レポート

Scalaエンジニアの祭典「Scala福岡2017」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2017年7月29日,福岡の株式会社ヌーラボにて,Scala福岡コミュニティ主催のScala福岡2017が開催されました。

日本各地で活躍されている9名のScalaエンジニアが福岡に集まり,Scalaによる機械学習や,最新のScalaの事例等について講演を行いました。会場はヌーラボ福岡本社内にある3Fセミナールームが実践トラック,7Fカフェスペースが初学者向けトラックと分かれて開催されました。本稿では,3Fセミナールームで行われた実践トラックのセッションを中心に,イベントの模様をレポートします。

実践トラックの様子

実践トラックの様子

Spark+Mahoutによるレコメンドエンジン開発 ―森 正和(株式会社TechJIN)

森 正和氏@piacere_exは,主にマーケティングのツールとしてScalaを使用されています。セッションでは大量のデータを分散環境で並列実行するApache Sparkと,機械学習アルゴリズムのライブラリのApache Mahout(マハウト)を使用してレコメンドエンジンを開発する話をされました。実例で紹介されたSparkのコードはScalaを使用したことでコード量が少なく可読性が高いコードになっていました。

森 正和氏

森 正和氏

Direct Manipulationとプログラミング環境をScalaで書いた話 ―花田 恒一(株式会社グルーヴノーツ)

花田 恒一氏@nobkzは,福岡のファブラボでアフタースクール(学童保育)を運営するTECK PARKの教育現場で,子どもたちがキーボードを操作する障壁が高いことに注目し,⁠Direct Manipulation」と呼ばれる処理の対象を直接操作するGUIのスタイルに興味を持つようになり,ジェスチャー操作をScalaで実装した話をされました。ジェスチャー操作をScalaの高階関数を活かしながら,flatMapやfor式を組み合せて流暢にパーサコンビネータのように実装していくコードがエレガントでした。

花田 恒一氏

花田 恒一氏

安全なPlay Frameworkのバージョンアップの仕方 ― 粕谷 大輔(株式会社はてな)

粕谷 大輔氏@daiksyは,自社で開発するサーバ監視サービスのMackerelにWebアプリケーションフレームワークのPlay Frameworkを使用しています。過去にPlay Frameworkの大型バージョンアップを2度経験し,失敗と成功から学んだことを発表されました。フレームワークのバージョンアップで発生する様々な問題と奮闘する現場の声に,会場から多くの共感の声が聞こえました。

粕谷 大輔氏

粕谷 大輔氏

著者プロフィール

加藤圭佑(かとうけいすけ)

株式会社ヌーラボ勤務。第1回Scala福岡 LT登壇者。

ヌーラボのアカウントを支えるNulab Appsチームに所属。Scala Language Serverのニワカコミッタ。

Twitter:@k_kato
GitHub:k--kato

コメント

コメントの記入