Foundation「Enterprise User's Meeting 2014」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

11月12日,第4回となるEnterprise User's Meeting Japanが横浜のハマギン ホールで開催されました。ここでは,その模様をレポートします。

はじめに,The Linux Foundationジャパン ディレクタの福安氏が挨拶しました。

あいさつするジャパン ディレクタ 福安徳晃氏

あいさつするジャパン ディレクタ 福安徳晃氏

表題は講演者のスライドに拠ります。

新しいIT経済とOSS(原題:New IT Economy and OSS)
─Jim Zemlin, The Linux Foundation,Executive Director

オープニングとして壇上に上ったThe Linux Foundation(LF)のJim Zemlin氏は『新しいIT経済とOSS(原題:New IT Economy and OSS)⁠と題してLFの活動を説明するとともに,今後さらにLinuxやオープンソースに期待される壁を打破するような役割について触れました。

The Linux Foundation,Executive Director Jim Zemlin氏

The Linux Foundation,Executive Director Jim Zemlin氏

Zemlin氏はLF活動の一環として世界中の技術産業界のリーダーたちと意見を交わしていますが,昨今,これらリーダー達の間では,ソフトウェア(とりわけOSS)が技術産業界を『飲み込んで』おり,OSS抜きでは製品開発は不可能との認識が広まっているとのことです。

世界的大企業はOSSを社外資源活用(External R&D)の一環としてとらえ,多くの企業でOSS専任チームが設置されています。しかし,OSSの取り扱いには一定のスキルが不可欠であり,具体的にはOSSに関わる戦略策定,知財技術の習得,開発プロセスの管理,製品・サービスのビジネスプロセス整備を指摘しています。

また,LFの協業プロジェクト活動はIT技術の活用を志向するあらゆる産業セクターの拠点となってきており,LFメンバー企業の数(約200社)を大きく上回る約450社が多様なプロジェクトに参加しています。それらの中から以下の5つのプロジェクトを紹介しました。

OpenDaylight
ソフトウェア定義ネットワークの開発,スタート後18カ月間で貢献者数/コード量/プロジェクト数が倍増,9社で製品化の発表
OPNFV
ネットワーク機能の仮想化推進,ネットワークキャリアと関連製品製造企業の企画・開発・検証のコミュニティ
Core Infrastructure Initiative
OpenSSLのHeartbleedバグを契機に設置,企業活動に不可欠ながら開発貢献者が不足するOSSプロジェクトを支援,OpenSSL,OpenSSH,ntpdの支援開始し効果実証済み,支援対象拡大に向け提案募集中
AllSeen Alliance
IoT(Internet of Things)の推進に向け開発・接続検証
Dronecode
無人飛行体向けのOSSを開発する最新プロジェクト

最後にZemlin氏は技術産業界におけるLinuxの浸透に自信を見せながらも,今後さらにオープンソースに期待される壁を打破するような役割とは何だろうかと問いかけ,少しだけ心暖まるビデオを紹介しました。

米国で11才の小学生が学校の授業をきっかけにLinuxに興味を持ち,疑問をLinus Torvalds氏にメールします。その結果小学生はLinux技術者のイベントLinuxConに招待され,Linuxの創始者と直接会話,生涯最高の日とすることができたとのことです。オープンソースが重要である理由は,その有用性に留まることなく,⁠共有』することが,個人を,企業を,そして世界を良くするとの結論でした。

OSSがTwitterの拡張性を支える(原題:Scaling Twitter with Open Source)
─Chris Aniszczyk,Twitter,Head of Open Source

二番目に,Twitterのオープンソース プログラムを開発し,現在同社のオープンソース オフィスのリーダーを努めるChris Aniszczyk ⁠クリス・アニザック)氏が『OSSがTwitterの拡張性を支える(原題:Scaling Twitter with Open Source)⁠と題してTwitterのシステムの拡張性を支える基盤技術を説明し,また同社が開発をサポートする新プロジェクト Apache Mesosについても紹介してくれました。

Chris Aniszczyk氏

Chris Aniszczyk氏

Aniszczyk氏の説明によるとTwitterの全世界ツイート数は平均6千件/秒の程度ながら,システムとしてはアクセス数変動に備えることが必要であり,その大きなピークとしては,2013年に記録された宮崎駿氏のアニメTV放映を契機とした日本のツイート急増,14万件/秒が残っているとのことです。

2006年にサービスを開始したTwitterのシステムはRuby on RailsとMySQLでモノリシックに構成されていました。2009年ごろからアクセス数が増加したため,サーバ数の拡大,RawDBやキャッシュ化などで凌いだのですが,その結果システムの柔軟性を損ない,また,それでもアクセスピーク時のエラー発生を避けることができなかったそうです。

そこで,大規模分散システムの特長を維持しながらも,モノリシックなシステム構成を見直す検討を行いました。すなわち,Twitterが提供する機能をいくつかのサービスとして定義しなおし,サービスごとにノード群を定め,Ruby,Java,Scala,MySQL,FlockDBなど開発ツール/ミドルウェアを組み合わせることにより,システム全体の拡張性を高くするとともに,エラー発生時には明瞭な境界を定めて,問題ノード・サービスのアイソレーション,およびサービスごとに最適な対応手順を採ることにしました。

Twitterシステムの中で開発されたツール群のうちFinagle(JVM用RPC)⁠Zipkin(分散システム用トレースツール)⁠Scalding(Hadoop分析用Scalaライブラリ)などはオープンソースとして公開されています。

また,カリフォルニア大バークレー校と協力し,分散システムを構成する分画されたノード群の資源(CPU/メモリ/ネットワーク/ファイルシステム)を動的に変更する機能の開発をApache Mesosプロジェクトとして立ち上げました。資源制御のベースとしてはLinux cgroupの仕組みが利用されています。Twitterの各サービスの負荷変動は避けられないものですが,余裕のあるサービスが資源のオファーを行い,高負荷のサービスがオファーを受けるような方法で大規模分散システムの資源有効利用を図るプロジェクトです。

最後に,Aniszczyk氏はTwitterシステムの経験から学んだ教訓として,⁠1)オープンソースを活用するとともにコミュニティを豊かにすること,⁠2)小さな変更を積み重ねてリスクを軽減すること,⁠3)⁠Datacenter as a computer⁠が将来のインフラの方向性とみなすべきことを挙げました。Twitterの過酷な環境で日本発のRubyが大規模に利用され,さらにまた,日本の技術者が大きく貢献したcgroupもTwitterの最重要部分に利用されそうです。

著者プロフィール

伊達政広(だてまさひろ)

The Linux Foundation アドバイザー


工内隆(くないたかし)

The Linux Foundation アドバイザー

コメント

コメントの記入