レポート

海外のカンファレンスで得た最新情報をゲームジャムで試す! セガ・ゲームジャムにおける最新ゲームエンジン「Defold」の活用で見えてきたもの

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

スキルも経歴もバラバラな参加者が即席でチームを組み,同じテーマのもと,数十時間でゲームを作って発表する「ゲームジャム」⁠いわゆるハッカソンのことですが,それぞれのメンバーがジャズのセッションのように,臨機応変にゲームを作り上げる様から,ゲーム業界では「ゲームジャム」と呼称します。毎年1月末に開催される世界最大のゲームジャム「Global Game Jam」を筆頭に,さまざまなゲームジャムが開催されています。

当初は開発者コミュニティが草の根で開催してきましたが,次第に企業が参入し,人材採用や,新製品・新サービスの宣伝告知にからめて実施するものまで広がってきました。こうした中で2011年に,ゲーム会社大手のセガグループ社員による「課外活動」としてスタートしたのが「セガ・ゲームジャム」です。7月16日(土)⁠17日(日)に開催された第9回の内容を取材しました。

セガ・ゲームジャムの様子

セガ・ゲームジャムの様子

新しいチャレンジができるゲームジャム

1980年代から90年代にかけて,⁠バーチャファイター』⁠ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などのゲームソフトや,セガサターン,ドリームキャストなどの家庭用ゲーム機で一世を風靡(ふうび)したセガ。現在は家庭用ゲームソフトを筆頭に,アーケードゲーム,スマホゲーム,玩具・映像事業,アミューズメント施設運営など,さまざまな分野にコンテンツやサービスを展開。2015年には大規模なグループ再編を行うなど,時代に即した取り組みを進めています。

こうした事情からセガ・ゲームジャムでもセガゲームス,セガ・インタラクティブ,ダーツライブ,⁠ペルソナ』シリーズなどで知られるグループ傘下のアトラス,さらには来春入社予定の内定者など,幅広い属性の参加者が見られました。その後,投票とくじ引きの2段階で決まった「美少女」をテーマに,合計39名がゲーム開発に挑戦。34時間で個性豊かな8タイトルが作られました。

アトラスのアーティストがグラフィックを担当した「デスコン!」⁠上)⁠GIFT-オクルコトバ-」⁠下)

アトラスのアーティストがグラフィックを担当した「デスコン!」

「GIFT-オクルコトバ-」

完成したゲームの中には,VR(バーチャルリアリティ)HMDのHTC Vive専用ゲームや,PCのカメラ機能を活かして,画面の中にプレイヤーが入り込んでプレイするものなど,アイディアと技術力を活かしたゲームが多数見られました。また,ゲームジャムの多くがエンジニア中心になりがちなのに対して,今回はアーティストの参加比率が多く,見た目に華やかなゲームが多かったのも特徴。さまざまなスキルの参加者がいてこそ,ゲームの完成度が高まることが,改めて実感できました。

その中でも異彩を放っていたのが,カードゲームの『美少女革命』です。ゲームのベースは大富豪(大貧民)で,カードには「美しさ」⁠若さ」⁠色気」という3つのパラメータが存在し,各々の重要度が毎ターン変化するという,一筋縄ではいかない内容になっています。最大の特徴はスマホゲーム『キャンディクラッシュサーガ』などで有名な,King社製の2Dゲーム開発用エンジンDefoldを使用した点。内容もさることながら,技術面で尖ったゲームとなっていました。

『美少女革命』のゲーム画面

『美少女革命』のゲーム画面

『美少女革命』を開発したチーム「美ホールド」は,プログラマー4名で構成されており,今回初めてDefoldを使用したといいます。実はゲームジャムでは開発時間が限られていることから,UnityやUnreal Engine 4など,信頼性が高く,普段から使い慣れているゲームエンジンやミドルウェアが使用されることが一般的です。実際,ゲームエンジンに不慣れなゆえのトラブルが発生したようで,楽しくも苦しいゲームジャムになったようでした。

もっとも,ゲームジャムの魅力の一つに,ふだんの業務から離れて,まったく新しい技術や役割に挑戦できる点があります(そのためエンジニアがパラパラマンガを描いてグラフィック素材を作ったり,みんなで歌を歌うなどしてオーディオ素材を作成することもあるほどです)⁠

著者プロフィール

小野憲史(おのけんじ)

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)代表。ゲームジャーナリスト。3匹の猫の世話をしながら,奥さんの弁当を作って仕事に送り出す日々。

メール:ono@igda.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kenji.ono1

バックナンバー

2016年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入