レポート

「PyCon mini Kumamoto 2017」運営レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

午前中のセッション

午前中は4本のトークを行いました。それぞれの教室に進行担当を配備しました。進行担当は発表の発表者のタイトルコールと拍手を促す役をします。そして,終了十分前カンペを発表者に見せたりトーク後の質疑の進行をしました。発表者には,休憩の合間にモニターテストなどを行ってもらいました。

まだ見ぬバグゼロという未来(初級) 新井 正貴

画像

kivyの利便性や有用性(初級) 齋藤 大輔

画像

ScrapyとRedashではじめる野球統計学~福岡ソフトバンクホークスを添えて(初級) Shinichi Nakagawa(野球の人)

画像

DjangoのDB migrationがどういうしくみで動いているか(初級) 野中 哲

画像

ランチ

熊大の付近は食べる所が少ないので,ランチを提供することにしました。チケット代にランチを含めました。学生は無料で行いました。今回はカレーをケイタリングで配膳してもらいました。程よく辛くて美味しいと好評で,おかわりが続出しました。

ランチのスリランカカレー(チキンとダール⁠⁠,チーズケーキとお茶も提供されました

ランチのスリランカカレー(チキンとダール),チーズケーキとお茶も提供されました

ランチディスカッション

ランチが落ち着き始めたら,長めにお昼休みを作ったので,参加者に特定のテーマでおしゃべり(ディスカッション)する機会を設けました。何か話したいことがないかを参加者に尋ね,スケッチブックにテーマを書き,テーブルにそれを置いてテーマに関心ある人をそのテーブルに誘導してという無茶振りな感じで,セッティングを行いました。

ランチディスカッションより/左上:フリーテーマ/右上:Pythonの仕事的な内容/左下:みんな大好き機械学習/右下:Pythonと教育的な内容

ランチディスカッションより/左上:フリーテーマ/右上:Pythonの仕事的な内容/左下:みんな大好き機械学習/右下:Pythonと教育的な内容

午後のセッション

午前中は6本のトークを行い,前半同様の進行をしました。合計で10本の発表を企画しました。進行もスムーズに行え,各発表ごと盛り上がりました。

ボイスインターフェースの現状(仮)と,pythonを使ったフレームワーク(flask)でAmazon Echoがレスポンスを返すまで。 堀田 直孝

画像

すぐ始められる,Pythonの環境構築(初級) 寺田 学

画像

数理モデリングからはじめるPython数理最適化(初級~上級) Retty Inc. Data Scientist 岩永二郎

画像

Pythonistaの使いかた jbking

画像

Python@AWS LambdaとDjangoを使ってアスキーアート自動生成Webアプリを作ってみた 矢野 高宏

画像

データ分析現場におけるPython活用事例の紹介 真嘉比 愛

画像

著者プロフィール

清田史和(きよたふみかず)

PyCon JP 2012 から実行委員。

Twitter:@kiyotaman
Facebook:清田史和