レポート

「WACATE2015 夏」参加レポート─ワタシハソフトウェアテストチョットデキル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

読者のみなさん,こんにちは。WACATE2015夏,参加者レポートを担当する浦山です。2012夏のレポート担当から早3年。この度,2度目のベストポジションペーパー賞(BPP賞)を受賞し,再度この機会をいただきました。どうぞ,最後までお付き合いください。

画像

「WACATE(Workshop for Accelerating CApable Testing Engineers)とは,若手テストエンジニアによる若手テストエンジニアのためのワークショップです」と,公式サイトで謳っておりますが,入社間もない新社会人から酸いも甘いも噛み分けたベテランエンジニア,開発者やマネージャーまで,さまざまな方が参加されています。夏冬と年に2回開催しており,三浦の美しい海と山を眺めながら,週末の丸2日をかけてソフトウェアテストについて学び,語り合う合宿です。

2015年6月20日~6月21日に開催された今回のWACATE,テーマは「ワタシハソフトウェアテストチョットデキル」⁠主に,6つのセッションが行われました。

  • ポジションペーパーセッション
  • BPPセッション:ソフトウェアテストに関わる人のための Biased Position Talk
  • コラボセッション:オリエンテーションとエンジニアのモチベーション
  • コラボセッション:「ゆもつよメソッド」のワークショップ
  • 夜のお楽しみ:ディナーセッション&分科会
  • 招待講演:ソフトウェアテストチョットデキタ!―テスト設計コンテストで学んだこと―

このレポートでは「BPPセッション」⁠コラボセッション」⁠招待講演」を中心に,熱い合宿の様子をお伝えします。

BPPセッション:「ソフトウェアテストに関わる人のためのBiased Positioning Talk」

BPPセッションは,前回のWACATEでBPP賞を受賞した方が担当するセッションです。担当する金子 昌永氏は開発者です。開発者にとって,デバッグは余計な仕事でしかありません。そのため,以前は「バグを見つけるのが楽しい」という人の考えが理解できなかったそうですが,WACATEに参加し,テストに対する志やスキルの高い方々と話をするようになって,誤解が解けたと言います。BPPセッションでは,金子氏が参加者の立場や嗜好に関する質問を投げ,参加者に挙手で回答してもらうという形式を取り,参加者のポジションを解き明かしていきました。

画像

たとえば,⁠あなたの職種は,品質を作る立場ですか?品質を明らかにする立場ですか?それ以外ですか?」という問いに対して,WACATE参加者の回答は「1.5:7:1.5」⁠テストエンジニアは開発者と密接に関わり合う職種ですが,WACATEでの開発者比率は低いようです。

「できる限り網羅したい派?影響範囲を見定めて効率よくテストをしたい派?」という問いに対しては,WACATE参加者の回答は「4:6」でした。私も効率よくテストをしたい派に挙手しました。少ないテストで多くのバグを見つけるテストを作るために技術を磨きたいと考えていますが,金子氏にとってこの結果は意外だったそうです。開発者目線とテストエンジニア目線,考えは人それぞれであり,聞いて初めてわかることがたくさんあると改めて認識しました。

コラボセッション:オリエンテーションとエンジニアのモチベーション

今回のWACATEは,コラボ企画ということで湯本 剛氏と松尾谷 徹氏による,ゆもつよメソッドのワークショップを中心に組み立てられています。ゆもつよメソッドとは,湯本氏が考案したテスト分析をターゲットにしたテスト設計技法です。オリエンテーションでは松尾谷氏より,ゆもつよメソッドを学ぶことによるスキル向上とモチベーションの必要性についてお話しいただきました。

モチベーションとスキルは,仕事の成果を左右する要素です。モチベーションが低いと,スキルがあっても成果を挙げることができません。一方で,モチベーションが高くてもスキルが低いと,成果を挙げる効率が悪くなってしまいます。スキルは経験を積むことで得ることができますが,モチベーションはどのように維持すればよいのでしょうか。

松尾谷 徹氏

松尾谷 徹氏

ここで,各自のモチベーションの移り変わりを見るために「人生やる気曲線」を書き,班のみんなで共有しました。一見すると,WACATE参加者のモチベーションは非常に高いように見えるのですが,これまでのやる気を線で表すと,常に高いわけではないということが見て取れます。私は,仕事がルーチンワークになっていた頃はモチベーションが低かったのですが,志やスキルの高い人と共に過ごすようになってからは高めを推移しています。それでも常に高いわけではなく,スキルのレベルの違いに打ちのめされたり,人間関係がうまくいかなかったりすると,容易に下がってしまいます。

「モチベーションを常に高く維持することは非常に難しく,外的要因に左右されやすいものである」と松尾谷氏はおっしゃっていました。まさに私も,環境や周囲の人に左右されながら推移しています。周りに振り回されず,自分でON-OFFを切り替えられるようになれば,必要な時に自分の力を出し切れるようになることでしょう。まずはモチベーションをコントロールできるようになり,ゆくゆくは,周りのモチベーションを上げられるような人を目指したいと思いました。

著者プロフィール

浦山さつき(うらやまさつき)

株式会社ウェブレッジ所属。WACATEに参加したことをきっかけに仲間を見つけ,テスト自動化研究会やしなてすのメンバーとして活動。「日本でのテストエンジニアの地位を高めたい!」と一念発起。同志の集まる第三者検証会社に入社し,現在は,研修の講師やテスト自動化を担当している。

コメント

コメントの記入