レポート

Autonomous Teamsで取り組むLINEの開発~LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyoレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」が4月28日,渋谷ヒカリエホールにおいて開催されました。LINEがエンジニアを対象にした初の大規模技術カンファレンスで盛況の中,閉幕しました。その中から午前中の模様をお届けします。

「グローバル化」「LIFE」の2つの軸で,さらなる成長を目指す~CEO出澤氏~

オープニングに登場したのは,LINEの代表取締役社長 CEOである出澤剛氏。出澤氏は「LINE初の大規模な技術者向けカンファレンスですが,これだけ多くの方に興味を持ってもらえて嬉しい」と述べ,LINEが最も大きく成長している企業であり,常に挑戦を続けていることを強調しました。

LINE代表取締役社長CEO 出澤剛氏

LINE代表取締役社長CEO 出澤剛氏

2011年6月にスタートした「LINE」は,公開から3ヵ月で100万ダウンロードを記録しました。そして最初のブレイクスルーとなったのが,同年10月4日に提供を開始した無料通話とスタンプ機能のリリースだったと出澤氏は振り返ります。ここからLINEのユーザ数は加速度的に伸びました。そして現在,LINEはグローバルの月間アクティブユーザ数が1億8千万人,1日あたり最大1,700万のメッセージがやり取りされています。23の国と地域でサービスを提供しており,そのうち13カ国でユーザ数が1,000万を超えています。

出澤氏はLINEのチャレンジとして「トップシェアを取ること」⁠プラットフォーム化」への取り組みを挙げました。トップシェアを取るための施策として,各地に展開するリアルのグッズストアを挙げ,オフラインでの接点が重要であるとしました。プラットフォーム化のための施策としては,情報発信やビジネスに活用できるアカウントサービス「LINE@」をはじめ,決済サービス「LINE Pay」⁠⁠LINEバイト」⁠LINE TAXI」⁠LINE WOW」など「LIFE」をテーマとするサービスに注力していくとのこと。

こうした「ファミリーアプリ」と呼ばれる関連アプリは現在76あり,9億近くダウンロードされているそうです。出澤氏は今後LINEが取り組んでいくこととして「グローバル化」「LIFE」を挙げ,この2つの軸でさらなる成長を目指すとしました。

「グローバル化」「LIFE」がキーワード

「グローバル化」と「LIFE」がキーワード

優秀な技術者をグローバルで育てていくことで組織が成熟する~CTO朴氏~

続いて,上級執行役員CTOである朴イビン氏が,⁠LINE Global Culture」と題した講演を行いました。朴氏は,昨年に続いて2回目のカンファレンスであるとして,今回はより具体的な内容を紹介するとしました。また,前回参加していただいた開発者の方から,LINEの開発環境や文化についてもっと知りたいという声が多かったため,ここではLINEの文化について紹介するとしました。

上級執行役員CTO 朴イビン氏

上級執行役員CTO 朴イビン氏

LINEは日本をヘッドクオーターとして,韓国,台湾,タイ,スペイン,米国など8ヵ国にブランチオフィスがあり,その中で開発拠点は,日本では東京と福岡,海外には韓国,台湾,中国とアジアに5つのブランチがあります。また,昨年にはイギリスにも開発拠点が設立されました。こういった状況の中では,効率的な開発を進めていくための工夫が必要です。

その中でも重要なのが「Autonomous Teams(主体的)⁠というキーワードと説明しました。LINEの中では,開発者が主体的にプロジェクトを立ち上げており,たとえば技術的なプロジェクトやサービスのプロトタイプなどを自ら立ち上げています。そのリソースとなるメンバーは,国や部署にかかわらず興味のある人たちが集まって,都度構成されます。サービスのめどが立ってくると,さらに人数を増やし,企画や機材,サーバ系の開発者も巻き込んでプロトタイプへとプロジェクトを大きくしていきます。一方で,1つのブランチで完結するプロジェクトもあるといいます。

また朴氏は,LINEではこのようなプロジェクトが数多く進行しており,正式サービスにまで発展できないケースも多くあるそうです。こういったプロジェクトを「コールドケース」と呼び,年に一度コールドケースを共有する機会を設けているといいます。そこでプロジェクトを担当する人は興味のある人を集めたり,開発者は自らのスキルを広げるチャンスを得ることができます。

その他,LINEの開発で重要と考えているキーワードとして,⁠リモートコラボレーション」⁠チャレンジ&コントリビューション」⁠トラスト&リスペクト」となどが紹介されました。

とくに最後の「トラスト&リスペクト」については,⁠最後まで自分のプロジェクトとして責任を持つこと」⁠レビューやコメントレベルではなく,はっきりした意見を言うこと」⁠評価や意見を尊重して反映させていくこと」などにより優秀な技術者が育つので,LINEの開発ではこのサイクルをくり返し回していくことで組織を成熟させているとしました。

コメント

コメントの記入