レポート

DDoS対策からデータ分析まで,開発/運用に使えるサービスもスタート ―「AWS re:Invent 2016」3日目 Werner Vogels氏キーノート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

米国ラスベガスにて開催中のAWS年次イベント「AWS re:Invent 2016」,3日目のキーノートに登壇したのはAWS CEOのWerner Vogels氏。前日のAndy Jassy氏に続いてVogels氏からも新サービスが続々と発表されました。

ユーザに向けたAWS「5つの使命」を果たすために

VogelsはAWSの使命として,「いつ何時でもユーザを守ること」「ユーザの声に耳を傾けること」「ユーザに選択肢を与えること」「ユーザの後方から手助けすること」「ユーザに変革を起こさせること」を掲げ,その使命を全うするためのサービスを「開発」「データ分析」「コンピューティング」の3つの分野に分けて紹介していきました。

AWS CEO Werner Vogels氏

AWS CEO Werner Vogels氏

まずは開発をサポートするサービスから紹介がありました。

AWS OpsWorks For Chef Automate

画像

既存サービス「AWS OpsWorks」に機能追加する形での新サービス。AWS上でChef Automate(Chefや,そのための可視化ツールを含んだスイート製品)を実行できます。

Amazon EC2 Systems Manager

画像

システムイメージの作成,パッチの適用,OS設定といった構成管理を,EC2またはオンプレミス上で行うためのツールを集めたサービスです。

AWS CodeBuild

画像

ビルドとユニットテストのためのサービス。現時点でAndroid,Java,Python,Ruby,Go,Node.jsといった環境に対応済み。既存サービスである「AWS CodeCommit」「AWS CodeDeploy」の間を埋めるサービスとなります。

AWS X-Ray

画像

AWS上で動くアプリにコードを数行追加し,サーバにエージェントを入れることで,アプリ実行時にレイテンシなどがコンソール上にグラフ化され,確認できるようになるサービスです。現在対応しているプログラミング環境は,Node.js,Java,C#.NET。

AWS Personal HealthDashboard

画像

AWSの各サービスの稼働状況・障害状況を確認できる「AWS Service Heath Dashboard」に対して,こちらは実際にユーザが動かしているサービス1つ1つの状態をモニタリングできるサービスで,大きな変化があればアラートも発行されます。

AWS Shield for Everyone/Advanced

画像

画像

DDoS攻撃対策サービス。「For Everyone」は無償で,L3/L4ネットワークのモニタリングと「Amazon ELB」「Amazon CloudFront」を使った攻撃対策がすべて自動で行われるというもの。「Advanced」は有償ですが,「For Everyone」に加えてAWS WAFが動作するL7もカバーし,24時間365日専用サポートおよび損害の一部補填サービスが利用できます。

著者プロフィール

中田瑛人(なかたあきと)

Software Design編集部所属。2014年 技術評論社入社。

コメント

コメントの記入