レポート

YAPC::Hokkaido 2016 SAPPOROレポート~北の大地でアツくリブートしたYAPC::Japan

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

YAPC::AsiaからYAPC::Japanへ

昨夏,YAPC::Asiaの名義として最後となるYAPCが東京ビッグサイトで開催された前夜祭1日目2日目)⁠あれから1年4ヵ月――YAPC::AsiaからYAPC::Japanに名称を変更し,主催のJPA(Japan Perl Association)の体制も新たに,新しいYAPCが札幌市産業振興センター(北海道・札幌)にて開催されました。

YAPC::Hokkaido 2016 SAPPORO
http://yapcjapan.org/2016hokkaido/

会場となった札幌市産業振興センター当日の写真。朝から札幌は記録的な大雪となった

会場となった札幌市産業振興センター当日の写真。朝から札幌は記録的な大雪となった

受付。雪の中,総勢185名を超える参加者が集まった

受付。雪の中,総勢185名を超える参加者が集まった

イベント前日夜から札幌は雪となり,イベント当日は29年ぶりとなる積雪量を記録するほどの大雪の中,参加者全員がカンファレンスを満喫したYAPC::Hokkaido 2016 SAPPORO。ここでは,写真を中心にその模様をお届けします。

記念となる第1回目の宣言とともに開幕

オープニングは,今回の実行委員長を努めた永谷理氏が担当。北海道・札幌での開催の経緯,そして,⁠雪の中での開催の中,多くの方にぜひ楽しんでいただきたい」という力強いメッセージとともに,第1回目となるYAPC::Japan,YAPC::Hokkaido 2016 SAPPOROが開幕しました。

永谷理氏

永谷理氏

魅力的なセッションを行ったゲストスピーカたち

リブートしたYAPCの最初のゲストスピーカとして招かれたのは,gihyo.jpでもおなじみの3名です。⁠発表順に)奥一穂氏(@kazuho)⁠長野雅広氏(@kazeburo)⁠宮川達彦氏(@miyagawa)が,それぞれ「HTTP/2の課題と将来」⁠Site::Reliability::Engineering」⁠Delivering a CDN」と題したセッションを行いました。

3名ともこれまでのYAPC::Asiaでも何度も登壇しているベテランスピーカですが,その中で,今,それぞれが取り組む技術やプロダクトについて,最新の情報を届けました。技術進化に合わせてゲストスピーカたちのトーク内容が変化していく,このあたりからも「リブート」されたYAPCの魅力が伝わってきました。

HTTP/2の課題と将来/奥一穂氏

HTTP/2の課題と将来/奥一穂氏

Site::Reliability::Engineering/長野雅広氏

Site::Reliability::Engineering/長野雅広氏

Delivering a CDN/宮川達彦氏

Delivering a CDN/宮川達彦氏

スペシャルセッション~「今さら聞けない,でも聞きたい。クラウドの過去・現在・未来」

また,午後には筆者がモデレーターを務めたスペシャルセッション~「今さら聞けない,でも聞きたい。クラウドの過去・現在・未来」が行われました。このセッションの一番の特徴は,アマゾン ウェブ サービス ジャパン・さくらインターネット・日本マイクロソフト・グーグルという業界を代表するクラウド企業4社が横並びのパネリストとして登壇した点ではないでしょうか。

パネルディスカッション風景。グーグル福田氏はハングアウトにて参加(写真中央スクリーン)

パネルディスカッション風景。グーグル福田氏はハングアウトにて参加(写真中央スクリーン)

内容はタイトルにもあるように,クラウドの基礎を,各社の特徴をふまえながら紹介してもらい,また,MCからの質問や会場からの質問とともにトークを繰り広げたものとなりました。ちなみに,今回,グーグル福田氏は,大雪の影響で来道することができず,急遽ハングアウトでの参加。私自身,運営を見ている中で,こういったトラブルにも対応できる現場力を改めて体感できる場ともなりました。

写真奥からAWS荒木氏,さくらインターネット田中氏,日本マイクロソフト久森氏

写真奥からAWS荒木氏,さくらインターネット田中氏,日本マイクロソフト久森氏

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業部電子出版推進室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。現在,電子書籍を考える出版社の会の事務局長やWebSig 24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入