レポート

2016年はVR元年となるか~日本企業の参入とアメリカの動向から考察するVR

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

PlayStation VRの価格が3月15日のGDCにてついに発表されました。その価格は399ドル。PlayStation 4と専用のPlayStation Cameraが必要になるとはいえ,競合製品と目されるOculus Riftの599ドルやHTC Viveの799ドルと比べ,かなりお手頃な値段ということから,VR市場を広げる起爆剤になるのではないかと考えられています。

VRコンテンツの本格普及が始まるか?

「ソニーはProject MorpheusをPlayStation VRと名前を代えてきたから,結構本気なんだろう。GDCでソニーも思い切った値段を出してくるのではないか?」

B Dash Campのセッションで壇上の水口氏

B Dash Campのセッションで壇上の水口氏

このGDCでの発表の10日程前の3月3日と4日に福岡にて開催された経営者向けの招待制イベント,B Dash Camp 2016 Springにて,このPlayStation VR向けに初期タイトルを送ろうと動いている数少ない日本発のデベロッパであるEnhance Games社CEOの水口哲也氏によるセッションがありました。

今後のIT業界での新たな成長軸として会場でも注目されいたVRに関するセッション

今後のIT業界での新たな成長軸として会場でも注目されいたVRに関するセッション

PlayStation VR向けの初期ゲームタイトルは現在,15タイトルが発表されています。Enhance Gamesはそのうちの1社であり,かつて水口哲也氏がプロデュースしたシューティングゲームに音楽ゲームの要素を合わせ『Rez』をVRタイトルとして新たにリリースする予定です。アメリカで登記されている会社ですが,日本発のタイトルということでいえば,数少い日本勢のうちの1社ということになります。

ゲーム大国だった日本から初期に出るタイトルはわずかに1つ

ゲーム大国だった日本から初期に出るタイトルはわずかに1つ

水口氏は,ソニーがProject MorpheusをPlayStationの名を関する製品名に変えてきたことで,ソニーは本気でカテゴリをつくりにきており,GDCでソニーが思い切った値段をだしてくるのではないかと話しました。その予想どおり,ソニーがGDCで発表した値段は,周囲の期待に応えた価格となっています。

「ちょっと値段がOculusとかVibeとかだと高いかな。699ドルとかだと,ハードコアな人たちにそこそこ売れると思うけれど,値段がどのくらいのタイミングで下がってくれるか。ユーザからするとVRやりたいけど,ちょっと値段たかくない?という人が多い。新しくVRやろうとするとちょっと敷居が高いのが現状」

と水口氏が語っていたように,VRへの注目は日々高まっていましたが,このPlayStation VRの発表により,本格的に世の中に普及していくのではないかという期待が広がっています。

アメリカにいないとわからないVRへの肌感覚

PlayStation VR向けのゲームをリリースするEnhance Gamesが登記されたのは日本ではなく,アメリカ。水口氏はアメリカにいないと,ユーザレベルでもVRに対する肌感覚がわかりにくいと言います。

「アメリカのユーザーは肌感覚では,みんな新しい体験を求めている。日本とはまったく違う風景になっている。日本ではスマホがゲーム市場を席捲していて,コンソールで遊んでいる人が少ない」と語り,グローバルで4,000万台売れているPS4が日本ではそれほど話題になっておらず,逆に海外ではユーザはより新しい体験を求めていてスマホゲームにはあまりエキサイトしていないと市場の違いを紹介しました。

「どんどん絵と音が綺麗になっているが,基本的には今まで四角いモニタで遊んできている。そこに大きなイノベーションがまだない。VRでそこが変わるということにエキサイトしている人たちが(アメリカでは)多いというのが肌感覚だ」と水口氏は語りました。

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

コメントの記入