レポート

新体制による開発と新バージョンの動向は? ─Qt Developer Days 2014 Europe レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに ─Qt Developer Daysとは

ベルリンで開催されたQt Developer Days 2014 Europeに参加してきました。

Qt Developer DaysはQtの開発者やユーザが集まるカンファレンスです。Qtの最新情報に関するセッションやトレーニング,Qtを使用する上でのアドバイスなど,初心者から熟練者までの幅広い層を対象としたイベントで,Qtに関する理解を深めたり,開発者や他のユーザとの親交を深めたりする場となっています。

例年,10月はドイツ,11月はアメリカで開催されており,今年はベルリンで10月6日~8日,アメリカ,サンフランシスコでは11月3日~5日の日程で開催されました。私は勤務先である⁠株⁠SRAの技術者派遣制度を利用し,2名でこのQt Developer Days 2014 Europeに参加してきました。イベントの大まかなスケジュールは初日がトレーニングデー,残る日程がキーノートなどのカンファレンスデーとなっています。

今回の会場はBerlin Congress Centreという会議施設で,ベルリンのアレクサンダープラッツ駅から至近でとてもアクセスしやすい場所でした。

Qt Developer Daysの会場前

Qt Developer Daysの会場前

トレーニングデー

我々は,10月6日のトレーニングデーから参加しました。密度の濃い各セッションが午前10時から午後6時ごろまで行われます。参加者は以下の8つのコースの中から事前に選択をしたものを受講します。

  • Intro to QML
  • Intro to Testing Qt applications with Squish
  • Model/View programming in Qt
  • Intro to Multithreaded Programming with Qt
  • Intro to Modern OpenGl with Qt
  • What⁠s new in C++11/C++14
  • Developing with Qt for QNX platforms
  • Qt for Mobile Platforms

コーヒーブレークが適宜設けられ,受講者はホールで軽食などを楽しめます

コーヒーブレークが適宜設けられ,受講者はホールで軽食などを楽しめます

セッションのうち半分はビギナー向け,もう半分は実践向けという構成です。コースにより進め方や雰囲気などは異なると思いますが,講師と受講者の距離感が日本のものと大きく違うことに驚きました。日本でよくある,いわゆる授業といった雰囲気ではなく,受講者は積極的に発言を行い,講師と共にひとつのセッションを作っているように見えました。

私はその中で「What's new in C++11/C++14」と題したセッションに出席しました。このセッションの対象者はC++を使用しているエンジニアです。Qtに限った話だけではなく,最新のC++仕様であるC++ 11/C++ 14で採用されている新しい仕様についての講義になります。

このセッションでは,⁠ムーブセマンティクス」のトピックに最も多くの時間が割かれました。⁠ムーブセマンティクス」とは,オブジェクトのコピーを所有権の変更で行うことにより無駄なコピーを減らしアプリケーションの効率化を図る試みになります。C++11から新たに採用された右辺値参照とムーブコンストラクタを用いて,この仕組を実現します。とてもシンプルな変更のみで,約90%のアプリケーションが省メモリ/高速化できるとのことでした。

セッションはもちろん英語で行われますが,提示されるソースコードとスライドで大まかな内容の把握ができます。適宜例題などが出題され,丁寧な解説とともに回答が示されます。PCがなくても考えられるよう,コードを作成するというより,仕組みについて理解を深めるといったものでした。実際にPCを持ち込んでいる人も全体の半分以下で,見渡してみた感じだと,コードを作成し回答をしている人はいませんでした。

最後に修了書が受講者全員に配布され,トレーニングセッションは終了となります。

著者プロフィール

三浦望(みうらのぞむ)

2010年SRA入社。2011年ごろからQt関連プロジェクトに従事し,マルチタッチプラグインなどを開発。OpenGL(Qt3D/Widget)を使用するプロジェクトを多く手がけている。

最近はC++11/C++14などの新機能に関心がある。

コメント

コメントの記入