レポート

新インスタンスと新サービスが続々登場 ―「AWS re:Invent 2016」2日目 Andy Jassy氏キーノート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

米国ラスベガスにて開催中のAWS年次イベント「AWS re:Invent 2016」2日目に行われたAWS CEOのAndy Jassy氏によるキーノートから,発表された新サービスを中心に紹介していきます。

時代はクラウドファーストから“クラウドオンリー”

Jessy氏がキーノートの最初に強調したのは,AWSが安定した業績をあげ続けている点です。これは,企業が自前のデータセンターを増設するのではなく,極力クラウドのリソースを使用したいという需要の高まりを示しているといいます。クラウドファーストから「クラウドオンリー」へと舵を切る企業が増え,さらに今回発表された新サービスによって,その傾向はより高まることが予想されます。

まずは,Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)の新インスタンスが発表されました。既存のファミリーへの追加や,FPGAを利用する新しいファミリーの登場も見られました。

T2.xlargeとT2.2xlargeが登場

画像

汎用インスタンスのT2ファミリに,既存のメモリ容量の2倍となるT2.xlarge,および4倍のT2.2xlargeが追加されました。

R4インスタンスが新登場

画像

エンタープライズ向けインスタンスの上位タイプ「R4」が追加。

I3インスタンス

画像

ハイI/Oタイプのインスタンスにもさらに上位モデルが追加。

C5インスタンス

画像

CPU機能,コンピューティング性能重視のCタイプにも上位タイプが追加。

F1インスタンス

画像

EC2上で動くFPGAのインスタンスが新たに登場しました。ユーザが自由にロジックをカスタマイズできるインスタンスです。

続いて,新サービスの発表をレポートしていきます。

Elastic GPUs for EC2

画像

GPUをEC2上で手軽に使えるサービス。G2またはP2インスタンスをすでに使っているユーザにとっての代替サービスとなるわけではなく,GPUをそのつど使いたいというユーザに向けてのサービスです。

Amazon Lightsail

画像

WordPressといったアプリケーションがすでにインストールされたイメージを,3クリックで立ち上げられる手軽なVPSサービス。月額制で,スペックにより5~80ドルの価格帯が用意されています。

Amazon Athena

画像

Amazon S3にデータを配置し,ブラウザのUIからSQLクエリを発行してデータを解析できるサービス。

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入