レポート

SORACOMはクラウドとハードをつなぐ架け橋になる─「SORACOM User Group #0」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「IoT(Internet of Things)はデバイスとクラウドが融合する技術。だがこれまで,ハード側の人間とクラウド側の人間が接点をもつ機会はほとんどなかった。ソラコムという存在がこの両者をつなぐ架け橋になってくれるのではと期待している」⁠12月11日,東京・渋谷で行われたソラコム初のユーザカンファレンス「SORACOM User Group #0」において,発起人のひとりであるアットマークテクノ 竹之下航洋氏はこう挨拶しました。

「SORACOM User Group #0」の会場となったのは渋谷の「イベント&コミュニティスペース dots.」です

「SORACOM User Group #0」の会場となったのは渋谷の「イベント&コミュニティスペース dots.」です

冒頭の竹之下航洋氏によるSORACOM User Group設立の挨拶

冒頭の竹之下航洋氏によるSORACOM User Group設立の挨拶

続いて発起人の皆さんによる挨拶がありました。cloudpack 後藤和貴氏

続いて発起人の皆さんによる挨拶がありました。cloudpack 後藤和貴氏

クラスメソッド 横田聡氏

クラスメソッド 横田聡氏

ぷらっとホーム 松下享平氏。松下氏は全体の司会も担当されました

ぷらっとホーム 松下享平氏。松下氏は全体の司会も担当されました

2015年,IT業界のみならず,一般にもひろく認知されるに至ったIoTという言葉ですが,具体的にIoTで何が可能になるのかと聞かれると,答えに詰まった人も多かったのではないでしょうか。そんな中,国内発のIoTベンチャーとしてさっそうと登場したソラコムがローンチした「SORACOM Air」⁠SORACOM Bean」といった各種サービスは,MVNOでありながら個人ユーザから大企業までを対象にしたレンジの広さと,SIMカードを挿入するだけであらゆるモノをクラウド経由で安全につなげるというわかりやすさが奏功し,大きな反響を呼びました。IoTという霞がかっていたバズワードを,誰もが手にできるテクノロジとして具現化したソラコムの功績はIT業界を超えて高く評価されています。

9月にサービスをローンチして以来,すでに多くのユーザを獲得しているソラコムですが,ユーザどうしのより積極的な情報交換を推進することを目的に,パートナー企業のメンバーが中心となってユーザグループ「SORACOM User Group」が設立されました。IoTという分野には,デバイス関連だけでなく,ソフトウェアやクラウドのエンジニアも多く関わってきます。しかし冒頭の竹之下氏の言葉にもあるように,これまでデバイス側とクラウド側のエンジニアの接点はほとんど存在しませんでした。ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏は「IoTシステムの構築にはフルスケールエンジニアが必要」とよくコメントしていますが,その言葉通り,IoTの世界ではデバイスにもソフトにもクラウドにも精通していることが求められつつあります。そうした時代を生き抜く"フルスケールエンジニア"になるため,これまで接点をもたなかった者どうしでの学び合いを促進していく─SORACOM User Group発足の背景にはそうした意図が込められています。

第0回とされたユーザグループ発足記念イベントでは,SORACOMの新機能アップデートの発表と数名のユーザによるLTが行われました。本稿ではその概要をレポートします。

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Twitter(@g3akk)やFacebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

コメント

コメントの記入