レポート

Qt 5.7の最新情報も発表─「Qt World Summit 2015」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

はじめに

ドイツのベルリンで10/5~10/7に開催されたQt World Summit 2015に,今年は株式会社SRAから5名が参加しました。著者は今年度からQt専任の開発者となったことから,SRAの技術者育成のための投資制度を活用してこのイベントに参加してきました。ここではその模様をレポートします。

Qt World Summit は,昨年まで「Qt Developer Days」という名前で開かれていた,マルチプラットフォームGUI開発フレームワーク「Qt」の開発者やユーザが集まるカンファレンスです。主催がこれまでのKDABからThe Qt Companyに代わり,それに伴って名称変更となりました。会場は昨年と同じBerlin Congress Centerという会議施設で,ベルリンのアレクサンダープラッツ駅から至近でとてもアクセスしやすい場所にあります。

なお北アメリカで開催されていたQt Developer Daysは,今年はRoad Showと名前を変えてサンフランシスコ,ヒューストン,ボストンでそれぞれ4/30,5/5,5/7に開催されています。

会場となったBerlin Congress Center

会場となったBerlin Congress Center 会場となったBerlin Congress Center

Qt World Summitは,初日は初心者でも安心して受講できるトレーニングが,残り2日はキーノートとQtの最新情報や使用上のアドバイス等を聞けるセッションが設けられています。そのため,初心者から熟練者までの幅広い層がQtへの理解を深める場であるのに加え,開発者や他のユーザとの親交を深める場でもあります。今年は世界35ヵ国から約850名(初心者数と経験者数は半々)が参加し,大変活気溢れるイベントとなりました。

トレーニングデー

10月5日のトレーニングデーでは以下に挙げる全8コースから1つを事前に選択し受講することになります。

  • Introduction to QML – also known as Qt Quick
  • Model/View programming in Qt
  • Debugging and Profiling Qt applications
  • What⁠s new in C++11/C++14 (with a Qt5 focus)
  • Introduction to Multithreaded Programming with Qt
  • Introduction to Modern OpenGL with Qt
  • Qt for Mobile Platforms – Android/iOS
  • Introduction to Testing Qt applications with Squish

トレーニングはQtのパートナーであるKDABの社員が講師を務めます。

トレーニング会場への案内板

トレーニング会場への案内板

この中から私は「Model/View programming in Qt」に参加しました。このコースはスライドを使っての講義形式で行われました。簡単な説明をした後にその場でコーディングする形式で進められ,講師が受講者の理解を深めるために説明の合間で質問し,50人以上の受講者が参加していたにもかかわらず,疑問や質問があれば一人ひとり即座にかつ丁寧に応えてくれました。

講義内容は,GUIアプリケーション開発を強力にサポートできるツールQt QML(Qt Meta-Object Language)の機能の一部であるmodel/view の機能紹介とそれを使用した簡単なプログラムのデモンストレーションでした。具体的には,model/viewクラス中の3つのコンポーネント(model,view,delegate)⁠4つのModel ⁠List Model」⁠⁠Table Model」⁠⁠Tree Model」⁠⁠Proxy model」⁠さらに「Item View」「Delegate」について説明がありました。これらは,画面上でデータをどのように表示するか(テーブル表示やツリー表示など)を制御することができます。

この講演で作成したコードは事前に配布されており,英語に自信の無い私でも十分に内容を把握することができました。トレーニングセッションの終了後は修了書が受講者全員に配布されました。

キーノート

10/6の午前にQtの最新情報や今後の方向性を講演するキーノートが行われました。トレーニングは受講せずにこの日から参加する人も多く,会場は初日以上に多くの人で溢れていました。それだけの人が集まる中,The Qt Company の Global Marketing Communication 部門長であるKatherine Barrios氏のウェルカムスピーチが行われ,講演がスタートしました。

キーノートでは全6つの題材で計8人の方がスピーチされています。内容で大別すると以下の3つになります。

  • (1)The Qt Companyとしての現状と今後
  • (2)⁠Qt」を用いて開発された製品の紹介
  • (3)Qt の新機能について

キーノートの動画はYouTubeにアップロードされているので,いつでもご覧になれます。

The Qt CompanyのCEOが描く「未来」

最初のキーノートの前半はThe Qt CompanyのCEO,Juha Varelius氏が講演を行い,後半は製品管理部門長のPetteri Holländer氏が壇上に立ちました。前半の講演ではQtが現在どのような分野に関心を示しているか,さらに先の未来をどう描いているかについて述べられました。

キーノートの模様

キーノートの模様 キーノートの模様

講演中に「Automotive」という言葉が何度も出てきましたが,これは今年のQt World Summit のキーワードの1つになっていました。講演の中で,iPhone がタッチパネル市場に参入してからタッチパネル技術には⁠簡単な操作性⁠⁠使って楽しい⁠といった要素が必要とされ始めたこと,さらに今ではそれが標準になり今後より一層あらゆる製品にユーザーエクスペリエンスが求められていくこと,ソーシャルメディアなど多くの製品がインターネットにつながり世界中の人々と共有されていくであろうこと,について触れていました。その考えのもと,とても多くの人々に影響を与える自動車産業に注目しているそうです。

また,将来あらゆる製品がインターネットにつながるようになった次の段階として,家の中にいながらあらゆる場所につながるヒューマンインターフェースデバイスを持つようになる,と予言していました。そのような未来が来たとき,デバイス使用状況などのビッグデータをいかにして蓄えていくか,またそれを解析して何を提供するか,それらは非常に大きなビジネスになるのではないかと考えているようです。

Qt Automotive Suiteについて

Juha Varelius氏が話し終えるとPetteri Holländer氏が壇上に上がり,10月1日に発表した,提携会社のKDABとPelagicoreと共同開発した車載用インフォテインメント(Information⁠情報⁠+Entertainment⁠娯楽⁠を合わせた造語)システム開発支援用ツールである「Qt Automotive Suite」について述べていました。

車載用インフォテインメントシステムを構築するとき,多くの自動車メーカやプロバイダは技術的ソリューションの管理部分で似た問題に直面しているそうです。Qt Automotive Suite はその問題を解決することを目的とした開発ツールであるため,メーカやプロバイダはエンドユーザに価値を与えることに集中することが可能となるようです。SRAも,Pettriを中心にThe Qt Companyと世界の中でも注目される日本の自動車産業がどう関わっていくかを意見交換しています。

ビッグデータ社会を迎えて

2つ目のキーノートでは,ビッグデータについて経済学者 Kenneth Cukier氏が発表しました。

ビッグデータは現在にも将来的にも非常に重要なため,⁠ビッグデータとは何か」⁠⁠ビッグデータは何故重要なのか」についてきちんと理解しなければいけないと注意しています。彼はまず「データ」「ビッグデータ」を定義してから,周辺技術として「機械学習」について触れ,自動翻訳や音声認識,自動運転,ガン細胞の自動検出といったその技術の応用例を挙げていました。また,データ収集解析をするときは,どのような価値を生むか,いつなにが起きるか,どのような変化があるか,どのようなリスクがあるか,などを考えることの重要性についても述べていました。

著者プロフィール

吉川武宏(よしかわたけひろ)

株式会社SRAの開発エンジニア。2015年度からQt関連プロジェクトに配属され,C++とQMLを使用したサーバ監視用アプリケーションを開発。現在はQtサポート担当として活動している。最近はQMLを用いたGUIアプリケーションの最適化に興味がある。

コメント

コメントの記入