レポート

「Dell EMC Forum 2016」基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

デル株式会社と,EMCジャパン株式会社は,2016年11月16日(水)に,ANAインターコンチネンタルホテル東京で,「LET THE TRANSFORMATION BEGIN――テクノロジーによる変革の開始」をテーマとした「Dell EMC Forum 2016」を開催しました。

本イベントは両社が,9月7日(現地時間)にデルテクノロジーズとして統合後,初の大型イベントになります。同社は,EMC,Pivotal,RSA,SecureWorks,Virtustream,VMwareを傘下にまとめた世界最大の非上場ハイテク企業になりました。これによりストレージからソフトウェア開発,仮想化,クラウドまで一気通貫のサービス展開が可能になりました写真1)。

写真1 デルテクノジーグループ(Dell,EMC,Pivotal,RSA,SecureWorks,Virtustream,VMware)

写真1 デルテクノジーグループ(Dell,EMC,Pivotal,RSA,SecureWorks,Virtustream,VMware)

デルテクノロジーズはどういう会社か?

デル株式会社代表取締役社長平手智行氏とEMCジャパン株式会社代表取締役社長大塚俊彦氏による開会の挨拶から始まりました。平手社長は,現在はさまざまな要素でデジタルトランスフォーメーションが起きており,その不連続性の振れ幅はかつて経験したことがないほどで,まさにパラダイムシフトになっていると日本の状況を表現しました。そしてこれはすべての企業にとって成長するための千載一遇のチャンスであること,この変革をどう活用するかが日本における課題であると強調しました。またデルテクノロジーズは7つのブランドが集まったファミリー企業であり,短期的な株式配当を重視するのではなく,顧客のために非上場化し,顧客への利益還元こそがミッションであると今回の統合の理由を説明しました。そして大塚社長は,デル・EMCの統合によるシナジー効果でさらなる成長をしていくこと,各社のそれぞれの製品ラインナップによりITのフルスタックが実現できたこと,それが顧客に対して良い効果をもたらすことをアピールしました写真2)。

写真2 デル株式会社代表取締役社長平手智行氏(右) EMCジャパン株式会社代表取締役社長大塚俊彦氏(左)

写真2 デル株式会社代表取締役社長平手智行氏(右) EMCジャパン株式会社代表取締役社長大塚俊彦氏(左)

デルテクノロジーズによるデジタルトランスフォーメーションとは何か?

基調講演はさらに続きます。Dell EMCクラウドプラットフォーム部門シニアバイスプレジデントを務めるブライアン・ギャラガー氏が来日し,登壇しました。EMCコーポレーションで30年以上ストレージ製品開発に携わってきた経歴の方です。ギャラガー氏は,今回の合併を「テクノロジストとしてワクワクするモーメント」であるとし,その理由は人類の進化に貢献できること,それによってテクノロジーが大きく進化し,人間の生活が働き方が変わっていくであろうと語りました。講演の内容は次のようなものでした。

大きなチャンスを生み出すムーアの法則

デジタルトランスフォーメーションは大きなチャンスをもたらします。たとえば,Netflixは映像鑑賞というユーザ体験を変えました。自動車ではコネクテッドカー,つまりテスラやフォルクスワーゲンの試みがこれまでの状況を変えています。交通業界ではUberが,宿泊業界ではAirbnbが変えています。こうした企業が業界を新しいものにしました。そして,こうした変化の根本には,CPUの性能の向上を示した「ムーアの法則」がまだ効いていることがあります。2011年にはなかったものが,5年後の2016年には10倍の規模になります。これはネットワークもストレージも同じです。これからの15年を考えると,2031年には1,000倍になります。経済性も1,000倍になるということです。そこで当社はネットワークやインフラで起きる問題を解決していきたいと思います写真3)。

写真3 ブライアン・ギャラガー氏(Dell EMCクラウドプラットフォーム部門シニアバイスプレジデント)

写真3 ブライアン・ギャラガー氏(Dell EMCクラウドプラットフォーム部門シニアバイスプレジデント)

人材の変革を生み,セキュリティの概念を変える

デジタルトランスフォーメーションがすでに始まっています。48%の方が「3年後に自分の業界がどうなっているかわからない」,53%の方が「重要なシステム停止を経験した」,92%の方が「デジタルビジネスの取り組みは成功に不可欠であると思う」としています。そうした中,デジタルトランスフォーメーションの3つの変革があります。

まずは人材の変革,そしてセキュリティ,ITです。人材の変革については,2000年代に育った人たちが社会に出ています。彼らは常にネットにつながっていることに価値を認め,どこからでもアクセスして仕事ができることを期待しています。これを実現することでビジネスの生産性が向上します。モバイル環境,この世界は決して止まることはありません。そこでのユーザ体験も非常に大事です。さまざまなデバイスでリモート環境で仕事をするには,シンプルに仕事ができることが大事です。そのためには,ビジネスで判断が必要なときの権限をエッジに与えなくてはなりません。これまでのヒエラルキー型の組織からpeer-to-peer型の関係への変化です。自分で考える組織への変化です。これによってビジネスのスピードが上がりますが,今度はセキュリティや安定性の変革が必要になります。その結果こうしたリモートワークが可能な環境は何百万のエンドポイントを管理することになります。データセンターからオンプレミスまで管理するにあたり,ファイアウォールを中心としたセキュリティでは時代遅れになりました。つまりビジネス主導型の戦略に変わってきているのです。セキュリティ戦略はビジネスの価値を促進しなければなません。そしてインテリジェンス主導型ならば,セキュリティをリアルタイムで対応可能にします。従来と違ったパターンの攻撃に対応できます。リスク主導型はリスクポリシーを決めることから始まります写真4)。

写真4 セキュリティはビジネスの価値を促進せねばならない

写真4 セキュリティはビジネスの価値を促進せねばならない

人事とセキュリティの変革がビジネスにどんな影響を与えるのでしょうか。まずは過去15年を振り返ります。これまでの取り組みはIT中心でした。とにかくビジネスを稼働させることが重要でした。つまりサプライチェーンを中心としたビジネスの運営です。それが今後はビジネス中心に変わるのです。トランザクションベースからSOE(Systems of Engagement)に変わります。それらをクラウドネイティブアプリケーションが支え促進します。

コメント

コメントの記入