レポート

OSSプロジェクトに見る企業間の「協業と競争」は自転車ロードレース? ─「Enterprise User's Meeting Japan 2015」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2015年11月9日,The Linux Foundationは,毎年恒例となっている「Enterprise User's Meeting」を横浜で開催しました。Enterprise User's Meetingは,エンタープライズ市場におけるLinux/オープンソース活用事例を紹介するイベントです。⁠OSSのベストプラクティス集』として,主に海外のオープンソース先進事例や最新技術に関する講演を中心に,Linuxを活用している企業の責任者が登壇し,活用方法やオープンソースコミュニティとの関係を聞くことができるまたとない機会となっています。

企業をまたぐOSSプロジェクトをさまざまな方向から支援するLinux Foundation

Linux Foundationというと,Linuxの普及だけを支援する組織だと思われているかも知れません。しかし,近年は,オープンソースのSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)コントローラーOpenDaylightや,PaaSソフトウェアであるCloud Foundryなどのプロジェクトも,協業プロジェクトとして,その普及活動を支援しています。

今回のEnterprise User's Meeting においては,これらの協業プロジェクトが大きく取り上げられました。これは,基調講演で取り上げられたOpenDaylightもそうですし,2つのセッションがあったCloud Foundry,そして, Linux Foundation Executive DirectorであるJim Zemlin氏の基調講演「2015年のオープンソースビジネスの現状 ? チャンスと課題」においても,詳しく説明されていました。

Jim Zemlin氏

Jim Zemlin氏

Zemlin氏は,Linux Foundationのいくつかの協業プロジェクトを,設立の背景や目的を紹介しながら,紹介しました。たとえばCloud Foundryが,EMC社とVMWare社によって設立されたPivotal Software社のガバナンスを経て,昨年Cloud Foundry Foundationに移管されたこと。フォーク(分裂)していたnode.jsプロジェクトとio.jsプロジェクトが統合し,Node.js Foundationが設立されたこと。また,話題のDockerについても,Dockerコンテナの今後の仕様等のガイドラインを策定し,コンテナの共通スタンダードの確立を目指していくOpen Container Initiativeが活動を始めていることなどです。

これらのプロジェクトは,ソリューションスタックで表せば,ネットワーク,OS,コンテナといった水平ソリューションになっているものです。Linux Foundation では,これらの水平ソリューションだけではなく,垂直となる部分,それぞれが協力して行っていく領域に取り組んでいるといいます。

たとえば,インターネットのインフラを担うCore Infrastructure Initiativeは,支援が必要なオープンソースプロジェクトを見極めて,人材獲得やセキュリティ強化といった必要経費のための資金を提供するものです。支援が必要なプロジェクトの例として,OpenSSL,NTPなどが紹介されました。他にも,OSSプロジェクトのガバナンスやエコシステムをどのようにして行っていくかという取り組みや,人材育成を目的としたトレーニングも,協業プロジェクトを縦軸に貫く柱となっています。

プロジェクトの「縦軸と横軸」

プロジェクトの「縦軸と横軸」

さらに,Linux Foundationでは,ダイバーシティプログラムをはじめているといいます。日本だけでなく,海外においても,技術コミュニティやオープンソースコミュニティにおいては,伝統的に少数派であるグループ(LGBT,女性,肌の色が違う,障害があるなどさまざまな理由が考えられます) に属している人たちに対して,OSSのプロジェクトに入ってもらえるように,資金を用意するとのことです。

Zemlin氏のセッションから,Linux/OSSの重要度が増すにつれて,Linux Foundationの役割が増え,その重要度が高まっていることを実感しました。

OSSプロジェクトは自転車ロードレースの「助け合い」に似ている

続いて登壇したのが,OpenDaylight Executive DirectorであるNeela Jacques氏です。彼は,⁠オープンソースネットワークと企業」と題して,OpenDaylightプロジェクトの現状,採用事例などを紹介しました。

Neela Jacques氏

Neela Jacques氏

現在,OpenDaylightは,6ヵ月ごとにメジャーバージョンをリリースしています。そのリリースごとに,取り組みプロジェクト数,開発に関わるエンジニアの数が増えていることを紹介しました。最新版では,コードを書いて貢献する開発者は550人を超えているそうですが,それ以外の領域でも貢献しているエンジニアは2000名を超えるとのことです。そのような盛り上がりの中で,OpenDaylight は,米国だけ,欧州だけ,アジアだけといったものではなく,グローバルプロジェクトとなっており,ユーザグループは,東京を含めて世界中に広がっているそうです。

事例では,中国で大人気のインスタントメッセンジャーアプリWeChat(微信)を提供する中国大手ネットサービス企業テンセントなどの事例を紹介しました。

個人的に一番面白かったのが,企業がどうしてOSSプロジェクトに取り組むべきかということについて,Jacques氏が面白い比喩を紹介したことでした。

それは,自転車のロードレースを使ったものです。自転車のロードレースは,長時間にわたってレースをするため,常にライバル心むき出して走行しつづけているわけではなく,敵同士でトレインを組んで,風を避け,ローテーションし,順番に風よけになることを繰り返して,レースを進めます。そして,最後の数キロになったところで,勝負を行うということ紹介したのです。

Jacques氏は,⁠これは,現在,IT業界で今起こっていることを表しています」と説明しました。つまり,差別化する以外の点では,どんどんと協力していった方が良いのだということだそうです(そして,最後に競争する)⁠

この話は,協業と競争をよく表した比喩だなと思いました。

著者プロフィール

赤井誠(あかいまこと)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)に入社後,ソフトウェアR&D,事業企画,マーケティング部門を歴任。2003年からLinuxビジネス立ち上げのリーダーとなり,日本HPをLinux No.1ベンダーに導く。また,x86サーバーを活用したハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)を立ち上げ,HPC No.1ベンダーに導く。2011年4月 MKTインターナショナル株式会社を起業し,現職。
キャリアデベロップメントカウンセラー

著作・翻訳:
『マックで飛び込むインターネット』(翔泳社) の執筆以降,ライター活動も実施中。『リーダーにカリスマ性はいらない』,『MySQLクックブック』『JBoss (開発者ノートシリーズ) 』(オライリー・ジャパン)など多数。

バックナンバー

2015年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入