レポート

「日本のIaaS裏トーク~インフラ×ソフトウェア~」 ~エンジニアサポートCROSS2016 セッションレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2月5日,横浜大さん橋ホールにて 「エンジニアサポートCROSS2016が開催されました。本稿では,B会場で開催されたセッション「日本のIaaS裏トーク~インフラ×ソフトウェア~」についてレポートします。

登壇者は,セッションオーナーの日下部雄也さん(ニフティ),スピーカーの井上一清さん(IDCフロンティア),中里昌弘さん(GMOインターネット),大久保修一さん(さくらインターネット)の4名です。

画像

セッションの事前概要に「SDNの話をお願いされましたが,SDN疲れがひどいのと,メンバーを集めてみたら,VMware,OpenStack,CloudStack,独自などみんな違うアーキテクチャだったので,アーキテクチャの違いや,つらいところなどIaaSについて幅広くお話します」と記載されていたとおり,各社の登壇者が自社クラウドのアーキテクチャ,利用しているソフトウェア,特徴などを解説したのち,パネルディスカッションではクラウド事業者ならではの悩みなどについて深い議論が交わされるセッションとなりました。

画像

各社のクラウドの仕組み

日下部さんより,まず最初に「各クラウドのしくみ」として,OpenStackのアーキテクチャ図をもとにIaaSを構成する要素が解説され,各社がどのようにコンポーネントを構築しているかを比較している表が示されました。

画像

クラウドコントローラについては,ニフティとさくらインターネットが自社開発,IDCフロンティアはCloudStackの商用版であるCloudPlatform,GMOインターネットはOpenStackを使用しているとのことです。また仮想化基盤も,ニフティとIDCフロンティアがVMwareを採用,さくらインターネットとGMOインターネットはKVMを採用と,各社各様といった感じでした。なお,サーバ/ストレージ/ネットワークなどの物理層については各社とも公表していないとのことでした。

画像

その後,登壇者それぞれから自社のクラウドについて説明がありました。

ニフティクラウド

ニフティクラウドは,2010年からクラウド事業開始している国産クラウドの老舗です。日下部さんは,自社開発部分が多いながらも「お客様のDCにニフティクラウド作りますよ」と言えるレベルにパッケージ化が進んでいて,OEMでの提供も多いと紹介しました。

画像

ニフティクラウドではサービス開始から今日に至るまでVMwareを採用していて,VMwareについての運用ノウハウが蓄積されているとのことです。「安定している」「性能が良い」「ニフティとは付き合いが長いのでサポートもしっかりしてくれる」「VMwareは日本にいるエンジニアも技術力が高い」といった理由で,継続してVMwareを採用されているようです。しかしVMwareありきではなく,常にいろいろな基盤を検証していると説明しました。

IDCFクラウド

井上さんはもともとネットワークエンジニアとしての経歴が長かったとのことですが,現在は開発系業務に従事されているとのことです。

画像

IDCフロンティアはケーブル・アンド・ワイヤレスIDCを起源とするネットワークに強い会社で,日本全国に9つのDCを所有する日本最大のデータセンタ事業者であると言います。クラウドのほかホスティング/ハウジングも提供していて,用途に合わせてサーバリソースを提供しているとのことでした。

ネットワークの中でも最近のトレンドはセキュリティであり,特に近年はDDoS攻撃が多く,「どうやってお客様のサーバを守るか」という観点で,多様な攻撃に対応したネットワークセキュリティソリューションを入れようとしていると,井上さんは紹介しました。

クラウド自身については「ジャブジャブなインフラを作っていく」と言及していて,ネットワークだけでなくストレージも制限をかけずに,最安値の500円仮想マシンでも最高の性能が出るような構成になっているとのことです。

また,DC事業者であるIDCフロンティアならではのアイデアとして「データ集積地構想」というものがあり,様々なデータを集約していきたいそうです。データ集積地となるためには,セキュアなネットワーク接続が重要であるとし,デバイスとクラウドをいかにセキュアにつなぐかが今後の課題だと述べていました。

著者プロフィール

大喜多利哉(おおきたとしや)

インフラエンジニアとして,プリセールスからITインフラ設計/構築/運用に至るまで携わる。現在は,自社サービスの企画を担当。

Webサイト:http://www.ookita.biz/

コメント

コメントの記入